銀座の系譜、パリの風。姉弟経営のフレンチ『レフ アオキ』

パリに『レストラン マコト アオキ』を開き、13年にわたり愛される店に育てた敏腕コンビが、’19年に東京に拠点を移し、今秋、東銀座・歌舞伎座裏に店を構えた。8~10皿のディナーコースでは、全皿主役級の満足感が味わえる。

『レフ アオキ』

青木誠シェフ、マダムの三代子さんは、『銀座 鮨青木』の2代目・勝利さんの姉弟。日本国内での知名度は、江戸前鮨の名店に譲るが、パリに『レストラン マコト アオキ』を開き、13年にわたり愛される店に育てた敏腕コンビである。’19年に東京に拠点を移し、今秋、東銀座・歌舞伎座裏に店を構えた。

8~10皿のディナーコースは、全皿主役級の満足感がある。ソースは重層的で芳しく、野菜の凝縮した甘味とビネガーの酸味を随所に効かせ、時にハーブやスパイスで南仏やアラブのテイストを盛り込み、軽やかさをプラス。青木シェフ同様、二十余年フランスに暮らした三代子さんのサービスも、現地を彷彿とさせるスマートさ。日本の食通はもとより、在日仏人も評判を聞きつけ駆けつけそう。

「軟らかく煮たウサギのカリカリ焼き,コリアンダー風味のキャロット」

「軟らかく煮たウサギのカリカリ焼き、コリアンダー風味のキャロット」。野菜の甘味とトレヴィスの苦味、ソースの酸味と、立体的な味。料理はすべて昼コース¥3,500より。昼はビジネス会食にもぴったり

 カウンター10席のみ

カウンター10席のみ

「冷製ホロホロ鳥詰め物,蒸したジャガイモ、チコリーとクルミのサラダ」

「冷製ホロホロ鳥詰め物、蒸したジャガイモ、チコリーとクルミのサラダ」。根セロリのピュレを添え、ジャガイモとチコリに酸味を効かせて

「洋梨のコンポート,温かいチョコレートのソース,ヨーグルトシャーベット」

「洋梨のコンポート、温かいチョコレートのソース、ヨーグルトシャーベット」

青木シェフと、マダムの三代子さん
青木シェフと、マダムの三代子さん

東京都中央区銀座3の12の6 1F
☎090・2101・3959
1200~1300LO、18:30~(一斉スタート)
㊡月曜

コース昼¥3,500~、夜¥20,000(夜はサ10%)

  • 丸の内から発信する世界水準のガストロノミー『セザン』

    フォーシーズンズホテル丸の内 東京に今年6月、フランス料理店『セザン』とビストロ『メゾン マルノウチ』がオープン。総料理長として腕をふるうのは、イギリス出身のダニエル・カルバートシェフ。香港『ベロン』にミシュランの一ツ星と、「アジアのベストレストラン50」第4位の栄光をもたらした、世界が注目するトップシェフだ。

  • 料理を通して人の思いを紡ぐ『鎌倉 北じま』

    鎌倉の閑静な住宅街に日本料理店が誕生した。ご主人の北嶋さんは京都『和久傳』の各店で研鑽を積み、故郷である鎌倉にお店を出すことに。「これから大切にしていきたいのは、料理にまつわる人たちの思いを紡ぐこと」。

What's New

Feature
Ranking
Instagram