ポルトガルで最も高い山脈地帯“セラ・ダ・エストレーラ”で滋味深いテロワールを味わう!【ポルトガル中・北部をめぐる旅】

2018年8月23日
瓦屋根に彩色タイルのアズレージョがカラフルな町並み、新鮮なシーフード料理や卵たっぷりな伝統菓子などの食文化などがおいしく、かわいい!と、今、旅好きの女性たちの間で話題の国、ポルトガル。標高2000m級のポルトガルで最も高い山の上に位置する“セラ・ダ・エストレーラ”は、お肉にチーズにワインといった土地の味を存分に楽しめます。

地産地消を堪能できる、世界中のグルマン注目のアドレス

「Casa das Penhas Douradas(カーザ・ダス・ペーニャス・ドゥラーダス)」

エストレーラ山脈自然公園内にある、全18室のプライベートを大切にしたホテル。地元の羊毛工房『Burel』が経営し、建材、インテリアから提供する料理の食材もすべて地元やポルトガル産にこだわっている。バーチ材のオリジナル家具をはじめ、自然に溶け込むシンプルなデザインがモダンかつぬくもりある空間を演出。スパやプールもあり、暖炉のあるラウンジも心地よく、軽い散歩と読書ざんまいなど、インドア派も満喫できる。ポルトからは電車でMangualde駅まで2 ~ 3 時間、そこから車での送迎あり。● Penhas Douradas, 6260 - 200 Manteigas, Portugal ☎ 0275・981・045

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

❶広大な景色にもなじむ、シンプルでフラットな外観
❷カステラの元祖といわれるパオン・デ・ローに、ラズベリーのフルーツソースをあしらったデザート
❸仔羊のグリル、ポートワインソース。メニューは毎朝シェフが食材を見てから決める
❹寝室のベッドまわりのアイテムは、すべて『Burel』のオリジナル
❺光がたっぷり入るメインダイニング。
家具や照明もポルトガル人建築家のデザイン
❻料理に合うポルトガルワインも豊富

伝統の織り物の工場見学で、お買い物「Burel(ブレル)」

セラ・ダ・エストレーラ地域の羊の毛を使った、100%ハンドメイドの羊毛工房。柔らかい色合いや独特のパターンなど地域に古くからある2000以上の伝統的な織りを生かしつつ、ブランケットや洋服、インテリア素材などを手がけ、国内外で人気が高い。工房わきに小さなショップもあり、購入もできる。ポルトとリスボンにある店舗では全商品はもちろん、若手デザイナーと組んだ最新のプロダクトも見ることができる。
ショップにはブランケットのほか、帽子や靴、バッグなどの小物、アクセサリーなど豊富なアイテムが並ぶ 

大きな山の小さな宿で自然の魅力と食を堪能

セラ・ダ・エストレーラは、標高2000m級のポルトガルで最も高い山脈地帯。周囲の森はすべて国立自然公園で、冬はスキー、春から秋はトレッキングやハイキングなどが楽しめる。と同時に、食いしん坊にはポルトガルの最高峰といわれる、羊の熟成チーズ「ケージョ・セラ・ダ・エストレーラ」の産地としても有名だ。
 このダイナミックな自然の魅力を満喫できると人気なのが、山頂付近に立つ小さなホテル。センスのよいしつらえと、なにより地元でとれた旬の食材を使った料理が評判で、食事目当ての海外ゲストも多い。朝は焼きたてパンに搾りたてのジュース、そして、朝晩必ず出るのが、熟成、造りたてのフレッシュなど、この地の各種チーズを楽しめるプレート。朝からスパークリングワインも楽しめる。昼と夜はさらに本格的。地元の仔羊や伝統的な干しダラを使った料理とポルトガルの厳選ワインのペアリングなど、ローカルかつ上質な素材をモダンなセンスで提供してくれる。
 ホテルのかわいいブランケットやクッションなどは、山のふもとの村にある羊毛工房『Burel』のもの。この一帯は昔から毛織物が盛んな地だ。帰りに見学した工房で印象的だったのが、機(はた)織り機を扱う地元職人の優しい表情。彼らの織る、柔らかい色合いのブランケットの風合いそのものだった。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング