アートや照明も大切な要素。行正り香さんのインテリアのこだわり公開

家時間を大切にしているクリエイターたちが、インテリアづくりで心がけていることとは? 自分らしい心豊かな暮らしを実現している料理研究家・生活空間プランナーの行正り香さんに話を伺った。
行正り香さん(料理研究家・生活空間プランナー)

行正り香さん(料理研究家・生活空間プランナー)

出版した料理本が多くの支持を得、料理、インテリアなど多方面で活躍。英語アプリ「カラオケEnglish」のプロデュースも手がける。インスタ@rikayukimasaも大人気。近著は『行正り香の家作り ヒュッゲなインテリア』(講談社)、『音から学ぶ小学生英語』(新泉社)。

椅子とテーブルでコーナーを。アートや照明も大切な要素

行正さんが大切にするルールが、大きなソファを置かないこと。かわりに座り心地とデザインのいい椅子と、コーヒーテーブルを置いたコーナーを数カ所つくり、シーンや気分によって過ごす場所を変えて楽しんでいる。簡単に動かせるから、模様替えが気軽にできるのも魅力だ。そしてコーナーには必ず美しい照明も。

「照明やアートもインテリアの大切な要素です。照明は比較的気軽に、しかも大きく印象を変えられますし、アートがあるのとないのとでは大違い。空間の質、空気感が違ってきます」


自分の“好き”を見極め、インテリアを整えたら、花を生け、食卓をしつらえる。そんな日々の積み重ねが美しい暮らしを育み、心地よさへとつながっていく。美しいと思えるものだけに囲まれた暮らしは、またさらなる美しいものを引き寄せるのだ。

ローズウッドのダイニングテー ブル&チェアは、行きつけのイ ンテリアショップ、『ルカスカ ンジナビア』で購入。

ローズウッドのダイニングテーブル&チェアは、行きつけのインテリアショップ、『ルカスカンジナビア』で購入。座面は使い込むほどに味わいを増すヌメ革。深紅のラグはギャッベ、ペンダントランプはルイスポールセンのPHアーティチョーク。

ガラスブロ ック奥に位置する部屋。

1枚目の写真のガラスブロック奥に位置する部屋。グレーの絨毯は同じだが、LDKとは雰囲気を変えて壁をイタリアンスタッコ塗りの薄いブルーグレーにし、ブルーとオレンジをさし色にして美しくまとめている。

「訪れた記念に」と旅先でオブジェやアートを 購入することも

「訪れた記念に」と旅先でオブジェやアートを購入することも。ベトナムの仏像も旅先で。

柿右衛門窯の器や古伊万里など、器はネットオークションなどで購入

「ローズウッドのテーブルは、和食器ともとても相性がいいんです」。柿右衛門窯の器や古伊万里など、器はネットオークションなどで購入。

LDKのピアノの横につくられたもうひとつのくつろぎのコーナー。

LDKのピアノの横につくられたもうひとつのくつろぎのコーナー。チェア、クッションとさし色の赤が効果的にあしらわれている。

座面のペーパーコードが白いYチェアは最近見つけたもの

座面のペーパーコードが白いYチェアは最近見つけたもの。もともと持っていたYチェアと並べて使用。ラグはパキスタンのもの。

窓辺には寝転んだり、くつろぐのに最適なベンチシートをつくった。

窓辺には寝転んだり、くつろぐのに最適なベンチシートをつくった。下にはCDやプレイヤーなどさまざまなものを入れる収納を確保。

アクセントとなっているクッションはトルコで見つけたもの

アクセントとなっているクッションはトルコで見つけたもの。

お教室開催時に大活躍の10人は座れる大きなテーブル

お教室開催時に大活躍の10人は座れる大きなテーブルは、Yチェアと同じハンス・J・ウェグナーのデザイン。シャンデリアはベネチアで購入した。「テーブルには花やキャンドルを欠かしません」と行正さん。

What's New

Feature
Ranking