中部イタリアの郷土料理と豪快な炭火焼肉料理を堪能できる『Quattro Mani82』

若きシェフが腕を振るうイタリアンの相次ぐ開業が話題となった'19年のなかでも、個性が光る『Quattro Mani82』。高校時代のサッカー部仲間だという店主でソムリエの富松さんとシェフの鈴木さんの丁々発止のやりとりも味のうち、まるでイタリアの家族経営の食堂のよう。マニュアルに頼らないサービスとレシピだけでは作れないイタリアの味が二枚看板の、カジュアルながら大人向けの新店をご紹介。

『Quattro Mani (クアットロ マーニ)82』

SHINBASHI中部イタリアの郷土料理と豪快な炭火焼肉料理を

「手長海老とポルチーニのトマトクリーム風味」のリングイネ
パスタは手打ち含め8種がメニューに。ほのかにスパイスを効かせた「手長海老とポルチーニのトマトクリーム風味」のリングイネ¥2,800。
若きシェフが腕をふるうイタリアンの相次ぐ開業が話題となった’19年だが、なかでも個性が光る一軒。店主でソムリエの富松範臣さんと鈴木慎平シェフは、高校時代のサッカー部仲間。丁々発止のやりとりも味のうち、イタリアの家族経営の食堂のようだ。富松さんはかつて西麻布などで鉄板料理店や和食店を経営、鈴木シェフはイタリアで3年修業と経験も十分。マニュアルに頼らないサービスと、レシピだけでは作れないイタリアの味が二枚看板の、カジュアルながら大人向きの店だ。スペシャリテは豪快な肉の炭火焼き。とびきりの骨つき豚やあか牛を、特注の炭焼き台で焼き上げる。手打ちパスタや内臓料理など、鈴木シェフの修業先のエミリア・ロマーニャ、トスカーナの料理も充実。イタリア料理ビギナーにもコアなファンにもすすめたい。
あか牛のサーロイン
炭火焼き料理より「あか牛のサーロイン」(150g)¥4,400~(写真は約300g)。
お店は新橋でも駅前の喧騒からは距離をおいた一角にある
新橋でも駅前の喧騒からは距離をおいた一角にある。
テーブルは自分たちの手で塗装
テーブルは、自分たちの手で塗装。シンプルなしつらえのいいニュアンスになっている。
オリーブオイルやバルサミコ
オリーブオイルやバルサミコも料理に合わせ複数種類をそろえる。
(左から)鈴木シェフ、鹿島佑太さん、富松さん
(左から)鈴木シェフ、厨房で修業中の鹿島佑太さん、富松さん。
東京都港区新橋5の24の5根岸ビル1F
【TEL】03・6459・0682
11:30~14:00LO、18:00~22:00LO(土曜、祝日17:00~)
【休】日曜
  • 人気料理研究家が手がける、懐かしくて新しい洋食店『洋食KUCHIBUE』

    「グラタンは絶対に“噴火”していないと」と話す坂田阿希子さんが昨秋オープンした『洋食KUCHIBUE』。メニュー展開は時期替わりのメイン料理1、2種類を軸にコンビネーションサラダ、スープ、デザートと“少数精鋭”。その分ひと皿にきちんと手間をかけている。連日行列が絶えないお店の魅力をご紹介。

  • 名店出身のシェフのコース料理を堪能できる『イタリア料理 樋渡』

    麻布十番『ラ・コメータ』、表参道『フェチリタ』、麹町『ロッシ』などイタリア料理の名店で腕を磨き、神保町『ジロトンド』でシェフを務めた原さんが独立し、港区芝にイタリア料理店をオープン! 素材の味をまっすぐ楽しめるコース料理を、約100種類のイタリアのナチュラルワインとともに楽しめる注目の新店です。

What's New

Feature
Ranking