オリーブオイルでサックリ揚げ!「鯵とじゃがいものフリット」レシピ

春から夏にかけて旬を迎える「鯵」は揚げ物で楽しんでみてはいかがでしょうか。オリーブオイルで揚げることで、サクッとした食感に! 同じく旬を迎える「じゃがいも」を組み合わせた「鯵とじゃがいものフリット」を料理研究家の有元葉子さんに教えてもらいました。
教えてくれたのは…
有元 葉子(ありもと ようこ)

有元 葉子(ありもと ようこ)

料理研究家。台所道具のシリーズ「ラバーゼ」のプロデュースも手がける。100冊以上の著書をもち、エクラの連載を単行本化した大好評の『この2皿さえあれば。』の第2弾、『この2皿さえあれば。春夏編』(仮題・集英社)を5月末に上梓予定。

オリーブオイルで揚げたじゃがいもはサクッとして、いい香り!

鯵とじゃがいものフリット

材料(4人分)

鯵……3尾

小麦粉……適量

じゃがいも(インカのめざめ、キタアカリなど)……6 個

揚げ油(E.V.オリーブオイル)……適量

塩、レモン……各適量

作り方

1.鯵は三枚におろし、骨を抜いて、身の側に軽く塩をふる。


2.じゃがいもは皮をむいてくし形などに切り、ちょっとしょっぱいかな、と感じるぐらいの塩水にさらして、水気をきる。塩を入れた湯で5分ゆで、ザルに上げておく。


3.揚げ油を中温に熱して、2のじゃがいもを入れ、ときどきかき混ぜながら揚げる。二度揚げするか、揚げかごを上下させて、途中で空気に触れさせて揚げるとカラッと仕上がる。じゃがいもが膨らんでくれば揚がった証拠。角ザルに上げて、軽く塩をふる。


4.鯵を縦半分に切り、さらに斜めに切って細長くする。全体に軽く小麦粉をふって、中温の油で揚げる。きつね色になったら角ザルに上げ、軽く塩をふる。


5.3と4を器に盛り合わせて、粒子の粗い塩をふり、レモンを添える。

オリーブオイルで揚げたじゃがいもはサクッとして、いい香り!

「フリット=フライで、イタリア語で揚げ物全般をさします。オリーブオイルで揚げ物をしたことがあるでしょうか? まだならぜひ。ほかの油とは違うコクがあり、カラッと揚がってとてもおいしいです」

最近いろいろな品種が出まわっているじゃがいも。インカのめざめ、キタアカリなど違う品種を組み合わせると、色も味わいも違って楽しい。

「じゃがいもは水にさらしてデンプンを落とし、5分下ゆでして水分を抜いてから揚げます。こうするとサクサクに仕上がり、冷めても美味」

◎POINT

三枚におろした鯵を細長く切るだけで、いつもの鯵とは違うおしゃれな料理に。パウダー缶を使うと薄く全体に粉をまぶすことができる

三枚におろした鯵を細長く切るだけで、いつもの鯵とは違うおしゃれな料理に。
  • 春の香りと色を封じ込めて!「そら豆と海老のかき揚げ」レシピ

    油ハネが気になったり、後処理が面倒で、“揚げ物”は苦手……という人も多いですが、実はラクで失敗の少ない料理だという料理研究家の有元さん。この春は、シュワシュワッとしたお酒と揚げ物で家飲みを楽しみましょう。「そら豆と海老のかき揚げ」レシピをご紹介。

What's New

Feature
Ranking