隠し味の薬味と黒こしょうが引き立つ! “帆立としょうがの塩鍋”【絶品鍋レシピ28days】

帆立としょうがの優しい味わいの組み合わせに、隠し味の黒こしょうをしのばせた“帆立としょうがの塩鍋”を料理家・小泉瑚佑慈さんがご提案。

“気分が上がる鍋”

「食材や調味料の組み合わせの新鮮味。うま味と香りをいかにうまく出すか。この2点に留意して、少しだけ贅沢な鍋を考えてみました」(小泉さん)。三ツ星料理人の極意は、組み合わせの妙とうま味&香りにあり!

帆立としょうがの塩鍋

優しい味わいの組み合わせだから、隠し味に薬味をしのばせて、仕上げに黒こしょうで味を引き締める。
隠し味の薬味と黒こしょうが引き立つ! “帆立としょうがの塩鍋”【絶品鍋レシピ28days】_1_1
材料(4人分)
帆立貝柱(刺身用)...................................8個
白菜......................................................1/4個
豆腐(絹ごし)........................................1丁
だし.....................................................1ℓ
塩........................................................15g
しょうが(すりおろし)............................小さじ1
にんにく(薄切り).................................1片分
黒こしょう............................................ 適量
作り方

1.白菜は食べやすく切る。だしを鍋に入れて沸かし、塩、しょうが、にんにく、白菜を入れる。

2.白菜が軟らかくなったら、8等分に切った豆腐と帆立を入れてさっと火を通し、黒こしょうを挽きかける。

隠し味の薬味と黒こしょうが引き立つ! “帆立としょうがの塩鍋”【絶品鍋レシピ28days】_1_2
鍋奉行ポイント
コクと香りを出すために、しょうがはすりおろして、にんにくは薄切りに。にんにくはすりおろすと、風味が効きすぎるので、薄切りにしてほんのり効かせるのがコツ。
教えてくれたのは……
「虎白」料理長 小泉瑚佑慈(こうじ)さん
ミシュラン三ツ星店「虎白」料理長。日本料理の基本を踏まえ、さまざまな食材や調味料を使いこなし、ジャンルを越えた味作りをする。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング