【50代、パートナーとの新しい形】離婚する前に考えておきたい5つのポイント

離婚したいと考えているアラフィー世代へ、いざ行動に移す前にここだけは知っておきたい!という5つのポイントを、弁護士の後藤千絵さんが解説&アドバイス。条件をよく確認して後悔しない選択を。
教えてくれたのは…
弁護士 後藤千絵さん

弁護士 後藤千絵さん

フェリーチェ法律事務所を設立。著書に『誰も教えてくれなかった「離婚」しないための「結婚」の基本 女性弁護士が3000人の離婚相談で見つけた「パートナー選び」の絶対法則』(KADOKAWA)がある。

1.モラハラの場合は意外と難航も

浮気と違い、証拠をつかみにくいモラハラはもめることも。調停を重ねたほうが離婚がスムーズにいくことが多い。

2.弁護士などプロの意見も参考にして

夫側に非があっても慰謝料請求できないことも。離婚相談(無料も含め)でプロの意見を聞いて進めたほうがトラブル回避に。
離婚したい

3.離婚の意志を告げる前に資産を把握しておく

離婚の意志が夫側にわかると、なかには資産の隠蔽や解約をされることも。告げる前に資産をある程度把握しておくのが理想。

4.離婚を渋られたら“別居2年”も手

夫が離婚に納得しない場合は、まずは別居しながら調停を。平均的に2年以内で、夫の気持ちが離婚に傾くケースが多い。

5.将来の年金受給額など経済基盤をシミュレーション

「年金分割」(請求は離婚後2年以内)はあるが、年金支給額自体が減少するかも。経済的基盤の確認は最も重要。

What's New

Feature
Ranking