ホルトハウス房子さんに教わる本格的「エビカレー」と基本のカレーソース【永久保存版カレーレシピ】

2018年7月29日
おしゃれで本格的な西洋料理を伝える人として、ホルトハウスさんは、料理好きの憧れの存在。世界各国でさまざまな味に触れた料理研究家だからこそ、その味をもとに、自分が本当においしいと思う味のカレーを追求。40年余り前に、丸ごと一冊カレーについての本も執筆。究極のカレーにチャレンジしてみませんか?

“カレーは香りを味わうもの。 いつか作ってみたい究極のカレー”

エビカレー

カレーは市販のルウで作るものだった40年余り前に、丸ごと一冊カレーについての本も執筆している。「その本を書くとき、インドの料理学校に特別に入れてもらったんです。私ひとりに数人の先生がついて、かの地の料理を教えてくださったのだけれど、わかったのはインド料理は香りを食べるものだということ。何種類ものスパイスを巧みに使って、“わが家のカレー”を作るんですよね」
 ホルトハウスさんの“基本のカレーソース”も「子供のころに料理好きな母が作ってくれたカレー、世界各国で食べたカレーをもとに、自分が本当においしいと思う味を追求した」というオリジナル。「粒状のスパイスをつぶしたり、玉ねぎを長時間炒めたりと手がかかりますが、それが苦にならないほど、私のカレーはおいしいのよ」

料理研究家 ホルトハウス房子さん

profile:’33年、東京都生まれ。おいしいものが大好きなアメリカ人の夫と、世界各国でさまざまな味に触れて、料理研究家に。著書に『西洋料理(』文化出版局)『、ホルトハウス房子の世界でいちばんおいしいカレー』(PHP研究所)など。

エビカレーの作り方

材料(6 人分)
サイマキエビ................................... 500g
マッシュルームの薄切り................. 100g
玉ねぎの薄切り............................. 1 個分
にんにくのみじん切り....................1片分
バター...............................................適量
スープストック(作り方は左).............................................1カップ~
ベイリーフ、白こしょう、カルダモンパウダー、しょうがの絞り汁... 各適量
生クリーム(42%)...........................300ml
カレーソース(作り方は2Pめ)..... 2カップ
塩、こしょう................................. 各適量
サフラン、ナツメグ...................... 各適量
バターライス..................................6人分

作り方

❶エビはできれば生きている新鮮なものを使用。頭と背わたを抜き取り、殻は尾の先まで全部むく。

❷鍋にバター大さじ2~3を熱して、エビを色が変わるぐらいに炒めて取り出す。続いてマッシュルームをサッと炒め、軽く塩、こしょうをふって取り出す。

❸②の鍋に玉ねぎ、にんにくを入れて炒め、玉ねぎが薄い茶色に色づいたら、スープストックを加えて、しょうがの絞り汁、ベイリーフやカルダモン、白こしょうなどを好みで加えて、野菜からとろみが出るまで煮る。

❹②のエビとマッシュルームを鍋にもどし入れ、生クリームを注いでザッと煮立てる。カレーソースを加えて、塩、こしょうで味をととのえ、仕上げにサフランを加える。

❺炊きたてのごはんにバターを混ぜたバターライスを皿に盛り、④のカレーをかける。カレーにおろしたてのナツメグを散らす。

【作り方】
❶鶏もも肉に塩をして30分〜ひと晩マリネしておく。12等分に切る(1個約30g)。
❷浅鍋もしくはフライパンにサラダ油とマスタードシードを入れて中火にかけ、マスタードシードがパチパチ弾けてきたら、Aを加えて、玉ねぎが透き通るまで炒める。
❸②に①の鶏肉を加えて、表面全体が白くなるまで炒める。トマト缶を汁ごと加え、軽く炒める。
❹③にBを加えて全体をなじませるように炒める。
❺水100㎖(材料外)を加えて沸かし、5分ほど煮込む。塩で味をととのえる。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング