器好きの心ときめく!軽やかな古物と人気作家の器をオンラインで【“京の新名品”で暮らしを美しく】

毎日の食事に欠かせない器。いつもと違う器を使うだけで、暮らしに変化が出て楽しい気分に。おうち時間が増えている今、生活をより豊かにするために、“器”を新調してみてはいかがでしょうか。

うつわと古物 幹「骨董や器」

人気作家の器と古物をさりげなく合わせ、空間全体で独自の雰囲気を醸し出すショップ。セレクトと取り合わせの妙で、古今と和洋のものをしっくりとなじませ、ふだん使いできる器を提案している。「ザ・骨董というより手が届くもの。現代のものは古物へのリスペクトを感じる作家の作品で、なにより自分が欲しいもの」が店主の目線。感覚が近い作り手の作品、織部や美濃の古い器、買い求めやすいヨーロッパや日本の古物を集め、机や椅子などの什器も販売している。サイトでも店の空気を感じながら購入でき、器好きなら心ときめくはず。

安洞雅彦の器

織部のあと、江戸時代に生まれた御深井焼(おふけやき)を再現した安洞雅彦の器。各¥5,500。

さまざまな国や時代の古物

さまざまな国や時代の古物。ドイツのテーブルランプ¥62,700・¥35,000、ギリシャの金属皿¥12,000、ピューターボトル¥18,000、日本のオイル挿し¥500、フランスの金彩ガラスボトル¥5,500、壁にかけたアメリカの木のとめ具¥5,000。須恵しのぎ蓋物¥4,950のみ現代で松葉勇輝作。

急須

伊羅保急須¥17,600、黒釉面取茶杯 各¥3,300。タナカシゲオ作(すべて税込。サイトの価格は税別・送料別)

1階には古物、2階には作家の器を置く

1階には古物、2階には作家の器を置く。

うつわと古物 幹

京都市上京区河原町通丸太町上ル出水町274

☎070・2181・4605 不定休

https://utsuwatokobutsu-kan.com

※電話かHPで注文

What's New

Feature
Ranking