銀座の名店が西麻布へ移転して新たな味を追求『日本料理 ときわ』

銀座で20年、大勢の食通を唸(うな)らせてきた『啐啄』が、名前を『日本料理 ときわ』に変え、西麻布へ移転。店内は、霧島杉、吉野檜などの銘木を随所に使い、壁は聚落壁、床は三和土。モダンな数寄屋造となっている。「日本料理は五感すべてでいただく料理」と話すご主人の西塚茂光さんは、40年間培ってきた料理人の知見と茶人としての美意識を、新しいお店に注ぐ。

『日本料理 ときわ』

【NEW OPEN】日本料理の名店がさらに進化し、生まれ変わって西麻布へ

「水貝」。蒸しあわび、 ゆでた車海老に、オクラ、モロキュウ、ラディッシュ、パプリカ、水なす。刷新しただしでジュレ仕立てに。西塚さん作のガラスの器に盛る
「水貝」。蒸しあわび、ゆでた車海老に、オクラ、モロキュウ、ラディッシュ、パプリカ、水なす。刷新しただしでジュレ仕立てに。西塚さん作のガラスの器に盛る
料理はコースのみ。例えば、古くからのあわび料理「水貝」を、パプリカや水なす、ラディッシュなどを加え、だしをジュレ状にして「今の味」にしたものなど、ほかではなかなか味わえない仕立ても登場。淡く深いだしの味も秀逸だ。どれも「しみじみおいしい」ものばかり。腕利きの料理人の技をじっくり味わえる珠玉のお店の登場。季節ごとの楽しみに通いたい。
冬瓜と鰻の小鍋。焼いた鰻を筒切りにして、仕上げの実山椒がピリリと 
冬瓜と鰻の小鍋。焼いた鰻を筒切りにして、仕上げの実山椒がピリリと
カウンタ―は吉野檜の一枚板。個室とテーブル席あり
カウンタ―は吉野檜の一枚板。個室とテーブル席あり
ご主人の西塚茂光さん(右)。後進を育てるのも責務と、松本一樹さん(左)を料理長へ。ふたりのタッグも楽しみ
ご主人の西塚茂光さん(右)。後進を育てるのも責務と、松本一樹さん(左)を料理長へ。ふたりのタッグも楽しみ
東京都港区西麻布1の9の7シュウエツレジデンスⅡ 1F
【TEL】03・3405・1237
17:00〜20:15LO
【休】日曜、祝日
おまかせコース¥18,000 〜 要予約
  • 日本人が生み出す絶品中国料理が東京に『中国菜 エスサワダ 西麻布』

    美食の街、大阪が生んだ中華の新星『エスサワダ』が今年2月、東京・西麻布にお目見え。名門、香港『福臨門酒家』で修業した澤田州平シェフが、確かな火入れで素材の持ち味を引き出し、旬の食材から着想を得たクリエイティブな料理は、幅広くそろうワインとともに味わいたい。

  • 異文化の香りを気軽に楽しめるビストロ『will o’ wisp』

    『will o’ wisp』は、代々木八幡『PATH』で立ち上げから3年シェフを務めた光安北斗さんが、幡ヶ谷の商店街の入口で開いたビストロ。技術の軸足はフランスに、自由な表現はニューヨークに。世界で修業した経験が、店のカラーになっている。立ち飲みもウェルカムな居心地のよい新店の魅力をレポート!

What's New

Feature
Ranking