センスがいいと評判のあの人がつくる 「わが家のおせち」五選

器選びも盛りつけも自由なスタイルで、カジュアルに手作りおせちを楽しむ人が増加中。そんな手作りおせちで参考にしたい、料理家やスタイリストが作る、今どきのアイデア満載のおせちをご紹介。

3.スタイリスト城 素穂さん

センスがいいと評判のあの人がつくる 「わが家のおせち」五選_3_1

シャンパーニュといただくアペロおせちは 上等な漆器に、ひと皿盛り

「濃いめの味つけのおせちは、お酒のあてにもなる」と城さん。年末にお酒好きの友人たちを招いて開催したのは、シャンパーニュとともに楽しむ"アペロおせち" のレッスン。「お正月こそ上等な漆器を」という思いから、赤木明登さんの漆盆や輪島キリモトの地塗り漆箱をワンプレートに見立て、漆器の気楽な用い方を提案。椿、松などのあしらいの葉は巻いて袋状にしたり、切って仕切りにしたり、おせちの下に敷いたりとアレンジし、遊び心をちりばめた。料理も独自のセンスでモダンに。「伊達巻はスフレのようにホワホワに焼き上げ、田作りはクルミを炒り合わせました」。
城 素穂さん
器のスタイリスト。ベルギーのレストランでサービスを学んだ経験も。

What's New

Feature
Ranking