塩ウニをのせて! “鶏肉とかぶのみぞれ鍋”【絶品鍋レシピ28days】

焼き目をつけて香りを出した鶏肉に、柚子こしょうを溶き入れた“鶏肉とかぶのみぞれ鍋”を料理家・小泉瑚佑慈さんがご提案。ウニをのせれば、一気に引き締まった味わいに!

“気分が上がる鍋”

「食材や調味料の組み合わせの新鮮味。うま味と香りをいかにうまく出すか。この2点に留意して、少しだけ贅沢な鍋を考えてみました」(小泉さん)。三ツ星料理人の極意は、組み合わせの妙とうま味&香りにあり!

鶏肉とかぶのみぞれ鍋

鶏肉は皮目に焼き目をつけて香りを出して。柚子こしょうを最後に溶き入れ、各自で、塩ウニをのせるのが味の決め手。
塩ウニをのせて! “鶏肉とかぶのみぞれ鍋”【絶品鍋レシピ28days】_1_1
材料(4人分)
鶏もも肉...............................................1½枚
かぶ....................................................5個
かぶの葉..............................................3個分

A 
だし....................................................1ℓ
薄口しょうゆ.........................................40㎖
みりん.................................................35㎖

水溶き片栗粉........................................小さじ2
柚子こしょう....................................... 適量
塩ウニ................................................1瓶(約60g)
サラダ油..............................................適量
作り方

1.かぶは皮をむいて2個は4等分に切り、3個はすりおろす。葉は小口切りにする。

2.フライパンにサラダ油を入れて中火にかけて熱し、鶏肉の皮目を焼き色がつくまで焼き、ひと口大に切る。

3.鍋にAを入れ、1のかぶのすりおろしを加え、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけたら、2の鶏肉と1の4等分に切ったかぶを入れる。火が通ったら、かぶの葉をのせ、さっと火を通す。

4.3に柚子こしょうを溶き入れ、器に盛る。塩ウニを各自のせていただく。

塩ウニをのせて! “鶏肉とかぶのみぞれ鍋”【絶品鍋レシピ28days】_1_2
鍋奉行ポイント
各自で取り分けたら、瓶詰めの塩ウニをたっぷりのせてどうぞ。ウニの風味が優しい味を引き締める。塩ウニは、スーパーで入手できるリーズナブルなもので十分。
教えてくれたのは……
「虎白」料理長 小泉瑚佑慈(こうじ)さん
ミシュラン三ツ星店「虎白」料理長。日本料理の基本を踏まえ、さまざまな食材や調味料を使いこなし、ジャンルを越えた味作りをする。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング