出雲民藝館

2017年3月19日
モダンで美しい民藝の器の宝庫である出雲。出雲を旅する際にまず足を運んで欲しい、新旧の名品がそろった民藝館をご紹介。

1.出雲民藝館

豪農・山本家の広大な敷地内にあり、ゆったりと時間の流れる気持ちのよい場所。米蔵を改築した本館には、有名無名の民藝の器や、出雲地方の藍染などを多数展示

街全体が“用の美”の 美術館のよう

 出雲は神さまの微笑んでいるところ。神話の世界に詳しくなくても、この地に足を着けば、穏やかで清浄な空気が流れているのが肌で感じられる。
 出雲大社をはじめとする神社の存在や、松江藩の置かれた歴史が、衣食住において豊かな文化をもたらした。ふだん使いの道具に“用の美”を見る民藝運動が育ったことも、この土地の人々の美意識の高さを表している。
 島根県安来出身の河井寛次郎や、バーナード・リーチ、棟方志功ら民藝運動の中心人物が足繁く通った出雲には、彼らの足跡や、彼らから教えを受けた民藝の窯元が点在する。旅の始まりにまずは『出雲民藝館』へ。地元の名品に触れ、学び、そこから歩きはじめたい。

「出西ブルー」とでも呼びたくなる、『出西窯(しゅっさいがま)』の縁鉄砂呉須釉(ふちてっさごすゆう)八寸皿¥5,000。

「湯町イエロー」とでも呼びたい、『湯町窯』のハチミツ色のピッチャー¥25,000。洋風なムードが素敵

  • 館内には「これ欲しい!」と思わせる器ばかり。布志名(ふじな)焼の片口
  • 真竹と和紙で作られる「日の出うちわ」は、海から日が昇る図が特長
  • 使い込まれて風合いの増した漆器たち。作り手や出どころ知れずの名品
  • スリップウエアの技法がモダンな、布志名『舩木窯(ふなきがま)』・舩木研児作の大皿

出雲民藝館

出雲大社造営の棟梁が手がけた「長屋門」(延享3年建造)など歴史的建造物も必見。陶磁器のほか、藍染のおむつ(!)なども。売店を『objects』(P.3)の佐々木創さんが担当するなど若い感性も息づく。バーナード・リーチのイギリスの工房で修業を積み、伝統とモダンを融合させた舩木研児の遺作展を3月に開催予定。

出雲市知井宮町628 
☎0853・22・6397 
10:00〜17:00 
入館料¥500(税込) ㊡月曜

What's New新着記事

  • 鍛冶屋と料理

    島根のすばらしい野菜や新鮮な魚を使用したイタリアンが食通の間で話題となっている、出雲のニューウェイブのお店をご紹介。

    島根県

    2017年3月22日

  • objects

    モダンで美しい民藝の器をそろえた出雲に店を構える、日本全国の優れた工芸品を取り扱う話題のセレクトショップをご紹介。

    島根県

    2017年3月21日

  • 皆美館(みなみかん)

    小泉八雲、島崎藤村など多くの文人らが訪れた宿としても知られ、館内のいたるところに民藝の大家が残した器、書、画が飾られている出雲の名宿をご紹介。

    島根県

    2017年3月20日

  • いずも八山椒の「奥出雲のはじかみ」

    全国のおいしいものに精通したエクラの「食」担当スタッフが厳選した、鍋のクオリティを引き上げるタレ、調味料をご紹介。

    島根県

    2017年2月22日

  • 島ではお馴染みのさくらの家の「ふくぎ茶 煮出しタイプ」

    収穫後に天日干しや裁断など時間と手間をかけるクロモジのお茶で、すっきりとした味わい。暑い季節は冷やして飲みたい。

    島根県

    2016年8月29日

FEATURE
ランキング
FOLLOW US
編集部から届くメールマガジン
会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載
新規会員登録