安全性は?値動きは? 初心者でもわかる仮想通貨【お金の未来予想図】

2018年11月16日
お金の世界をあまり知らない初心者さんは、その波に乗り遅れないよう、今から備えをしたいところ。お金初心者のふたりが“仮想通貨”について一から専門家に教えてもらいました。

【初心者に教えて!】私に必要なもの?どう使う?そもそも仮想通貨って何?

質問したのは……
編集K野
学ばなければと思いつつ、苦手意識から先のばしにしているプレ・エクラ世代。IT関連にもアレルギーあり。
ライターM
今までマネーテーマを多く手がけてきたものの、"ザル"な性格ゆえ、実生活にはまったく生かせていない。ジャストエクラ世代。
仮想通貨は、暗号技術で守られた“新しいお金”
ライターM 
仮想通貨がらみのCM、最近よく見かけますね。「ビックカメラ」や「コジマ」、「メガネスーパー」に「聘珍樓(へいちんろう)」など、ビットコイン(*1)での決済OKなお店も増えましたし。

尾河先生
ええ。数は少ないですが、ビットコインキャッシュやイーサリアムなど、ほかの仮想通貨が使えるお店も出てきています。

編集K野
あの~、仮想通貨ってそもそもなんですか?

ライターM
実は私もよくわかっていないかも(苦笑)。仮想というだけに、「ネット上だけでやりとりするお金かな」程度で。

尾河先生
イメージとしてはそのとおり。ブロックチェーン(*2)などの暗号技術によってお金の価値を守り、保証する、新しい通貨です。もっとも、従来の通貨の定義には当てはまらないので、正式には、「暗号資産」というのですが。一方、私たちが通常使っている円やドルは、法定通貨と呼ばれ、国によって保証されています。
ライターM
円は日本が保証している通貨ということですね。仮想通貨を保証してくれているのは…、いったい誰?

尾河先生
そこも法定通貨と仮想通貨の大きな違いで、前者は国、いわば政府や中央銀行といった特定の団体で管理されていますが、後者はブロックチェーンに参加している人たちが情報を共有するかたちで管理しているんですよ。

編集K野
顔が見えない大勢の人より、国が管理しているお金のほうが安心な気がしますが。

尾河先生
今のところ、日本は政治的にも経済的にも安定していて、なんの心配もなく円が使えますからね。けれど、恐慌といった金融ショックや戦争などがあると、国によっては、通貨を大量発行したり、国債を乱発します。すると、国の信用が下がり、通貨の価値も下落してしまう。ジンバブエみたいに、財政破綻の末、自国通貨を廃止した国もあるほどです。
でも、仮想通貨のように複数の管理者がいれば、1カ所がサイバー攻撃されたとしても、ほかの管理者たちがシステムを回し続けるので、通貨の発行と流通が止まることはありません。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング