時代にマッチしたフレンチの新しい挑戦『ふれんち御膳 モノビス』

石井剛シェフ率いるフレンチの名店『モノリス』が、フランス料理のコースを日本の定食スタイルで楽しめるお店をオープンした。メニューは、小鉢6品&メイン&ごはんの定食のみ。本来は2〜3時間かけるコースを、こちらなら1時間ほどで満喫できる。

『ふれんち御膳 モノビス』

小鉢であっても、コースの前菜と同様の手間をかけており、クオリティと味は本店と同じ。メインには、シェフの得意料理「ブイヤベース」、新たに考案したスペシャルなハンバーグなど、本格派の味が登場する。「料理人歴25年間で培ったフレンチの技を最大限に生かしています」とシェフ。新しい挑戦は朝食にも。ホテルライクな「オムレツ御膳」、フレンチスタイルのハンバーガーなどのメニューは遊び心満載。ひとりでも本物の味をサクッと楽しめる、時代に寄り添ったカジュアル店の登場だ。

「ぶいやべーす御膳」¥4,500

「ぶいやべーす御膳」¥4,500。季節の魚介のブイヤベース。小鉢はとうもろこしのスープ、ビシソワーズ、スモークしたカジキマグロのニース風サラダ仕立て、スモークサーモンとイクラのカナッペ、パテドカンパーニュの春巻き

「ハンバーグ・ロッシーニ御膳」

「ハンバーグ・ロッシーニ御膳」。和牛のイチボをミンチにしたハンバーグに、フォアグラのポワレ、トリュフの贅沢ソース。定食で¥4,500 

カウンター10席のみ

カウンター10席のみ

オーナーの石井剛シェフ(左)とお店を任されている仕名野吉宗シェフ
オーナーの石井剛シェフ(左)とお店を任されている仕名野吉宗シェフ

東京都渋谷区渋谷2の8の12ラ・グリスィーヌ1F

☎03・3797・1017

[朝]8:30〜、10:00〜

[昼]12:00〜、13:30〜

[夜]17:30〜、19:00〜、20:30〜 

いずれもいっせいスタート

㊡木曜

  • 丸の内から発信する世界水準のガストロノミー『セザン』

    フォーシーズンズホテル丸の内 東京に今年6月、フランス料理店『セザン』とビストロ『メゾン マルノウチ』がオープン。総料理長として腕をふるうのは、イギリス出身のダニエル・カルバートシェフ。香港『ベロン』にミシュランの一ツ星と、「アジアのベストレストラン50」第4位の栄光をもたらした、世界が注目するトップシェフだ。

  • 料理を通して人の思いを紡ぐ『鎌倉 北じま』

    鎌倉の閑静な住宅街に日本料理店が誕生した。ご主人の北嶋さんは京都『和久傳』の各店で研鑽を積み、故郷である鎌倉にお店を出すことに。「これから大切にしていきたいのは、料理にまつわる人たちの思いを紡ぐこと」。

What's New

Feature
Ranking
Instagram