シミだと思ったら実は違った!放っておくと怖い50代からの皮膚疾患【小田ユイコ×すがも小林皮フ科院長 小林道子先生対談#1】

いつかは美容医療のレーザー治療で取ろうと思っている顔のシミ。治療後のダウンタイムを隠せるマスク着用のコロナ禍のうちに、とそろそろ治療を受けようと思っている人も多いはず。でも、ちょっと待った! そのシミ、本当にレーザーで取れるシミなの? レーザーが適していないのにうっかり当ててしまうことによる弊害は? 50代以降のシミ取りのプロ、皮膚科専門医の小林道子先生に話をうかがいました。
小林道子先生

小林道子先生

すがも小林皮フ科院長。昭和大学医学部卒。医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。都立大塚病院、総合高津中央病院 皮膚科医長、雨宮病院 皮膚科医長を経て、平成25年にすがも小林皮フ科開院。

▶︎クリニック公式サイトへ

小田ユイコ

小田ユイコ

美容ジャーナリスト。出版社に勤務後、独立。『eclat』『MAQUIA』『LEE』『BAILA』などの女性誌や、WEB媒体で美容記事を執筆。「美しさは健康から」をモットーに、女性のカラダに関する取材を長年にわたり行う。1965年生まれ。
そもそも、今回の取材をすることになった発端は、知り合いの50代女性がシミ取りレーザー治療を受けたところ、1年後その部分にまたシミができてしまったこと。再発にしては早すぎると思い、別の皮膚科を受診したところ、シミではない「要注意の疾患」であることが判明。50歳を過ぎたら、安易なシミ治療は禁物ということ?
シミのトラブルに悩む50代女性

シミ取りレーザーから1年後、その部分に赤いシミが。これはいったい?

小田:私の知り合いがシミ取りレーザー治療を受け、その1年後にできた赤いシミ。その診断名は「日光角化症」だったそうです。日光角化症とは、どのような症状なのでしょうか。

小林先生:アラフィー世代以降の年代に多く発症する皮膚がんで、顔や手の甲など、日焼けを繰り返している部位に見られる疾患です。大きさは様々で、皮膚の表面が少しカサカサしているのが特徴。色は淡い赤みを帯びていたり赤褐色で、一見シミ(老人性色素斑)のように見えます。

小田:私の知り合いは、日光角化症は放置するとがん化する恐れがあると医師から告げられたのようなのですが、そもそも皮膚がんなのですね。

小林先生:はい、日光角化症は皮膚がんなのですが、皮膚の浅いところにとどまっているがんで、転移することはなく、きちんと治療すれば生命に問題はありません。進行すると、「有棘細胞がん」に移行します。放っておかず、早期の治療が肝心です。今は、多くの場合イミキモド(べセルナクリーム)という2011年から保険適用になった塗り薬で治療できます。日光角化症かなと思ったら、すぐに皮膚科を受診することをおすすめします。

小田:有棘細胞がんとはどのような病気ですか?

小林先生:毎日浴びている紫外線の影響、環境中の汚染物質などが引き金となり、皮膚表面の角化細胞ががん化する病気です。硬いイボ状のしこりに、潰瘍やかさぶたを伴うこともあります。放っておくと増大し、リンパ節などに転移する悪性度の高い皮膚がんなので、侮れません。

  • 50代の日光角化症の症状

    小田の知り合いが日光角化症に。シミ取りレーザー治療を受けた1年後、赤みのあるシミが。

  • 50代の日光角化症の1ヶ月治療経過

    イミキモド(べセルナクリーム)で、1か月治療。途中かさぶたが。

  • 50代の日光角化症の治療終了した時の症状

    その後1カ月休薬。薬が効き、治療は終了に。

アラフィー世代以降、シミに似た「シミもどき」に要注意

小田:日光角化症になったのは、シミ取りレーザー治療を受けたことと関係がありますか?

小林先生:1回のレーザー治療が直接的に日光角化症を引き起こすことはあまり考えられません。

この方の場合、シミ(老人性色素斑)と日光角化症が混在していたのかもしれませんね。その場合、そもそもシミ取りレーザーでは日光角化症は取れないので、表皮内に残存していた日光角化症が徐々に増大して、1年後に見つかった可能性があります。日光角化症がある場合、レーザーが刺激となり、悪化を誘発することもあるので、注意が必要です。

また日光角化症は、慢性的に紫外線を浴びることによって生じる、表皮ケラチノサイトのがん化と言われています。シミ取り後の皮膚や色白な方は、紫外線から皮膚を守るメラニンが少なく、無防備に刺激を与えたり、紫外線を浴びたりすることは、日光角化症を引き起こす可能性を高めます。

小田:今回初めて、日光角化症の存在を知りました。エクラ世代以降、日光角化症のような「シミもどき」が出る可能性は増えますか?

小林先生:年齢を重ねた肌は、若い世代にくらべ紫外線を浴びてきた蓄積が大きいので、可能性は増えます。紫外線の浴びすぎは、日光角化症以外にも、脂漏性角化症(老人性いぼ)や、基底細胞がん、メラノーマといったがんを招く原因に。いずれも一見、シミ(老人性色素斑)のように見えます。日ごろからUVケアを徹底するのはもちろんのこと、シミの治療を受ける際は、シミ(老人性色素斑)以外の疾患の可能性を知っておき、適切な治療を受けることが大事です。

50歳になったら、「シミのようでシミではない疾患=シミもどき」かもしれないと、疑ってみる必要があるのですね。次回#2では、誤って不適切な治療を受けないための、クリニック選び、シミのようでシミではない疾患だった場合の治療法についてうかがいます。ぜひ、ご一読ください。


▼こちらの記事もチェック

What's New

Feature
Ranking