身近な人の長所を3つ言える?「思考系脳番地」を鍛えて脳に刺激を与えよう

アラフィーの脳は、刺激を与えないと“とっちらかって”いく一方。日常の習慣を見直すだけでも脳のトレーニングになる。今回は“考える力”を育てる「思考系脳番地」を鍛える方法を紹介。 
教えてくれた人
「脳の学校」代表 加藤俊徳先生

「脳の学校」代表 加藤俊徳先生

’61年、新潟県生まれ。脳内科医、医学博士。日米で脳の研究を行い、MRIを用いた脳画像診断法を確立。1万人以上の脳画像を分析し、診断や治療などを行う。著書に『片づけ脳』(自由国民社)など。

考える習慣が、決断を生む

思考系脳番地

□ひとつの食材で3つのメニューを考える

休日の行動計画を他人に決めてもらう

身近な人の長所を3つあげる

自分の意見に対する反論を考えてみる

必ず10分の昼寝をする

思考系脳番地

耳や目から得た情報などをもとに、思考や意欲を明確にする脳番地で、司令塔的な存在でもある。身近な人の長所を考えるのは、相手の人となりを深く考えるきっかけになる。逆に印象の悪い人を相手に選ぶと、長所を、むりやり探し出すことが、思考力の鍛錬になる。

What's New

Feature
Ranking
Instagram