心身を癒やし、活性をもたらす。山田松香木店の「和の香り」【“京の新名品”で暮らしを美しく】

コロナ禍でストレスが溜まりやすく、心身ともに癒やしが必要なとき。古くから魔よけとして用いられてきた“香”を、生活に取り入れてみては? 山田松香木店から、オンラインショップでも購入できる香りのアイテムをご紹介。

山田松香木店「和の香り」

白檀や伽羅、桂皮などの香木や薬の原料となる生薬を用いた日本独自の香り。自粛生活が続く中、疫病を払い、平穏無事な日々に戻れるよう祈念をこめた商品を充実させ、薬玉もそのひとつ。平安朝のころから不浄や邪気を払う道具として使われ、竹籠の中に香りの袋を詰めた「薫籠 薬玉」はオリジナルの逸品。現代の暮らしに合わせて調合したゆかしい香りが漂い、心身を癒し、活性をもたらしてくれる。気がゆるめられない日が続く今、鎮静の香りとなる。

薫籠 薬玉¥2,800、飾り台¥2, 500。

白檀など10種類以上の香木や香原料をブレンドした薫籠 薬玉¥2,800、飾り台¥2,500。3色の鈴つきの匂袋を入れ、赤色の袋を紫色に替えた薬玉もある。

訶梨勒

解毒、解熱の薬効があるとされる訶梨勒(かりろく)の実をひと粒しのばせた掛け香¥1,200(送料別)。平安時代には疫病を避ける魔よけとされていた。

薬箪笥

御所西に暖簾(れん)を掲げる江戸時代から続く香木専門店。生薬や香原料を壁一面の薬箪笥に納め、希少な香木も多数扱う。

山田松香木店

京都市上京区勘解由小路町164

☎075・441・1123 無休(年末年始を除く)

https://www.yamadamatsu.co.jp ※電話かHPで注文

What's New

Feature
Ranking