フレンチの技法と和を融合させたおでん『平ちゃん』

日本橋のフレンチの人気店『ラペ』が、“季節を感じるおでん”のお店を開いた。定番のおでんのイメージをくつがえす、フレンチのエスプリを盛り込んだおでんのフルコースが味わえる。

『平ちゃん』

ベースは、かつおと昆布のだしに白しょうゆを加えた上品なだし。これで一品ずつそれぞれ火入れをするので、味がにごらず、食材の風味がきわだつ。もともと、オーナーの松本一平シェフの実家が、和歌山でおでん割烹『平ちゃん』を営んでいたため、いつかおでんをとのシェフの願いがかなったという。コースはアミューズから締めの土鍋ごはんまでの10品ほど。鶏のミンチや手作りのつくね、がんもどきなど、楽しい驚きと工夫がつまったおでんはワインとの相性も抜群だ。

「4種のおでん」(ランチコースから)黒米こんにゃく、自家製がんもどき、鶏の軟骨入りミンチ、いわしのつみれ

「4種のおでん」(ランチコースから)黒米こんにゃく、自家製がんもどき、鶏の軟骨入りミンチ、いわしのつみれ

「おでん春巻き」(ランチ、ディナーのコースから)味のしみたおでん種の大根と千葉産オリヴィアポークの塩麴漬けを重ねて春巻きに

「おでん春巻き」(ランチ、ディナーのコースから)味のしみたおでん種の大根と千葉産オリヴィアポークの塩麴漬けを重ねて春巻きに

「スルメイカ」(ディナーコースから)イカのミンチを詰めたイカと里いもを別々にだしで炊き、盛り合わせて

「スルメイカ」(ディナーコースから)イカのミンチを詰めたイカと里いもを別々にだしで炊き、盛り合わせて

カウンター8名、個室8名まで
フレンチの技法と和を融合させたおでん『平ちゃん』
カウンター8名、個室8名まで
松本オーナーシェフが信頼をおく根内大和シェフ。
松本オーナーシェフが信頼をおく根内大和シェフ。「シンプルで食材を生かすおでんを」と話す

東京都中央区日本橋1の12の10
☎050・3623・1723

11:30〜13:00LO、18:00〜20:30LO
㊡木曜

ランチコース¥4,950 ディナーコース¥9,900

  • 丸の内から発信する世界水準のガストロノミー『セザン』

    フォーシーズンズホテル丸の内 東京に今年6月、フランス料理店『セザン』とビストロ『メゾン マルノウチ』がオープン。総料理長として腕をふるうのは、イギリス出身のダニエル・カルバートシェフ。香港『ベロン』にミシュランの一ツ星と、「アジアのベストレストラン50」第4位の栄光をもたらした、世界が注目するトップシェフだ。

  • 料理を通して人の思いを紡ぐ『鎌倉 北じま』

    鎌倉の閑静な住宅街に日本料理店が誕生した。ご主人の北嶋さんは京都『和久傳』の各店で研鑽を積み、故郷である鎌倉にお店を出すことに。「これから大切にしていきたいのは、料理にまつわる人たちの思いを紡ぐこと」。

What's New

Feature
Ranking
Instagram