食べすぎた!と思ったら、自転車走がおすすめ。

2018年10月22日

1/2

2/2



「今まで生きてた中で一番幸せです」。
そう涙ながらに言える日が、果たして自分にもやって来ることがあるのだろうかと案じて暮らしてきましたが、「今まで生きてきた中で一番体が重い」ということについては、このほどはっきりいたしました。

京都タワーの大浴場で測ってみたところ、去年より3kg以上、目方が増えている…。
「あー、年始に『広辞苑』(約3.3kg)買ったもんね。納得納得」と流したいものの、来月は健康診断。公式記録として残すのはちょっと情けなく、たくさん運動することにしました。

しかし、そう決意した矢先のこと。和歌山の紀伊田辺直送の釜揚げしらす(しかもすだち添え)のお福わけに預かり、これは美味しい残すまじと、ついついご飯を茶碗三杯半。食べることに関してはどうしてこんなに無理がきくのでしょう。

食後の運動のおともはサイクルコンピューター。けっこうお値段がはりますが、GPSつきでルート検索もでき、速度や高度検知に加え、心拍計をつけてのトレーニングもできます。私はそこまでやっていませんが、距離と速度からの計算だけでもナカナカ派手な消費カロリーをはじき出してくれ、やる気になるのでおすすめですᕦ(ò_ó )ᕤ

写真ので42kmくらいの走行(一部信号のある道を含む)。
ロードバイク走のいいところは、脚に優しくて、かつ効率よくカロリーを消費できる点。先日、往復16kmを急ぎ足で歩いたら、翌日、ものすごい筋肉痛に襲われました。そのわりにウォーキングの消費カロリーはさほど多くありません。

そのため、私の「運動」はもっぱら自転車。
雨さえ降らなければ、最強のカロリー消費方法だと思います。
(編集B)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング