今話題の「ガスケアプローチ」でケア!「骨盤底筋群エクササイズ」

骨盤底筋群を"保護する" ために考えられたフランス発祥の「ガスケアプローチ」。「ガスケアプローチ」に基づくエクササイズで骨盤底筋群への負担を減らす姿勢や呼吸法、締め方のコツを習得しよう!

Exercise_03便秘が気になる人に

インナーマッスルを働かせる!

背中を丸めた猫のポーズ

インナーマッスルを鍛えながら便秘・尿もれを防ぐポーズ。ボディラインもスッキリ。
今話題の「ガスケアプローチ」でケア!「骨盤底筋群エクササイズ」_4_1-1

1/4

今話題の「ガスケアプローチ」でケア!「骨盤底筋群エクササイズ」_4_1-2

2/4

今話題の「ガスケアプローチ」でケア!「骨盤底筋群エクササイズ」_4_1-3

3/4

今話題の「ガスケアプローチ」でケア!「骨盤底筋群エクササイズ」_4_1-4

4/4

1.まず正座をしてから、おしりをかかとにつけたまま、上体を前に倒し、両手を前に伸ばして床につける。手をできるだけ遠くにつき、背すじをまっすぐに。腕は肩幅ぐらいに開いて。
2.上体を持ち上げ、四つんばいに。このとき足の指は立てて。おしりを少し後ろに引いて、股関節の角度が直角から鋭角になるように調節しよう。
3.骨盤底筋群をキュッと引き締めて、下腹から息を絞るように吐き出しながら、猫がしっぽを丸め込むようなイメージで軽くおしりを巻き込む。
4.3に続いて息を吐いたまま、指を立てて、体全体で弧を描くように背中を丸めよう。息を吐き終えたら、おなかの力を抜いて空気を取り込む。2〜4の動作を繰り返す。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング