【夏の自宅時間を快適にするアイテム2選】ディプティックのキャンドルとロブマイヤーのタンブラー

アラフィー世代の編集部スタッフの“ひと目惚れ”アイテムをピックアップ。今回は、ディプティックのキャンドル「シトロネル」とガーデンキャンドル「34」、ロブマイヤーのウォータータンブラー「アルファ」を紹介。

ディプティックのキャンドル「シトロネル」とガーデンキャンドル「34」

ディプティックのキャンドル「シトロネル」とガーデンキャンドル「34」

日も長くなり、テラスで過ごす時間が最高の季節。夕方〜夜を快適にしてくれるアイテムを探していて、香りもそのひとつ。このガーデンキャンドルはテラコッタのたたずまいが涼しげでエレガント。シトロネルはレモングラスのさわやかで刺激的な香りが蚊を寄せつけにくくする効果もあるので、ガーデンサイズでの購入を考え中!(副編S林)

キャンドル〈左〉(190g 6/16発売予定)¥9,130・〈右〉(1.5㎏)¥41,470/ディプティックジャパン(ディプティック)

ロブマイヤーのウォータータンブラー「アルファ」

ロブマイヤーのウォータータンブラー「アルファ」

有元葉子先生をはじめ、リスペクトするシェフや料理家さんたちが愛用するオーストリアの「ロブマイヤー」。口当たりがとても柔らかくなめらかで、形も本当にエレガント。シャンパーニュグラスが有名ですが、海外ではこの「アルファ」シリーズも大人気とのこと。夏、冷酒やおつまみを入れて、楽しめそうです。(編集W)

タンブラー(6客セット、各直径9×高さ7.2㎝)¥59,400/ロブマイヤー・サロン(ロブマイヤー)

  • 50代インテリア「センスアップ計画」Jマダムの毎日を癒しの空間にかえる

    50代インテリア「センスアップ計画」Jマダムの毎日を癒しの空間にかえる

    アラフィー女性の毎日を癒しの空間に変えるインテリアセンスアップ計画!何げない毎日に彩りを添える「花あしらいと花器」、おいしいお酒を飲みながら自宅でゆったりと過ごすための「グラスや大人のカクテルレシピ」、日常のアクセントになる、インテリアの名脇役「ルームフレグランス」をご紹介。

  • テーブルを華やかに彩る大人の特別感「洋食器とカトラリー」

    テーブルを華やかに彩る大人の特別感「洋食器とカトラリー」

    心にも時間にも余裕ができた昨今、上質で特別感のある洋食器は「やっぱりいい!」と改めて感じる。話題のレストランも、老舗ブランドの洋食器を使う店が多く現れ、その魅力が見直されている。今年は新しいアイテムを投入して、食卓にワクワクするような非日常感を演出したい。

What's New

  • 何歳まで里親になれるの?気になる「里親制度」の疑問に専門家がアンサー

    親元で暮らしたくても暮らせない事情がある子供たちを、家庭的な環境で預かり、愛情をもって見守る「里親制度」。何歳まで里親になれるの?実子とうまくいくか心配など、皆さんの気になる疑問に専門家が答えます。

    ライフスタイルNEWS

    2023年9月21日

  • 里親経験者に体験談を聞いた!「里親になって人生がどんどん豊かになった」

    親元で暮らしたくても暮らせない事情がある子供たちを、家庭的な環境で預かり、愛情をもって見守る──。そんな社会貢献が、今の日本でも求められている。里親経験者の星野優子さんは、現在3人を長期養育中。2歳で迎え入れた子供は19歳に。経験者の体験談から「里親制度」について考える。

    ライフスタイルNEWS

    2023年9月20日

  • 戸籍は?期間は?手続きは?「里親制度」についてわかりやすく解説

    さまざまな理由があって実の親と暮らすことができない子供を、預かり育てる「里親制度」。親元で暮らしたくても暮らせない事情がある子供たちを、家庭的な環境で預かり、愛情をもって見守る──。そんな社会貢献が、今の日本でも求められている。「里親になるのに必要な条件や手続きは?」「希望はどこまで通る?」など疑問は多いはず。知っているようで知らない「制度」のこと。まずは全体を把握することから始めてみよう。

    ライフスタイルNEWS

    2023年9月19日

  • 「里親」体験談・佐藤浩市さん《後編》里親の活動を通して知った日本の子供たちの事情

    さまざまな理由があって実の親と暮らすことができない子供を、預かり育てる「里親制度」。今回は、「フレンドホーム制度」に参加して5年、これまで20人以上の子供たちと接してきた俳優・佐藤浩市さんに「里親制度」について話を伺った。

    ライフスタイルNEWS

    2023年9月18日

  • 「里親」体験談・佐藤浩市さん《前編》20人以上の子供たちと接してきて見えたこと

    さまざまな理由があって実の親と暮らすことができない子供を、預かり育てる「里親制度」。親元で暮らしたくても暮らせない事情がある子供たちを、家庭的な環境で預かり、愛情をもって見守る──。そんな社会貢献が、今の日本でも求められている。今回は、短期で子供を預かる「フレンドホーム制度」に参加して5年という俳優・佐藤浩市さんに話を伺った。

    ライフスタイルNEWS

    2023年9月17日

Feature
Ranking
Follow Us