フードライター白央篤司さんに教わる東日本のご当地鍋五選

2017年1月18日
地方食の著書も多い白央篤司さんに教わった、 昔から食べられている郷土鍋と地元の食材をアレンジした東日本の新ご当地鍋のレシピをご紹介。

1.[北海道]石狩鍋

秋になると石狩川には鮭が遡上。その鮭を豪快に使った鍋で、あらから出るだしがなんともおいしい。ちなみに鮭の水揚げ量は北海道が日本一。石狩地方は縄文時代から鮭漁が行われていたと伝えられる。
材料と作り方(2人分)
鮭のあら200gに軽く塩をして10分おく。キャベツ250g、玉ねぎ1/2個、木綿豆腐1丁を食べやすい大きさに切る。あらをサッと洗い、昆布だし1ℓとともに鍋に入れて、10分ほどアクをとりつつ煮る。生鮭2切れ、野菜類、味噌40g、バターひとかけも加える。

What's New新着記事

  • 上品素材が印象を刷新「レディなスエード」 五選

    マットな質感のスエードならシックな色みも悪目立ちすることなく、装いにマッチ。ヒールつきでエレガントなムードをプラスさせて。

    eclat五選

    2018年11月21日

  • 缶だけでときめくジャケ買いクッキー 五選

    古典の文様からフランスの意匠、クリスマス限定バージョンなどコレクション必須のデザインぞろい。

    eclat五選

    2018年11月21日

  • "合わせ"なら任せて。名脇役の「黒ニット」 五選

    目立ちすぎず、何を重ねても引き立ててくれる黒ニット。首にタイトに沿うタートル、上質なハイゲージ、ほどよくフィットするコンパクトなシルエットの3つを基準に選んで。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • 指名買いコスメはコレ!「50歳美容」に新しい時代が到来 五選

    今季は、大人の複雑な肌悩みに真正面から向き合い、応えてくれる、革新スキンケアが続々と登場。この秋冬にデビューした新製品の中から、課題が山積みのアラフィーの肌悩みを頼もしく解決する力と、未来の美しさを担うパワーに満ちあふれたスーパーアンチエイジングスキンケアのみを厳選してお届け。あなたの肌運命が変わる、最良の一品に出会える予感。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • おいしさの小宇宙、缶入りクッキーの世界へようこそ 五選

    見た目よりずっしりと重い包みをほどくと現れる、店名があしらわれた缶。そっと蓋を開けると、いっせいに幸せがあふれ出して、小さなクッキーがぎっしりとお行儀よく詰められている姿に、思わず歓声が。この冬のおもたせや贈り物、そして自分や家族のとっておきのおやつに、どれにしようか迷うのもまた幸せ。

    eclat五選

    2018年11月19日

FEATURE
ランキング