これを待ってた! 押したい放題の降車ボタン

上野に行くと、つい買ってしまうのがガチャガチャ。バスや路面電車でおなじみの「降車ボタン」のキーホルダーがあったので、またしてもゴガガゴと回す。

「これが欲しい!」と思ったスタンダードなタイプに1回で当たったのがとても嬉しく、先日いただいた深川製磁製の合子に恭しく収めました。色味もいい感じ。

これを押して思い出すのは、かつて京都の市バスで、クイズ王ばりに降車ボタン(※本物)を早押ししたときのこと……。押す気満々だったらしいちびっ子からたいそう恨まれてしまいました。あの時の私がこのキーホルダーを携行していたら、「これを押すといい」と紳士的なふるまいができたのに。

そんなふうに「バスに乗りたい! ボタン押したい!」というお年ごろのご友人がいらっしゃいましたら、外出が危ぶまれる今、このグッズは何よりのプレゼントとなることでしょう。1回400円です。

※バッチリ光る様子と音声は、画像をクリックしてinstagramでご覧ください。
(編集B)

What's New

Feature
Ranking