「北こぶし知床 ホテル&リゾート」のサウナがリニューアル!知床の魅力を全身で堪能【サウナ旅】

旅への欲求がうずく昨今。次に出かけるなら、日々に疲れた心身を癒せる場所がいい。そんな願いをもつ人におすすめしたいのが“サウナ”。サウナフリークの國本知里さんと加藤容崇医師に聞いた、北海道・知床半島のリゾートホテルにある究極のリラックス空間をご紹介。

北こぶし知床 ホテル&リゾート(北海道・知床)

流氷を見渡せる大パノラマ。知床の自然に抱かれ究極のリラックス
北海道の東、オホーツク海の南端に突出する知床半島。雄大な自然に囲まれ、冬には流氷ウォークやスノーシュー、夏はヒグマを見るベアウォッチングなど、ここでしか経験できないアクティビティが多々。そんな魅力的な知床で今、サウナーたちが大絶賛しているのがこのリゾートホテルだ。昨年6月に、もともとあったサウナをリニューアルし、流氷をイメージした「KAKUUNA」(カクウナ)と、木の洞窟を思わせる「UNEUNA」(ウネウナ)、2つのサウナをオープンした。美しい空間の2つのサウナには、知床の山並みやオホーツク海を眺められる大きな窓がついており、室内には流氷や湖で鳴る音などを使った知床の環境音が響く。奥行きのあるベンチに座ってゆったりと芯まで体を温め、水風呂に入り、外気浴で海からの澄んだ空気に包まれると、まるで知床の大自然と一体になったような気分に……。

サウナを楽しんだあとは、鹿肉や知床牛、蟹に鮭など、地元産の食材を使った料理に舌鼓。サウナに食に、アクティビティにと、知床の魅力を全身で堪能できる。

サウナのリニューアルは、日本国内で数々の名サウナをプ ロデュースしているサウナ専門ブランド「TTNE」が担当。

サウナのリニューアルは、日本国内で数々の名サウナをプロデュースしているサウナ専門ブランド「TTNE」が担当。有機的な曲線が美しいこちらは「UNEUNA」。ベンチの幅が広いので、ゆったりと脚を上げて座ることが可能

フィンランド製の大型サウナストーブは、知床の切り立 った岩をイメージしたデザイン。

フィンランド製の大型サウナストーブは、知床の切り立った岩をイメージしたデザイン。熱さの要(かなめ)となるサウナストーンは、地下30㎞にあるマグマから生成されたものだとか

サウナに欠かせない外気浴スペースは、露天風呂のかたわらに。

サウナに欠かせない外気浴スペースは、露天風呂のかたわらに。ゆったり座れる椅子やデッキチェアもあり、大自然に包まれながらの“ととのい”タイムが味わえる

サウナ同様、絶景を楽しめる部屋が多数。

サウナ同様、絶景を楽しめる部屋が多数。露天風呂や暖炉を備えた部屋も

温泉はナトリウム-塩化物泉。

温泉はナトリウム-塩化物泉。展望大浴場からも、オホーツクの水平線、ウトロ港を行き来する漁船や観光船、そしてプユニ岬を一望できる

DATA

北海道斜里郡斜里町ウトロ東172

☎︎0152・24・3222(予約センター)宿泊料金は要問い合わせ。

サウナはチェックイン~24:00、翌日5:00~9:30(滞在中は14:00から利用可能)

https://www.shiretoko.co.jp

  • レンガ倉庫を北欧テイストのホテルに改築『NIPPONIA HOTEL 函館 港町』

    レンガ倉庫を北欧テイストのホテルに改築『NIPPONIA HOTEL 函館 港町』

    夜景の美しさで知られ、異国情緒ある港町として繁栄したかつての面影を今に残す北海道・函館。4月にオープンした『NIPPONIA HOTEL 函館 港町』は、重要伝統的建造物群保存地区内の赤レンガ倉庫群地区に位置しながら、これまで活用されてこなかったレンガ倉庫を改築。2階建ての建物に、9室のみの客室を備えたブティックホテルとして再生した。

  • ニセコでの滞在がよりラグジュアリーに『パーク ハイアット ニセコ HANAZONO』

    ニセコでの滞在がよりラグジュアリーに『パーク ハイアット ニセコ HANAZONO』

    世界的なリゾートとなった北海道・ニセコに『パーク ハイアット ニセコ HANAZONO』が1月20日、NEW OPEN。すべて65㎡以上の広々とした客室、アルペンロッジからインスピレーションを受けた内装デザイン、ミシュラン星つきシェフによるダイニングなど、四季折々のニセコが満喫できるホテルの魅力をたっぷり公開。

What's New

Feature
Ranking