極上の鮨を求めて 海の幸の宝庫 福岡・富山の名店五選

2016年10月12日
新旧の名店がそろい、層の厚さは屈指の「福岡の鮨」と、富山湾の魚の魅力を生かす"職人技" に出会える「富山の鮨」。海産物に恵まれた2県のおすすめ鮨屋をそれぞれご紹介。

1.しつらえ、プレゼンテーション、 すべてで独自の鮨世界を演出 鮨 行天

(左奥より)浜名湖産のアサリ、江戸前の太刀魚、淡路の鯖、天草のウニとイクラ。大トロと中トロは2貫づけで、1貫目をやや大きく、2貫目を小ぶりににぎって味わいの違いを楽しませる。米は小粒で、赤酢の風味がまろやか
入った瞬間、その世界観に圧倒される。ルイ・ヴィトンのスーツケースやラリックのクリスタルなど鮨店では見ない、しかし世界の一級品がカウンターを彩る。しつらえばかりではない。極厚切りの蒸しアワビ、にぎり方を変えて2貫供するマグロなど、とびきりの素材を香り、食感まで味わいつくせるよう趣向が凝らされ、終始驚きの連続だ。山口県の鮨店に生まれ、東京の名店で腕を磨き、’12年にこの店を開いた行天健二さん。レストランのエンターテインメント性と江戸前鮨の新たな可能性を示すにぎりで、またたく間に激戦区を代表する一軒に。
行天さんは着流しにたすきがけといういでたち。一度故郷山口で開業し、’12年、勝負の場を福岡に移した
  • 桑名産のシジミ。沸騰させないよう30~40分間加熱。汁にもうま味がつまっている
  • 蒸しアワビ。小浜産。厚切りにすることで、余韻まで香りが続く
  • 開業から2年でミシュランガイド福岡・佐賀版で三ツ星を獲得。現在、同ガイド唯一の三ツ星店。昼は2カ月先まで予約受付
  • 店主を囲むようにしつらえられたカウンター 
福岡県福岡市中央区平尾1の2の12 
☎092・521・2200
18:00~20:30(最終入店)、土・日曜、祝日12:00~14:00 
不定休
昼夜ともおまかせ¥20,000(サ別)
カウンター10席 
完全予約制 ※夜の予約は約半年以降

What's New新着記事

FEATURE
ランキング