年末年始のおもてなしに! 有元葉子の素敵な“おうち女子会”神レシピ

2017年12月7日
「女性ばかりで集まって、食べながら飲みながら、おしゃべりするのは本当に楽しい」と有元葉子さん。eclat1月号では、目も舌も肥えたゲストを魅了する有元レシピと段取りの秘密をご紹介!

肉と野菜の煮込み=ボリート

【材料】
牛かたまり肉(ブリスケ=牛の肩のバラ肉など.....600g
にんじん(皮をむく)...................... 小6本
水.................................................... 適量
塩、ローズマリー........................各少々
【前もってやっておくこと】
圧力鍋に牛肉、かぶるぐらいの水、塩、ローズマリーを入れてふたをし、圧がかかってから20分加熱する。火を止めて、いったん圧を抜いてふたを開け、にんじんを加える。再び火にかけて、圧がかかってから3分加熱する。ゆで汁につけたままひと晩おく。

【直前にやること】
❶牛肉とにんじんを温める。
❷2種類のソースを作って添える。

赤いソース

【直前にやること】
❶トマト2個をフードプロセッサーにかけて、軽くつぶす。
❷にんにく1片、ハラペーニョ1本、香菜2枝をそれぞれみじん切りにして、①に加える。トマトペースト少々、オリーブオイル適量を加えて好みの味にする。

緑のソース

【直前にやること】
アンチョビ2切れ、にんにく1片、ケイパー(塩抜きしたもの)大さじ1、イタリアンパセリ3枝、バジル1〜2枝、オリーブオイル適量をフードプロセッサーにかけて、ちょっとドロっとしたソースにする。

ピスタチオの玄米ごはん

【材料】
玄米........................................... 2カップ
水........................................... 2カップ強
オリーブオイル、塩.....................各適量
ピスタチオ............................. 1/2カップ
【直前にやること】
❶玄米はサッと洗い、カムカム鍋(圧力鍋用陶器製内鍋)に入れて分量の水を加え、水をはった圧力鍋で炊く(圧がかかってから50分ぐらい)。
❷ピスタチオは粗くくだいて、オーブンで軽くローストするか、フライパンで空煎りする。
❸炊き上がった玄米を箸でほぐしながらオリーブオイルをまわしかけ、塩を軽くふり、②のピスタチオをのせる。

サラダ

【前もってやっておくこと】
プリーツレタス、クレソン、紫キャベツを洗って水気をきり、ザルを重ねた大ボウルの中に入れて、ステンレスのふたをして冷蔵庫に入れておく。

【直前にやること】
食べやすくちぎり、オリーブオイル、塩、ビネガー、こしょうであえる。
【SHINYAさんのコメント】
「今回のメニューは、体調を整えるために食事に気をつけている私のことを考えて用意してくださっているのがわかり、感動しました。ヘルシーでおいしくて美しい、本当に素敵なテーブルです」
【千葉美枝子さんのコメント】
「仕事でもプライベートでも有元先生と一緒の時間はとびきり楽しく、学ばせていただくこともたくさん。今日の献立も、しっかりメモ。前菜がたくさん、ってすごく素敵なアイデアです」

What's New新着記事

  • 食のプロがおすすめ!鍋をぐっとおいしくする「あるとうれしい調味料」五選 

    eclat2月号では、食のプロたちが、おうち鍋をさらにおいしくする“調味料”をご提案。つけダレとして使ってもおいしい「唐芙蓉」、野菜仕立ての鍋によく合う「パクチーレモンオイル」や、モロッコの辛味調味料「アリッサ」など常備したいとっておきのアイテムばかりです。

    eclat五選

    2018年2月22日

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング