閉経後は女性らしくなくなる?生理は復活する?に医師が回答【閉経したら、何が変わるの?】

閉経は正しい知識をもって迎えれば、こわくない! 今回は、閉経したら女性らしくなくなってしまう? 閉経したあとに生理が復活することはある? 閉経による医学的なプラス要素はある? という読者からの不安や疑問に、産婦人科専門医の高尾美穂先生が回答。
教えてくださったかた
高尾美穂先生

高尾美穂先生

女性のための総合ヘルスクリニック「イーク表参道」副院長。産婦人科専門医。医学博士。スポーツドクター。ヨガマスターとしてヨガ指導も行う。女性の体の悩みへの明解なアドバイスがテレビで反響を呼び話題に。

Q.閉経したら女性らしくなくなってしまう?

A.それは自分が決めることです。

「閉経してエストロゲンの分泌がなくなると、女性らしくなくなると思う人もいるようです。でも実際には大きな変化はなく、男性化するわけでもありません。女性らしくあり続けるかどうかは自分が決めることです。また、もし女性ホルモンにこだわるなら、ホルモン補充療法(HRT)という選択肢もあるので、それを受けるのもひとつの方法です」

Q.閉経したあとに生理が復活することはある?

A.たまにありますが、病気の可能性もあるので婦人科へ。

「医学的には、12カ月間生理がこなかった場合を閉経としていますが、それ以降に生理が復活する場合もまれにあります。また、HRTを受けたり、エクオールをとったりすると、生理が復活することもあります。ただし、閉経後に出血があった場合、生理が復活したのではなく、子宮体がんによる出血の可能性もあります。子宮体がんは、閉経前後にかかりやすいがんで、自覚症状は不正出血です。進行すると、排尿痛や排尿困難、性交痛があることもあります。子宮体がんは早期に発見して手術をすれば治りやすいがんなので、閉経後に出血があった場合は、早めに婦人科を受診しましょう」

閉経、素朴な不安

Q.閉経による医学的なプラス要素はある?

A.子宮筋腫が小さくなります。

「閉経すると、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜症などといったエストロゲン依存性の病気(エストロゲンが高い状態だと進行する病気)になりにくくなるというメリットがあります。子宮筋腫も閉経後は小さくなっていきます。ただ、閉経したらもう婦人科系の病気にならないわけではないので、閉経後も年に1回は婦人科で検診を受けるのがおすすめ」

 

What's New

Feature
Ranking