フードライター白央篤司さんに教わる東日本のご当地鍋五選

地方食の著書も多い白央篤司さんに教わった、 昔から食べられている郷土鍋と地元の食材をアレンジした東日本の新ご当地鍋のレシピをご紹介。

1.[北海道]石狩鍋

フードライター白央篤司さんに教わる東日本のご当地鍋五選_1_1
秋になると石狩川には鮭が遡上。その鮭を豪快に使った鍋で、あらから出るだしがなんともおいしい。ちなみに鮭の水揚げ量は北海道が日本一。石狩地方は縄文時代から鮭漁が行われていたと伝えられる。
材料と作り方(2人分)
鮭のあら200gに軽く塩をして10分おく。キャベツ250g、玉ねぎ1/2個、木綿豆腐1丁を食べやすい大きさに切る。あらをサッと洗い、昆布だし1ℓとともに鍋に入れて、10分ほどアクをとりつつ煮る。生鮭2切れ、野菜類、味噌40g、バターひとかけも加える。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング