<アラフィーにおすすめの本4選>気づきと発見の連続が満載の『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』

アラフィー女性にこそ読んで欲しいおすすめの本を、編集部がピックアップ! 全盲の男性と一緒に美術館や展覧会をめぐり歩き、障害や幸せのあり方について考えさせられる『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』をはじめ、イチ押しの4冊をご紹介。

気づきと発見の連続。新たな世界への扉を開こう

川内有緒『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』

『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』
川内有緒
集英社インターナショナル ¥2,310
気鋭のノンフィクション作家が、白鳥さんという全盲の男性と一緒に美術館や展覧会をめぐり歩く。ゴッホにピカソ、興福寺の仏像、空間全体で見せる現代美術のインスタレーション……。色を概念でしか知らない彼に説明するため、より細かく丹念に作品を見はじめる。白鳥さんと話すことで、視覚の不思議や人生におけるアートの意味、障害や幸せのあり方について考えるようになり、新たな扉がどんどん開いていく。紹介作品の画像もたっぷり。世界を広げてくれる贅沢な一冊だ。

熟練の技、冴えまくり! 毒をはらんだ短編集

 山本文緒『ばにらさま』

『ばにらさま』
山本文緒
文藝春秋 ¥1,540
6つの短編に描かれるのは、見た目の華やかさや有能さとは裏腹に自尊心が低い女性たち。焦りや不安に心を蝕まれていく悲鳴が、読みながら聞こえてくるようだ。特に「わたしは大丈夫」という一編はすごすぎ! 小説巧者ならではの繊細な心理描写と驚愕の仕掛けを堪能して。

水俣病を撮った写真家夫妻が伝えたかったこと

石井妙子『魂を撮ろう』

『魂を撮ろう』
石井妙子
文藝春秋 ¥2,090
水俣病を世界に知らしめ、J・デップ主演の映画で今また注目されているユージン・スミスと、妻アイリーン。その生涯と、命より経済を優先する社会のひずみを、実力派ノンフィクション作家が10年がかりで明らかにしていく。水俣の悲劇が福島や新型コロナ禍と重なり、慄然!

米文学界を揺さぶったベトナム系詩人の自伝的小説

オーシャン・ヴオン 木原善彦/訳『地上で僕らはつかの間きらめく』

『地上で僕らはつかの間きらめく』
オーシャン・ヴオン 木原善彦/訳
新潮社 ¥2,420
幼いころ、ベトナムからアメリカに逃れ、詩人となった自身の回想を核に物語が紡がれていく。祖母と母を苦しめる戦争の記憶、新天地での差別、母からの暴力、同性の友への愛と別れ……。才能がほとばしる美しい文章と、抱えた痛みのぶんだけ大きく花開く主人公に魅了される。

What's New

Feature
Ranking
Instagram