センスのいい家には“美しい絨毯”がある【エクラ世代からの本気のインテリア】

家時間が長くなり、今まで以上に“住”に関心を寄せる人が増えたという。とはいっても家や家具を買い替えるのは大変なこと。それよりも気軽に、お家を上質な空間へと変えるアイテム・方法から初めてみて。今回は「絨毯」の魅力をインテリア・エディターの鈴木さんがご紹介します。
提案してくれるのは…

インテリア・エディター 鈴木奈代さん

これまで取材した家は数百軒。雑誌などを中心に家・暮らしにまつわる提案をする。旅先でも気づくと建物、家具屋をめぐっているインテリアおたくのエクラ世代。

“まずは1カ所。美しい絨毯には空間の質や空気まで変える力が”

かつてないほど、家で過ごす時間が長くなりましたね。“住”環境が気になりだしたかたも多いと聞きます。とはいっても家や家具を買い替えるのは大変なこと。それよりも気軽に、しかも効果的に印象を変えられるアイテム・方法を3回にわたり提案します。第1回目は“絨毯”。広い面積を覆う“背景”となる絨毯ではなく、小ぶりだけどそれを敷くことで空間の空気や質まで変わるような“主役”となる絨毯を紹介します。インテリアが思いどおりにならないと嘆くかたは、まず1カ所に気に入った絨毯を敷いてみては? するとそのコーナーがいきいきと輝きだし、絨毯に合わせて絵でも飾ってみようとか、ランプを置いてみようなど、しつらえを楽しみたくなります。

また、最近ではLDKがワンルームになった家も多く見かけます。とかく間延びしがちな大空間は、壁で仕切らずとも絨毯を敷くことで、ゆるやかにゾーニングできます。仕事スペース、趣味のスペース、読書スペースなど、絨毯が結界のような役割を果たし、魅力的なコーナーが生まれます。絨毯を敷いたお気に入りのコーナーを増やしていったなら、家じゅうが愛すべき心地よい空間になっているはず。美しい絨毯には、人もペットも、美しい家具や小物さえも、自然と集まってきますから。
絨毯

《1》ベージュの蓮花模様と藍色の蜀江文(しょっこうもん)の格子文様のコントラストが美しい。「DesignNo.062」70×183cm ¥478,000/MUNI 南青山本店

《2》鮮やかな色合いのバルーチ族のヴィンテージ絨毯。「トライバルラグ」103×138cm ¥97,000/Layout

《3》まるで何十年と使い込んだペルシャ絨毯のような風合いを再現した上質な絨毯。「Antiquarian ジャニサリー マルチ」140×200cm ¥130,000/orbitex AOYAMA

《4》伝統的なメダリオン柄をニュアンスある翡翠色で仕上げた。「Fading World ジェイド」140×200cm ¥108,000/orbitex AOYAMA

《5》1820年創業のイランの老舗、ミーリー工房の絨毯。マラーイェル地方のパイル織でブルーと赤の美しい絵柄が目をひく。「アングール」77×131cm ¥470,000/ミーリーコレクション

 

掲載した絨毯が買えるのは…

Layout(10月中旬移転オープン)
東京都目黒区青葉台2の20の14青和ビル1F
TEL:03・5773・5721
11:00〜19:30 休:水曜
https://shop.layout.casa/

ミーリーコレクション
東京都港区白金台5の3の7
TEL:03・3440・9391
10:30〜19:00 休:火曜
http://miricollection.com

MUNI 南青山本店
東京都港区南青山4の1の15 ベルテ南青山102
TEL:03・5414・1362
11:00〜17:00 休:火曜
https://muni.co.jp

orbitex AOYAMA
東京都渋谷区神宮前2の5の6 アマデウスハウス1B
TEL:03・3404・5070
11:00〜19:00 休:火曜(祝日営業)
http://orbitex.jp

  • 【憧れの住まい】おしゃれで心地いい「クリエイターの家」

    家で過ごす時間が多くなった今、住環境への関心が高まっている。アラフィー世代の女性たちは一体どんな暮らしをしているのか。人気ファッションディレクター&デザイナーの素敵なセンスは暮らしの空間にも。おしゃれな4人のクリエイターたちの自宅拝見。大人だからこそ実現できる、こだわりがたくさんつまった憧れのインテリアがここに。毎日をごきげんに過ごすためのアイデアを参考にして。

  • 「インテリアグリーン」をセンスよく飾る7つのアイデア

    部屋の観葉植物や花に癒され、ベランダや庭で野菜を育てるようになった人も多いのではないでしょうか。グリーンをセンスよく取り入れ、心地よく過ごしませんか。インテリアに精通するプロに、手持ちのグリーンを素敵に飾る方法を教えてもらいました。

  • 暮らしを美しく、心地よく、豊かにしてくれる『京都の新名品』

    老舗の名品、憧れの宿の逸品、古今の職人の手仕事…。長年、京都で愛される名品も、時代に合わせてアップデートされ、より使いやすく洗練されている。職人の技が光る衣食住にかかわるキッチン用品や和のインテリア、季節の花など、お取りよせ可能な京都メイドの”新名品”をご紹介。

What's New

Feature
Ranking