京都の食通に磨かれたこだわりの肉と旬の味 心憎いメニューの『洋食 おがた』

2017年10月10日
フレンチやおばんざい、締めには茶碗でミニカレーと、ファンが多いメニュー構成。食材は全国からこだわりの材料を仕入れ、日本酒はとっておきを提供する京都の「洋食 おがた」をご紹介。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

100gから50g単位で提供される「尾崎牛のビフカツ」。写真は150gで¥4,170(税込)
醤油ベースのオニオンドレッシングがかかる「ローストビーフとクレソンのサラダ」¥2,570。尾崎牛と栃木県の農家から週2 ~ 3回直送されるクレソン
じっくり煮込んだドミグラスソースがか
かるオムライス¥2,400。中はチキンやマッシュルーム入りケチャップライス
オープンキッチンのカウンターのほかテーブル席も
昼のセットメニューも人気
 本日のおすすめが充実し、フレンチやおばんざい、締めには茶碗で出すミニカレーも用意するなど、心憎いメニュー構成にファンは多い。「年配のお客さまの要望に応えておばんざいをお出ししたら、これが意外と好評。京都は和食の店でもビフカツがあったり、洋食屋でもおばんざいがあったり。肉をメインに自分の好きなものを注文されます」と緒方博行シェフ。
 フレンチに10年かかわった経験をソースや仕込みに生かし、食材は全国から仕入れている。例えば、牛肉は京都丹波牧場の平井牛と宮崎の尾崎牛の2本立てで1か月ほど店で熟成させたもの。魚は静岡の天ぷらの名店と同じ焼津の魚屋から、日本酒は酒蔵から直送し、とっておきを提供。毎週やってくる常連がいるというのも納得のいく懐深く、進化を惜しまぬ一軒だ。
☎075-223-2230
中京区柳馬場通押小路上ル等持寺町32の1 11:30 〜13:30(入店)、17:30 〜21:00(入店) 休火曜、月1回不定休 カウンター11席、テーブル12席 カード昼不可 昼のセット¥1,580 〜、コース¥2,800 〜、夜はアラカルトのみ、尾崎牛ステーキ・ビフカツ各100g ¥2,780、ハヤシライス¥2,280など予約ベター

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング