そもそも“五十肩”ってなに?【知っておきたい五十肩の真実】

「最近肩が痛くて腕が上げられない……。もしかして五十肩!?」と、不安を抱えるアラフィー世代も多いのでは? 五十肩はよくある症状なのに、どんな病気か実は分かっていないという人も多いはず。そもそも五十肩とはなんなのかを、医学博士の銅冶英雄先生に教えていただきました。

五十肩になると女の日常が小さなストレスでいっぱいに!

プルオーバーを着るとき

プルオーバーを着るとき
腕を上げたら雷に打たれたような激痛が……! こんなに痛いなんて聞いてない!!

ファスナーを上げるとき

ファスナーを上げるとき
後ろに腕を回すだけでも痛いのにファスナーを上げるなんて拷問!

シャンプーするとき

シャンプーするとき
シャンプーすら不自由に。私の肩、どうしちゃったの……!?

ネックレスをつけるとき

ネックレスをつけるとき
肘が1㎝しか上げられず、首の後ろまで手が届かない……!

そもそも“五十肩”ってなんですか?

肩や腕を動かすときに痛みが生じる“肩関節周囲炎”

肩が痛くて腕を上げられず、背中のファスナーが上げにくかったり、シャンプーがしにくかったり……。上のイラストでご紹介したような症状があったら五十肩の可能性大。

「五十肩とは、肩の動きが悪くなり、肩や腕を動かそうとしたときに痛みが生じる病気です。左右どちらか片方だけの肩に生じることが多く、痛みは肩だけでなく、腕に広がる場合もあります。50歳前後や、50代で生じるのでこの名前がついていますが、同じような症状が40歳前後や40代で出たら四十肩と呼び、正式な名前は“肩関節周囲炎”といいます。痛みの程度には個人差があり、激痛で夜も眠れないという人もいれば、腕を動かしたときに軽く痛む程度の人までさまざまです」(銅冶英雄先生)
教えてくれたのは…
医学博士 銅冶(どうや)英雄先生

医学博士 銅冶(どうや)英雄先生

お茶の水整形外科 機能リハビリテーションクリニック院長。運動療法・靴・栄養療法を中心に体の痛みを根本的に治す医療を実践。

What's New

Feature
Ranking