夫婦の格差が露呈⁉ "定年後”の夫婦関係【夫の定年】

2018年10月25日
アラフィー女性100人に実施したアンケートの中でも目立ったのが「夫と一日中顔を合わせるのが不安」といった声。専門家が良好な夫婦関係を続けるためのコツをアドバイス。

夫の定年によって、夫と妻の格差が露呈することも

 アンケートでは、定年した夫との時間を楽しみにしている人もいたものの、目立ったのは、「夫と一日中顔を合わせるのが不安」という声。それも、「今も、週末になるとテレビの前でゴロゴロ。昔はアクティブだったのに」(53歳・会社員)という“夫に幻滅派”と、「夫が会社に行っている間の自由な時間が失われそうで憂うつ」(50歳・専業主婦)という、“自由喪失派”に二分される。

「男性は50歳を過ぎたあたりから、攻めの姿勢を司る男性ホルモンのテストステロンが減少します。いわば、夫がゴロゴロするのは加齢による自然現象。誰にでも起こることなのです」と、心療内科医の姫野先生。 

 避けられない自然現象……。やはり定年は、夫婦関係の危機に!?

「テストステロンは、筋トレや、異性へのときめきによって分泌が促進されます。たまには、夫の前でおしゃれをしてみては? “きれいな妻”を見るだけでも、効果は期待できます。また、幸せホルモンのセロトニンや快感ホルモンのドーパミンの前駆物質は、脳だけでなく、腸でもつくられているんですよ。夫婦で腸内細菌が喜ぶような食事をすれば、夫は気力がアップし、妻は夫へのイライラが抑えられるかもしれません」

What's New新着記事

FEATURE
ランキング