【2022年、運気を上げるヒント】青木良文×レイコ・ローラン対談3「恩返しより恩送りの精神で新しい自分に!」

次の2022年に開運スイッチを入れる日常のTIPSを、青木良文とレイコ・ローランが伝授する対談、全3回の最終回。ライフスタイルや価値観が変化する「風の時代」、アラフィー女性に必要なのは“恩返し”より”恩送り”。2022年は新しい自分に生まれ変わる好機かも!
ファッション&占いエディター 青木良文

ファッション&占いエディター 青木良文

商社勤務を経て編集者に。現在はモード誌やウェブメディアなどでファッションと占いの編集を担当。自身も占いや開運法を実践し、ポジティブなメッセージを広く発信する。女優やインフルエンサーからの信頼も厚い。
アラフィー占星術師 レイコ・ローラン

アラフィー占星術師 レイコ・ローラン

London School of Astrology認定占星術師。日欧で西洋占星学の研鑽を積む。詳細なホロスコープを用いた西洋占星術を専門とするほか、兄弟的占術である数秘術も研究を深める。自身もエクラ世代でファッション好き。

過去を見る恩返しより未来につなげる恩送りの精神で

レイコ ところで、青木さんは毎年財布を新しく変えたほうがいい、と提案していますよね?

青木 はい。お財布ライフを楽しもう、と。’22年はベージュ、アイボリー、ラベンダーが財布のラッキーカラー。使い始めに運気が決まるので、財布を下ろしたときに意味のあることにお金を遣ってほしい。


レイコ ということは1年しか使わないのね。去年のはどうするの?

青木 若い世代の友人に1万円札を入れて譲ります。


レイコ えええええ! 太っ腹!

青木 僕、最近プライベートでは25歳以下のいわゆるZ世代とよく遊んでいます。彼らから軽やかな感性や新しい価値観を学ぶことが、仕事にも人生にもプラスに働くので。

レイコ 彼らってすごくフラットで、年齢や性別で人を区別しないですよね。私たちでも楽しく話せちゃう。


青木 平等な人間関係が軸なので、上からものをいう人の話は聞かないけど、リスペクトできる人とは喜んでつながろうとしてくれます。

レイコ エクラ読者の娘や息子世代だけど、「風の時代」の生き方を子供から学ぶこともできるわけね。


青木 そうです。僕はシングルだし、子供もいないから、彼らから新しいマインドを学ぶかわりに、成長をサポートしてあげたい、と思っていて。何かをしてもらった人に恩返しするのは過去を見ている行為。でもこれからは自分が受けた恩を次の世代に送る“恩送り”の時代じゃないか、と。だから僕がしたことで救われたりうれしかったりしたら、次の世代に送ってね、と伝えるんです。

レイコ 恩返しじゃなくて恩送り!それこそ個の時代のシェアマインド。


青木 過去に縛られないで未来を見ないと。もうもとには戻りませんから。


レイコ 来年は新しい自分に生まれ変わる好機かもしれませんね。

青木良文×レイコ・ローラン対談 恩返しより恩送り

「風に合わせてしなやかに揺れる自分軸を養って」青木良文

「伝統に縛られず変化を楽しみもっと自由に」レイコ・ローラン

 
  • 12星座別【根っこキャラ占い】でもっと自分を知って幸せに!

    12星座別【根っこキャラ占い】でもっと自分を知って幸せに!

    各星座には、その根っこに潜む驚きのキャラクターがあった! “本来の自分らしさ”を知れば、もっと人生のクオリティが上がるはず! 「怖いほど見透かされる」と評判の【根っこキャラ占い】、まずは自分の星座の“根っこキャラ”を確認して。

What's New

Feature
Ranking
Instagram