サンローランのデニムでジェンダーレスな美しさを【富岡佳子の「名品が私に教えてくれること。」vol.6】

エクラの人気連載、モデル・富岡佳子さんによる「名品が私に教えてくれること。」。第6回は、富岡さんが新しい洋服を投入したいときに必ずパトロールするという「サンローラン」から「デニム」をご紹介。ダメージや色落ちの具合がさりげなく上品な一本の魅力を、富岡さんが語ります。
サンローランのデニムスタイルの富岡佳子
サンローランは、新しい洋服を投入したいときに、必ずパトロールするブティックのひとつ。

メンズ、レディスとあまり性差のない、ジェンダーレスなスタイルに惹かれます。

レディスにはメンズっぽいかっこよさが、メンズにもレディスのようなセクシーさがあり、たとえオーバーシルエットが流はや行っていようが、スタイルのある細身のシルエットを貫いて、その世界観を追求しつづけています。

男性がレディスを着ることもあると聞くし、私自身も、メンズラインをチェックすることが。

レディスラインでは体型にぴったりフィットするジャケットやパンツが見つかります。

デニムは、ダメージや色落ちの具合もさりげなく上品。スタイルよく見えるように考えられ、デザインされているのがわかります。

オンにもオフにも、カジュアルにも、エレガントにも寄り添う、振れ幅の大きさも魅力。

はいていると必ず「どこの?」と聞かれます。

最近目にした、シャルロット・ゲンズブールがサンローランのデニムをはいている姿も、やっぱりかっこよかった。

そう、フランス女性のようにエレガントで色香漂う、大人のジェンダーレスがかなうのです。
写真のデニムはサンローランの定番アイテムのひとつ。高い品質を保つために日本で生産されている。スタイルよく見えると評判の立体的に施された色落ちは、一点一点職人による手作業で仕上げられているそう。色はSANDY BLACK。上品にウォッシュがかかっていて、ほどよいこなれ感も演出できる。素材はコットン98%、ポリウレタン2%で、ストレッチの効いたはきやすさも魅力だ。

デニム¥77,000・ブラウス¥135,000・靴¥100,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)
  • エルメスのスカーフで自分らしさを取り戻す【富岡佳子の「名品が私に教えてくれること。」vol.5】

    モデル・富岡佳子さんのエクラ連載「名品が私に教えてくれること。」。第5回は「エルメスのスカーフ」にフォーカス。20代で初めて手にして以来、大きさや素材違いを少しずつ買い足し、さまざまな使い方を楽しみながら愛用してきたという富岡さん。ファッションも“映える”ものがもてはやされつつある昨今も、変わらずひたすら美しく心に刺さるものをつくり続けるエルメスの名品の魅力をご紹介。

What's New

Feature
Ranking