“金沢上級者”がご案内 金沢ならではの絶品料理 五選

2017年12月6日
eclat1月号では、多彩な金沢の魅力の中からピックアップした食のお店をご紹介。“金沢鮨”を気軽に楽しめたり、そば会席、金沢の奥深さや品格を感じさせる割烹など“ディープ金沢”を知ることのできるお店ばかりです。

1.千取(せんとり)寿し

“金沢鮨”の奥深さに感動!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

2代目・吉田勝昭さん(右)と3代目の和久さん(左)。「昔ながらの伝統と4つの"り"(しゃり、ガリ、のり、上がり)を大切にしたい」
香箱蟹の酢の物「香りの箱」。時価。柔らかな酢使いで蟹の甘さがきわだつ
「ブリ」は2代目ご主人の握り。甘さの中に酸味の余韻が残り、優しい味わい
「ブリの漬け」は3代目若主人のスペシャリテ。金沢人にとって、ブリは正月に妻の実家から夫の実家へ贈られるほど、大切な"出世魚"。当初、2代目のご主人は出すのを渋ったというが、あまりのおいしさに許しが出たという
3代目が握る「たらの白子」。口の中でとろっととろける。金沢は、もともとは関西の押寿司が主流だった。「北陸の魚はイキがいいのだから鮨屋を」と初代の奥さまの進言で始めたという

鮨屋では珍しい通し営業だから、使い勝手もいい。午後3時くらいから「加賀鳶」でほおばるのが最高。―編集部・W

「『今日は何があるの?』って入ってくるお客さんの好みに合わせて握るのが鮨屋の本懐」と語るのは御年75歳の2代目のご主人・吉田勝昭さん。カウンターに並ぶ2つのネタケースは、そんな矜持の表れだ。その横で次々ときれいな“仕事”を見せるのは3代目の和久さん。昭和28年創業、“金沢鮨”のルーツとして一目置かれる存在だ。端正な握りは北陸の魚の魅力が素直に感じられ、すしめしとのバランスのよさに驚く。ぜひ味わいたいのが和久さん考案の「ブリの漬け」で、「やっと親父の許しが出た握りです」と笑う。
「派手さはないけど、きれいな鮨といわれるとうれしい。父が守ってきたスタイルはずっと守りたいですね」と和久さん。おふたりの話を聞きながら熟練の技を堪能したい。
石川県金沢市石引1の17の3 ☎076・221・5057 11:00~23:00 ㊡木曜 ¥5,000(10貫、味噌汁つき)くらいからが目安

What's New新着記事

  • 【大公開】食通が選ぶ!年末年始のごちそうお取り寄せ 五選

    eclat1月号では、年末年始に活躍する“ごちそうお取り寄せ”をご紹介。ル・コックの「ローストチキン」や、「かしわ折詰」「ちゃんこ鍋セット」「ローストビーフ」北山杉が香る鯖寿司などが、家でおいしく味わえます。これさえあれば年末年始のテーブルがいっそう華やかに。

    eclat五選

    2017年12月13日

  • 年齢に合わせてアップデート!50歳のリトルブラックドレス 五選

    古くはA・ヘップバーン。少し前は日焼けした肌で着こなすミラノマダムをお手本にと、’90年代に大ブレイクしたリトルブラックドレス。"一生もの"と思った一着も、時の流れとともに今の自分に合わせた選び直しがマスト。成熟した女性にふさわしい、進化したデザインに注目!

    eclat五選

    2017年12月12日

  • 小さい財布が幸せを連れてくる! 五選

    手帳やメモもスマホにまとめられる今、荷物の少ない人が軽やかでおしゃれ。それに伴い、今、財布は小さいサイズが大人気。手のひらに乗る愛らしさ、お札やカードも入る機能性、どちらも満足の財布でスマートに新年をスタート。

    eclat五選

    2017年12月12日

  • 品のあるフェミニンワンピースで、好感度の高い同窓会ファッションに 五選

    洗練された空間で行われる同窓会には、上質な素材感や色でリュクスなムードを演出するワンピースを選びたい。着席での食事も幸せ見えする華やぎをキープできるデザインや、ほんのり甘さをきかせたデザインなら、地味にならずクラシカルな場にもふさわしい!

    eclat五選

    2017年12月10日

  • スニーカーは大人配色で魅せる"バイカラー"でおしゃれ見え 五選

    おしゃれを格上げして気分よく堂々と振る舞うことのできるスニーカーといえば? レトロ&フューチャーなモデルにこだわりの配色が、スニーカー通のこなれ感を醸し出す。大人カジュアルのアップデートに推薦!

    eclat五選

    2017年12月9日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング