簡単なのに見栄えがいい! 料理上手“神6”の最高レシピ

2017年12月21日
eclat1月号では、チームJマダムに“とっておき集まり料理”をリサーチ。誰でも気軽に作れそうな、この冬の集まりにぴったりな「いつも喜ばれる一品」をレシピ付きでご紹介!

1.アラフィー女性が集まったら『体調を整える薬膳参鶏湯』

宮田裕子さん
「冬は薬膳食材をふんだんに使った参サム鶏ゲ 湯タンが定番です。中抜きした丸鶏にもち米や松の実などを詰め、韓国で掘ってきた高麗人参や、イライラを鎮めるハスの実、血をつくるナツメ、滋養豊富なアワビなどを入れて水から煮込むだけ。塩などを添えてお出しします」
【材料】
丸鶏の中抜き...................1羽
もち米............................ 適量
漢方食材(松の実、ナツメ、
にんにく、アワビ、長いも、
高麗人参、栗)............各適量
水................................... 適量


【作り方】
❶丸鶏にもち米と松の実、栗、ナツメ(用意した半量)、にんにく(同)を詰める。口を爪楊枝数本で閉じる。
❷鍋に①の丸鶏と長いも以外の漢方食材を入れ、ひたひたになるくらいの水を加えて火にかける。
❸沸騰したら弱火にして煮る。アクをとりクッキングシートで落としぶたをし、鍋のふたを少しずらして閉じて3時間ほど煮込む。長いもは火を止める15分ほど前に加える。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング