【あの人の溺愛ねこ図鑑 第9回】パリで暮らす篠あゆみさんの愛猫・チグル

猫好きさんちのかわいい子たちの様子を毎月お届けする連載9回目。今回はリモート取材により、パリ在住の猫ちゃんの姿をお届け。レオナール・フジタが飼っていた猫に、ちょっぴり似ている?
フォトグラファー 篠あゆみさん

フォトグラファー 篠あゆみさん

しの あゆみ●多摩美術大学卒業後、スタイリストとして活動。’99年に渡仏してフォトグラファーに転身、幅広いジャンルで活躍する。療養経験を生かし、今春、着心地のよさを追求したパジャマ「パージュアエレ」を発表。
チグル 雑種 14歳・♂

チグル 雑種 14歳・♂

名前の由来はフランス語のtigre(ティグル)。和風にいえば“トラ”だけど、住まいは18区のおしゃれなアパルトマン。「外を見るのが好きですね。でも、鳥は怖いみたい(笑)」
鈴をつけているかのような位置に白い毛
チグルの童顔がきわだつベッドの中。鈴をつけているかのような位置に白い毛が
ぬいぐるみ好きで、現在の相棒はゴールデンレトリバー
ぬいぐるみ好きで、現在の相棒はゴールデンレトリバー。今日もせっせと、容赦なくけりけり
  • PCを開くと寄ってくるタイプ

  • ランプの上の虫を追うチグル

  • 雄弁な前脚でかまってアピール

(左)PCを開くと寄ってくるタイプ。ほどよく温かいのがいいのか、このときは入眠 (中)ランプの上の虫を追うチグル。気を使って物を避けているように見えるが、「気に入らないことがあると前脚でわざと物を落とします」 (右)「ねえ、ねえねえ」と、雄弁な前脚でかまってアピール。表情も少々甘えぎみ

「人懐っこいぼんやりさんは、何だかんだで家の中心です」

14年前、篠さんとチグルとの出会いは、突然だった。
「チグルは友人の旦那さんの実家で生まれた子なんです。その年2回目、予定外の出産だったから保健所に送ることになるかもしれないと聞いて、すぐ引き取りました」

性格は温厚だが、かまってちゃん。相手をしてもらえないと物を落として訴える。篠さんはフォトグラファーという仕事柄、出張が多いはずだが、その間チグルはどうしてる?
「友人たちが預かってくれます。預け先ではいい子で、愛されているらしく(笑)。数年前、療養で長期帰国していたときも、皆さんに助けてもらいました。病気が治って迎えにいったとき、チグルは友人宅の箱の後ろにずっと隠れたきり。箱をどけてのぞき込んだら、顔を背けていました」

誰でもいいようでいて、飼い主はやはり特別。そんな子だから、前脚でちょいちょいされるのはうれしく、留守への抗議には過剰にお詫び。
「最終的にはあれやこれやに従わざるをえない、家の中の小さな“グル”的存在。そういう意味でも、“チグル”です」

What's New

Feature
Ranking
Instagram