感情を伴うコミュニケーションには気を付けて! ~恐怖の水星逆行期~

2019年3月8日
言い間違いとか、誤解とか、ケンカとか・・・起こらないとも限らない時期です。
こんにちは、レイコ・ローランです。
昨日、ふと天文歴を見ていましたら、とあることに気が付きました。

「あ、今、水星逆行中だ!!」

水星逆行中とは、地球から見て、水星が逆の方向に動いているように見えること・・です。
もちろん、惑星自体はいつも一定の方向にしか動いていないのですが、軌道の関係で、あくまでも”地球から見ると”という話なんですけどね・・。

年に3度ほど、数週間の期間で、起こる現象なのです。

それについては以前、こんなブログをかいたこともあります。
(そもそもどういうこと? ということがここにまとめてあります。)

今回は、3月6日(水)から始まっておりまして、終わるのは3月27日(水)ですので、ざっと3週間。

水星が司るとされる、コミュニケーションの分野で、行き違いが起きやすいということです。

星座の位置は「うお座」の場所で起きていますから、うお座の司る、”感情”ということにも関係がありそうです。

ちょっと伝えるべきことが、なんだか感情に任せて大きく言ってしまった・・。
ぼんやりしたことを伝えようとしたら、曖昧なままスルーされてしまった・・。
まぁいいかと一度は思ったものの、やっぱり許せなくて、舞い戻って対峙しちゃった・・。

などなど・・。
なんだかモヤモヤを抱える人が多くなりそうな気配の星位置です。

ただ、この水星逆行、考えようによっては邪魔なばかりではないのです。

本当はスルーすべきじゃなかったこと。
以前からずっとずっと気になっていたこと。
今のうちに、出しておいたほうがいいことが、たまたま、出てきてくれたというチャンスかもしれないのです。

水槽に例えると、下のほうにオリのようにたまっていたものが、かき回されて出てきてしまった感じです。

だから今起こっている現象について、自分の感情を見つめながら、ゆっくり、じっくり、「自分は根本的には何が気になっていたのか」を過去へもタイムマシンでさかのぼりながら、静かに探ってみるにはいい時期です。

ただ、それを解決するために。
今すぐの行動、には移そうとはしないほうがいいです。

その状況を俯瞰して見て、数珠つなぎに自分の中で出てくるものを眺めて、

「月末くらいに解決しよう」

そんな風に思うくらいがちょうどいいはずです。

くれぐれも、焦らないでくださいね~。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング