50代女性必見!手指の不調を改善する方法を専門家が伝授【50代の不調に克つ!指に力が入らない編 #3】

ペットボトルの蓋を開けられない、キーボードのタイプミスが増えた……などアラフィーに起こりやすい現象は、力が衰えたわけでも、不器用になったわけでもなく、手指の関節や腱鞘などの炎症からくるもの。どうすれば炎症が緩和し、手の作業が快適になるのでしょうか。引き続き、専門の医師にうかがいました。

お話を伺ったのは…

牛尾茂子先生

牛尾茂子先生

手外科医。形成外科医。日本手外科学会専門医。四谷メディカルキューブ 手の外科・マイクロサージャリーセンター勤務。更年期世代の女性に現れる多くの手の症状と向き合い、治療に取り組む。

取材したのは…

小田ユイコ

小田ユイコ

美容ジャーナリスト。出版社に勤務後、独立。『eclat』『MAQUIA』『LEE』などの女性誌や、WEB媒体で美容記事を執筆。「美しさは健康から」をモットーに、女性のカラダに関する取材を長年にわたり行う。1965年生まれ。

便利な道具やまわりの人に頼ることも大切

ペットボトルや瓶の蓋を開けづらいのは『母指CM関節症』だったから、ということが判明したアラフィー美容ジャーナリストの小田。痛いのを無理して開けようとするのはNGとのことでしたが、どうすればよいのでしょう。「まずは道具を頼るクセをつけましょう。ペットボトルや瓶は、簡単に開けることができる道具が100円ショップなどでも販売されていますよね。これを利用しない手はありません」(牛尾先生)。

「または、ご家族などまわりにいる人をどんどん頼って。アラフィー女性は、なんでも自分で解決しようと頑張ってしまう傾向にありますが、手指の場合、それが症状悪化の引き金に。痛みが増し、今は見た目がなんともなくとも、将来、関節部分がゴツゴツと変形してしまう可能性があります」。

ペットボトルの蓋が開けられないなんて、なんだかちょっと恥ずかしいし、人を頼るほどでもないと思っていましたが、強がっていてはいけませんね。
キャップオープナーがあれば、ペットボトルの蓋はいとも簡単にオープン! 『母指CM関節症』の人の必需品。
キャップオープナーがあれば、ペットボトルの蓋はいとも簡単にオープン! 『母指CM関節症』の人の必需品。
  • 正常な母指CM関節

    正常な母指CM関節。

  • 母指CM関節がずれている

    母指CM関節がずれている。

  • 『母指CM関節症』が進んだ状態。ゴツゴツとした見た目に

    『母指CM関節症』が進んだ状態。ゴツゴツとした見た目に。

朝晩のこまめなケアで手指の不調を防ぐ

パソコンのキーボードでキータッチをミスをしてしまう人はどうしたらよいですか。「まずは5本の指の第一関節や第二関節の炎症、そしてその引き金になっている指のつけ根の腱鞘炎を抑えるケアを始めましょう。キーボードの前にはアームレストが必須です。アームレストがあることで手首、手指に余計な力が入らず、炎症を軽減してくれます」(牛尾先生)。

「キーボードのキーの硬さはほどよいものを。硬すぎると指に余計な負担がかかってしまいます。硬いキーを『カタカタカタ、パコーン』と音がなるほど力強くたたいている人がいますが、あれは手指に負担。軽く触れるだけでタッチできるキーボードが理想的です」。

「これは手指に不調がある人全般に言えることですが、朝起きぬけに、手指を温めて『使う準備』をしてあげてください。スポーツをする前に準備運動しなければケガをしやすくなるように、手もいきなりハードな作業をさせれば不具合が起こっても当然です。ぬるま湯に手をつけ、マッサージしてもいいでしょう。マッサージといってもグイグイもむのではなく、手指を優しくさすってあげて。これだけで血流がよくなり、動かしやすくなります」。

「そして作業などが終了した夜、不調を感じる部分は湿布やアイスパックを当てるなどして、冷やしてあげましょう。不調を感じるときは、手指の関節や腱、腱鞘に炎症が起こっています。冷やすことで炎症による熱を取ってあげるのです。こうした毎日のこまめなケアが、これからもずっと長く、快適に手指を使っていく第一歩です」。

確かに、毎日こんなに手指を酷使しているのに、ウォーミングアップもクールダウンもしないなんて、不調が起こっても当然ですね!
アームレストがあるだけで、手指から力が抜けて楽に。関節や腱鞘の炎症を予防できる
アームレストがあるだけで、手指から力が抜けて楽に。関節や腱鞘の炎症を予防できる。
  • 夜、酷使した手指の部分に湿布を貼り、クールダウン。

    夜、酷使した手指の部分に湿布を貼り、クールダウン。

  • 朝、作業を始める前にぬるま湯で手を温めながら、やさしくさする。

    朝、作業を始める前にぬるま湯で手を温めながら、やさしくさする。

スマホの操作も、手指に負担をかけるのでしたね。どうしたらいいですか?「ガラケーの時代と違い、スマホはかなり重みがあり、そもそも手首、手指に負担。メッセージを打ったり、検索でスクロールするときは、テーブルなどに置いて操作するのがおすすめです。重みの負担が減るだけで、手指がとても楽になります」。

「また、これまでメッセージ入力もスクロールも親指で行っていた人は、ほかの指もぜひ使って、親指の負担を軽減しましょう。ばね指の予防にもなります」。
日常の手の動作を意識するだけで、手指の負担が減り、アラフィー世代が患いやすい『母指CM関節症』『ヘパーデン結節』『ブシャール結節』『ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)』『ばね指(弾発指)』の症状を緩和することができるのですね。

ほかに、これらの症状を改善する方法はありますか? また、炎症が進み関節に腫れや痛みが増したり、関節が曲がってしまった場合、治療法はありますか?「はい、あります。これらの手指の症状の根本には、更年期によるエストロゲンの減少があります。エストロゲン減少をケアする方法、症状が進んでしまったときの治療法について、次回お話をしましょう」。

次回は11月29日(月)公開予定。お楽しみに!

What's New

Feature
Ranking
Instagram