楽しい!エクラ読者の「おひとりさま」エピソード

ひとりで行動し、楽しむ「おひとりさま」。苦手な人も、実際のおひとりさまエピソードを聞けば「こんなに楽しいの?」と思えるかも! エクラ華組や読者の「おひとりさま」エピソードをご紹介。

ひとり料理留学(ライター・Iさん)

両親他界後、50代でタイ料理留学。若いクラスメイトと勉強の毎日!

ひとり料理留学

渡航歴30年以上とタイにハマっています。現地のタイ料理が日本の味と全然違ったのが印象的で、きちんと学びたいと思っていたんです。2019年に母を看取ったあと、動けるときに動かねばと、タイに1年間留学し、ル・コルドン・ブルーのバンコク校タイ料理コースを修了しました。生徒は年齢も出身国もさまざま。みんなでまじめに筆記や実技テストの勉強をして、食材を求めて市場めぐりをしたり、遊びに行ったのもいい思い出。料理人になるつもりはなかったのですが、地元の富山で小さなタイレストランを今年3月にオープン。ライターやマーケティングの仕事を続けつつ、タイ料理の奥深い魅力と本場の味を伝えるべくがんばっています。

ひとり高級鮨(ライター・Aさん)

ひとり分、ぽっかり空いたカウンター席が実はねらい目!

取材の下見で電話すると3カ月先まで空いていないような人気店でも「ひとりなら大丈夫ですよ」といわれることがけっこうあって。一斉スタートのお店が主流ですが、カウンター席の埋まり具合によって、ぽこっと1席空いていたりするんですよね! ひとり客は気になるのか、大将が声をかけてくださることが多く、ネタの話も聞けてお得な気持ちに。

ひとりフレンチ(エディター・Wさん)

感性を研ぎすまして楽しむ、究極の美食体験!

ひとりフレンチ

どうしても行きたいフレンチがあったのですが、一緒に行ってくれる相手がいなかったので、勇気を出してひとりで。そうしたら、意外にも、とっても楽しくて! 繊細なお料理の味、ワインなど、感性を研ぎすまして、じっくり向き合うことができました。自然光の入るホテルのランチ、というのも寂しい気持ちにならなくてすんだ理由かもしれません。

ひとりバー(Jマダム・YUMIKOさん)

おしゃれなバーで、自分だけのカクテルを

短時間でもひとりでゆっくり考える時間が欲しいと思い、職場近くの東京ステーションホテルやパレスホテルなどのおしゃれなバーにひとりで行くように。一杯だけと柔軟に立ち寄れるのがひとりバーのよさ。また、自分だけのカクテルをオーダーするのも楽しみのひとつ。バーテンダーさんに、「ピンクで華やかな一杯を」「ブルーで気分が上がる一杯を」とイメージだけ伝え、カクテルを待つときや、できあがりの瞬間はわくわくします。

「おひとりさま」

What's New

  • 何歳まで里親になれるの?気になる「里親制度」の疑問に専門家がアンサー

    親元で暮らしたくても暮らせない事情がある子供たちを、家庭的な環境で預かり、愛情をもって見守る「里親制度」。何歳まで里親になれるの?実子とうまくいくか心配など、皆さんの気になる疑問に専門家が答えます。

    ライフスタイルNEWS

    2023年9月21日

  • 里親経験者に体験談を聞いた!「里親になって人生がどんどん豊かになった」

    親元で暮らしたくても暮らせない事情がある子供たちを、家庭的な環境で預かり、愛情をもって見守る──。そんな社会貢献が、今の日本でも求められている。里親経験者の星野優子さんは、現在3人を長期養育中。2歳で迎え入れた子供は19歳に。経験者の体験談から「里親制度」について考える。

    ライフスタイルNEWS

    2023年9月20日

  • 戸籍は?期間は?手続きは?「里親制度」についてわかりやすく解説

    さまざまな理由があって実の親と暮らすことができない子供を、預かり育てる「里親制度」。親元で暮らしたくても暮らせない事情がある子供たちを、家庭的な環境で預かり、愛情をもって見守る──。そんな社会貢献が、今の日本でも求められている。「里親になるのに必要な条件や手続きは?」「希望はどこまで通る?」など疑問は多いはず。知っているようで知らない「制度」のこと。まずは全体を把握することから始めてみよう。

    ライフスタイルNEWS

    2023年9月19日

  • 「里親」体験談・佐藤浩市さん《後編》里親の活動を通して知った日本の子供たちの事情

    さまざまな理由があって実の親と暮らすことができない子供を、預かり育てる「里親制度」。今回は、「フレンドホーム制度」に参加して5年、これまで20人以上の子供たちと接してきた俳優・佐藤浩市さんに「里親制度」について話を伺った。

    ライフスタイルNEWS

    2023年9月18日

  • 「里親」体験談・佐藤浩市さん《前編》20人以上の子供たちと接してきて見えたこと

    さまざまな理由があって実の親と暮らすことができない子供を、預かり育てる「里親制度」。親元で暮らしたくても暮らせない事情がある子供たちを、家庭的な環境で預かり、愛情をもって見守る──。そんな社会貢献が、今の日本でも求められている。今回は、短期で子供を預かる「フレンドホーム制度」に参加して5年という俳優・佐藤浩市さんに話を伺った。

    ライフスタイルNEWS

    2023年9月17日

Feature
Ranking
Follow Us