腹持ち抜群で食べ応えバッチリ!「餅入り油揚げと豆苗鍋」&「うなぎ、ねぎ、お麩の鍋」【飛田和緒さんのおすすめの幸せ鍋】

冬の代名詞「鍋」。鍋料理だけでは物足りない……という人も多いですが、今回紹介する飛田和緒さんのレシピは「餅入り油揚げ」や「お麩」などお腹にたまりやすい食材を使っているので、満足度を得やすいですよ。
教えてくれた人…
飛田和緒

飛田和緒

料理家。素材を生かした優しい味の和食に定評がある。毎朝、高1の娘さんのために作る朝ごはんの“車内めし”がインスタで評判に。近著に『時間と食材を賢く使う飛田さんの料理の工夫』(世界文化社)など。Instagram hida_kazuo

餅入り油揚げと豆苗の鍋

だしの味がしみた油揚げと、とろりと軟らかく煮えたお餅に大満足!ほっこり体が温まる鍋を身近な素材で。

餅入り油揚げと豆苗の鍋

材料(2~3人分)

油揚げ……3 枚

……4〜5個

豆苗……1パック

昆布だし……800㎖

A 塩、薄口しょうゆ……各小さじ1/2

作り方

1.油揚げは半分に切って袋状にし、餅は半分または4等分に切る。油揚げを破かないようにていねいに餅を適量詰めて、楊枝でとめる。豆苗は根元を切り落とす。

2.鍋にだしと餅入り油揚げを入れて中火にかけ、ふつふつしてきたら弱火にしてふたをし、軟らかくなるまで煮る。Aで味をととのえ、豆苗を加えてひと煮する。

だしの味がしみた油揚げと、とろりと 軟らかく煮えたお餅に大満足!

うなぎ、ねぎ、お麩の鍋

手間いらずのわりにごちそう感が出る便利な鍋。うなぎに味がついているので、薄味に仕上げるとちょうどいい。

うなぎ、ねぎ、お麩の鍋

材料(2~3人分)

市販のうなぎ蒲焼き……2枚(約200g)

わけぎ……3本

車麩……3〜4枚

昆布だし……800㎖

[A]

  塩……小さじ1/3〜1/2

  薄口しょうゆ……小さじ1/2

すだちなどの柑橘類、粉山椒……各適量

作り方

1.うなぎは冷めたまま食べやすい大きさに切り、わけぎは5㎝長さに切る。車麩は水でもどし、半分に切る。

2.鍋にだしを沸かし、うなぎと水気を軽く絞った車麩、根元に近い部分のわけぎを入れ、ふたをして2〜3分中火で煮る。

3.Aで味をととのえ、残りのわけぎを加えてひと煮する。取り分けてすだちを搾り、粉山椒をふっていただく。

【ポイント】

乾燥麩はさまざまな種類があるので、好みのものでOK。常備しておくと鍋や煮物のときに便利。写真上の板麩は好みの大きさに切って使う。

乾燥麩はさまざまな種類があるので、好みのも のでOK。

What's New

Feature
Ranking