50代女性のホンネ:ああ、涙のダイエット・失敗編

2018年3月24日
「成功の裏には失敗あり」。ダイエットに成功したJマダムたちに、失敗談を寄せてもらった。思わず涙してしまうものからクスッと笑ってしまうものまで、いろいろ。それで尽きない美への探究心、ダイエットは永遠に続くのだ。
残念ながら失敗してしまったダイエット法、第1位は「厳しい食事制限」で、前回ご紹介した実践しているダイエット法の第1位と合致。うむむ。つまり、かなりの確率でダイエットに失敗しているわけだ。「むちゃくちゃな食事制限をして筋肉が落ち、脂肪だけが増えて見事にリバウンド」(NM・51歳)、「バナナだけ、キャベツだけ、という単品ダイエットは反動が大きく、よけいに食べるように」(KO・49歳)。実は、第2位以下を挙げられないほど「厳しい食事制限」はダントツだったため、その他の失敗ダイエット法をご紹介。「1日2リットルの水を飲む『水ダイエット』。冷え性の私には合わなかったようで、代謝が悪くなった上に胃腸障害に」(MK・51歳)、「補正下着がはやったとき、さっそく購入。全身補正下着で会社に行ったらトイレで脱ぐのにひと苦労。ランチを食べたら苦しくなり、気分が悪くなって会社を早退。今思うと、サイズがあってなかったかも」(IT・51歳)。美への探究心の強さ&おう盛なチャレンジ精神には、頭が下がるばかり。でも、健康にはくれぐれもご注意を!
ダイエットに失敗する原因は、「ストレス」がダントツ第1位。「精神的につらくて続かなかった」(AU・46歳)、「ストレスでイライラ、お肌ガサガサ」(GY・53歳)。一時的に体重が落ちたとしても「心が満たされないので、気がつけばどか食いの日々」(CN・52歳)となるようで。第2位は「油断」。「エクササイズをやったことで満足し、食事量は変わらず」(TI・49歳)、「ダイエットサプリを飲んでいたが、気を抜いて食べすぎてしまった」(AK・53歳)……とほほ。第3位は「早くに結果を求めすぎた」。それが無理なダイエットに走らせるようで「同窓会に向けて1ヶ月で体重を5キロ落としたけれど、その後、見事にリバウンドしてしまった」(YY・50歳)。食べることは人間の三大欲求の一つ。それを抑えようというのは、どだい無理な話なのかも。でも、やせたい、キレイになりたい。だから、「趣味はダイエット、特技はリバウンド」(MM・50歳)。名言いただきました!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング