着こなしの決め手は足もとの時代!今から買いたいサンダル20選

2018年6月4日
ほどよいこなれ感を演出するカジュアルなスニーカーが定番となった今、次なる一足は“抜け感サンダル”。スリッパやストラップ、ウエッジソールなど疲れない履き心地はもちろん、着こなしを素敵に仕上げてくれる一足を手に入れて。

1/20

2/20

3/20

4/20

5/20

6/20

7/20

8/20

9/20

10/20

11/20

12/20

13/20

14/20

15/20

16/20

17/20

18/20

19/20

20/20

折り紙からインスピレーションを得たという話題の「リューズ」。上質なレザーとボルドー×ブラウンの洗練された配色が、スリッパサンダルをリュクスなムードへと導いてくれる。本来カジュアルなイメージの強いサンダルが、どんなシーンにもふさわしいたたずまいをもつ一足に。甲を包み込むように編まれた構造により、脱げにくく歩きやすいのも優秀。靴(H1/実寸)¥115,000・パンツ(参考品)/エルメスジャポン(エルメス)
大人のマリンスタイルに取り入れたい、最上級のカーフレザーを使用したスライダーサンダルは、かかとはもちろん足指もオープンになったつくりで夏の開放感たっぷり。洗練された細身のフォルムはタウンにもリゾートシーンにも似合う万能さが魅力。靴(H0.5)¥80,000・トップス¥55,000・パンツ¥132,000・サングラス¥43,000・バングル¥45,000・バッグ¥235,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)
マイクロスタッズをあしらった「ソウルロックスタッズ」。華やかなレッドのスリッパとバッグを主役にした着こなしが白いワンピースに映えて印象的。靴(H2)¥112,000・バッグ¥241,000(ともにヴァレンティノ ガラヴァーニ)・ワンピース¥128,000(ヴァレンティノ)/以上ヴァレンティノ インフォメーションデスク ピアス¥57,000・バングル(上)¥705,000・(中)¥2,100,000・(下)¥210,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)
新しいモノグラム"F is Fendi" のゴールドを配したモダンなサンダルは、甲を覆うしなやかなカーフレザーが素足に気持ちよくフィット。つま先からネイルがちらっとのぞくのも女らしい。スカートのきれいめ感を生かしながらカジュアルさも加わって。靴(H1/実寸)¥93,000・スカート¥180,000・サングラス¥45,000・ピアス¥49,000・リング¥29,000・バッグ¥287,000・トップス(参考商品)/フェンディ ジャパン(フェンディ)
シルバーのアッパーに細いスエードストラップを組み合わせた、素材と色のコントラストが今どき。どんな色のネイルとも合わせやすいのも優秀。靴(フラット)¥83,000/ドゥロワー 青山店(ニナ リッチ) ブラウス¥38,000/ebure デニムパンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) バングル¥95,000/アパルトモン 青山店(アフター シェイブ クラブ) バッグ¥283,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
(右から)
【PELLICO】
肌なじみのいいゴールドは、華やかさと服との合わせやすさが両立。脚と一体化する脚長効果も。Tストラップを含め甲全体をきちんとホールドするので歩きやすいのもうれしいポイント。靴(H1.5)¥55,000/アマン(ペリーコ)

【JIMMY CHOO】
今年らしいトレンドカラーである鮮やかなグリーンと、上品に輝く花のビジューでキャッチーな足もとが完成。かかとでクロスする繊細な細ストラップが足首をほっそり見せてくれる効果あり。靴(フラット)¥91,000/ジミー チュウ

【MICHEL VIVIEN】
チェック柄に編み込まれたホワイトの天然素材が、夏のコーディネートを品よく涼しげな雰囲気に。フラットながら大人のかわいげも感じさせる一足。靴(H1)¥89,000/アッシュ・ペー・フランス(ミッシェル・ヴィヴィアン)

【Manolo Blahnik】
スエードのマットな質感のサンダルは、肌の露出を多くしたトングで夏らしさを満喫。宝飾品のように美しいビジューをあしらうことで夜のお出かけにもぴったり。靴(H1)¥137,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

【MAURO de BARI】
アンクルストラップ部分にフリンジをあしらいモード感をアップ。シンプルながらエッジをきかせたデザインは、デニムなどデイリーユースなボトムをぐっと今どきに見せてくれる。靴(H1)¥18,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)
甲と足首をしっかりホールドする幅広のクロスストラップと、太ヒールの相乗効果で、ヒールに高さがありながらも安定感抜群。ストラップの一部にゴムが入っているのでフィット感もよく、デイリーな一足として活躍する。靴(H8.5)¥79,000/ヒラオインク(クレジュリー) ドレス¥100,000/ブラミンク サングラス¥36,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー ピアス(片耳)¥28,000・バングル¥88,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥130,000/ジミー チュウ
【PIERRE HARDY】
彫刻的な美フォルムと、ホワイトラインをきかせたマットなシルバーで、たちまちモード感漂う足もとに。安定感のある太ヒールだから歩きやすさも申しぶんなし。靴(H6)¥110,000/ピエール アルディ東京(ピエール アルディ)

【sergio rossi】
つま先に並ぶ大粒のビジューや、足首の細さを強調するVラインのバックストラップが抜群に女らしい脚を演出。重く見えないヒールの形状も特徴的。靴(H6)¥99,000/セルジオロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

【JIMMY CHOO】
肌なじみのよいピンクベージュスエードのきれいめ感と、ストーンスタッズが醸し出すクールなかっこよさが絶妙にミックス。足首を固定する太ストラップはスナップどめだから着脱もスムーズ。靴(H6.5)¥134,000/ジミー チュウ

【RUPERT SANDERSON】
夏らしいペイントデニムをクラシカルなストラップサンダルに落とし込んだ遊び心あふれる一足。デニム地だから合わせるボトムを選ばないのもうれしい。靴(H6)¥82,000/アッシュ・ペー・フランス(ルパート・サンダーソン)
高低差の少ないウエッジソールは抜群の脚長効果と歩きやすさが両立する夏の定番。マキシスカートやワイドパンツなど丈感のむずかしいボトムでこそ威力を発揮する。サンダルとバッグに白を効かせることで、涼やかさがアップ。靴(H7)¥28,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) Tシャツ¥8,000・スカート¥46,000/ebure ピアス(片耳)¥42,000・中指リング¥42,000/シハラ ラボ(シハラ) バッグ¥178,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
【MARISA REY】
ジュート素材の薄めのウエッジソールが力の抜けたラフさを演出。スエードのアッパーに使用した鮮やかなグリーンを主役に、全体の着こなしはシンプルなトーンでまとめて。靴(H2.5)¥19,000/ブランドニュース(マリサ レイ)

【CLERGERIE】
ナチュラルなラフィア素材ながら、メンズライクなムードを取り入れたウエッジサンダル。高低差のないフラットタイプだから長時間歩いても疲れず、脚長効果も手に入る。靴(H3.5)¥48,000/ヒラオインク(クレジュリー)

【J&M DAVIDSON】
アイレットとスタッズの辛口なテイストと、ピンクベージュのフェミニンさが両立。甲までホールドするダブルストラップだから履き心地も楽。靴(H4.5)¥38,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

【PELLICO SUNNY】
心躍るイエローサークルの連なりが大人のかわいげ。厚みがありつつも軽量なコルクソールと細身のフォルムで足どりも軽やか。ストラップにはゴムをあしらい着脱時もストレスフリー。靴(H7)¥29,000/アマン(ペリーコ サニー)
エストネーション PR
棚田蘭子さん Keep!

FIGUEの
スリッパサンダル
刺繡のアッパーとタッセル使いのエスニック感が初夏にぴったり。「洗練されたムードのハンドメイド感に惹かれました。スリッパサンダルはすそから少しのぞくバランスが好き。手持ちの服もぐっと今どきに見せてくれます」(棚田さん)。靴(H0.5)¥48,000/エストネーション(フィグ)
スタイリスト
村山佳世子さん Keep!

J&M DAVIDSONの
ジュートウエッジサンダル
ヘアカーフとジュートの組み合わせが珍しい船底形のウエッジサンダル。「パンツにもスカートにも合わせやすいサンダルを探していて出会いました。ヘアカーフの大人っぽさや上品な色もお気に入り」(村山さん)。靴(H4.5)¥43,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

エディター
松井陽子さん Keep!

FABIO RUSCONIの
コルクウエッジサンダル
スカラップが今っぽさを感じさせる一足。「かかとが隠れているきちんと感と、マットな黒のスエードが夏のラフなワンピースコーデもきりっと引き締めて。電車移動が多いので高低差がないのも便利です」(松井さん)。靴(H4.5)¥29,000/ファビ
オ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)
スタイリスト
福田亜矢子さん Keep!

Manolo Blahnikの
アンクルストラップサンダル
ヒール同様フラットサンダルも美しいフォルムが特徴。旬カラーも豊富にそろう。「シンプルなのに、カジュアルな夏の着こなしを抜群に女らしく見せてくれます。今年はアクセントになるマットなイエローが活躍」(福田さん)。靴(H1)¥98,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)
ストラスブルゴ
ウィメンズ エグゼクティブスーパーバイザー
植原ほのさん Keep!

Burak uyanの
アンクルストラップサンダル
黒レザー部分は、上に重ねた白レザーをカットし下からのぞかせた凝ったつくり。「フラットですがドレスにも合うオブジェのような美しいデザインに惹かれました。この夏はリラックス感をもっと素敵に楽しみたい気分です」(植原さん)。靴(H2.3)¥94,000/ストラスブルゴ(ブラク ウヤン)
エディター
坪田あさみさん Keep!

Maison Margielaの
スリッパサンダル
ブランドを代表する足袋シリーズからスリッパが登場。「バレエシューズやブーツは似合わない気がして見送ってきましたが、このスリッパサンダルはかかとがないから抜け感があり、モードすぎないところにひと目惚れ。パンツはもちろんスカートにも合わせます」(坪田さん)。靴/本人私物
副編 I Keep!

CLERGERIEの
スライダーサンダル
繊細な透かし柄が大人なムード。「甲を覆う部分が広めなのでラフすぎず、今年らしいスリッパの抜け感も同時に楽しめます。クリーンな白レザーも上品で好みです。マキシ丈スカートやくるぶし丈のパンツと合わせたいです」(副編 I)。靴(H0.8)¥67,000/シジェーム ギンザ(クレジュリー)
シンプルなコーディネートにはきれい色の楽しげなデザインで華やかな女らしさをトッピング。靴(H1)¥128,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) トップス¥26,000/エンフォルド パンツ¥58,000/ebure ネックレス¥1,050,000/シャンテクレール 東京店(シャンテクレール) バングル(上)¥22,000・(下)¥29,000/ADORE 六本木ヒルズ店(フィリップ オーディベール)バッグ¥180,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
合わせやすい万能のシルバー。サイドのリボンで大人のかわいげも。靴(H0.5)¥76,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)トップス¥24,000/ADORE スカート¥60,000/ブラミンク サングラス¥24,000/バーバリー アイウェア(バーバリー) スカーフ¥18,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) ネックレス¥1,300,000 /シャンテクレール 東京店(シャンテクレール) バッグ¥129,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
今夏のトレンドであるサファリテイストな着こなしには、マニッシュなスリッパが好相性。靴(H2.5)¥83,000/ヒラオインク(クレジュリー)プルオーバー¥260,000/ブラミンク Tシャツ¥8,000/ebure パンツ¥74,000/ウールン商会(ペセリコ) 帽子¥36,000/ヘレカミンスキー表参道ヒルズ店(ヘレンカミンスキー) サングラス¥39,000/ミラリ ジャパン(プラダ) バッグ¥170,000/J &M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン)

What's New新着記事

  • 富岡佳子が着こなす、無難に終わらない“攻め”のリアルコート7

    冬の装いはある意味、コートの印象だといっても過言ではない。定番なもの、無難なものがかえって地味になってしまうアラフィーには、ひとつ枠を超えたコートこそが正解。展示会や現場で数多のコートを見てきた同世代のおしゃれプロたちが惚れ込んだ、ちょっと“攻め”気分の一枚を、富岡さんの着こなしと共にご紹介!

    ファッション

    2018年11月14日

  • アクセ効果も抜群! この冬に絶対取り入れたい「ミニポシェット」14

    ミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、旅先でも大活躍のアイテム。注目ブランドから続々登場しているミニポシェットは、コーディネートを完成させるアクセサリー効果も絶大! エクラスタッフも、便利さとアクセ効果の一石二鳥でハマる人が続出。この冬のコーデに絶対に取り入れたい、各ブランドのポシェットをご紹介します。

    ファッション

    2018年11月12日

  • おしゃれプロが指名! 使えるのは「このブランドのミニポシェット」

    両手が空くミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、展覧会めぐりや旅先でも大活躍。毎シーズン展示会等でいち早くトレンドをキャッチしているエクラ撮影スタッフにも、ミニポシェットにハマる人が続出。それぞれのお気に入りアイテムを理由とともにご紹介します。

    ファッション

    2018年11月11日

  • コートを脱いでもステキ! シーン別“2層式”しゃれ見えコーデ

    アウターがマストになってきたら、“コートを着るから”とつい中身のおしゃれを手抜きしていない? コート姿も、コートを脱いでもステキに魅せるベストマッチングなコーデを、4つのシーン別にご紹介!

    ファッション

    2018年11月8日

  • 特別な風合い「ASAUCE MELER」のニットストール【MADE IN JAPANの隠れた名品】

    夏の麻素材ストールが大人気だった「ASAUCE MELER(アソース メレ)」からこの冬もまた、存在感抜群のストールが登場。ループ上の太い糸を織ってから熟練の職人さんが手作業で起毛をして作る「モヘアのフラッフィーストール」と、八王子のニッターさんに依頼してできる「カシミヤのファーニット」は、まさに手の込んだ逸品。今年の秋冬は、日本ブランドの上質な肌ざわりを体感してみては。

    ファッション

    2018年11月6日

FEATURE
ランキング