大人が夢中になる!韓流ドラマナビ2022総決算

韓流ドラマ人気の勢いは衰えるどころか今年もどんどん上昇中。新しい挑戦も取り入れたクオリティの高い心に響く傑作が続々! ひと足お先に2022年の韓ドラ界を総決算。アラフィーにこそ見てほしい珠玉の作品たちをご紹介。

 

一気見必至!今見逃せない韓ドラBEST5

1.『私の解放日誌』

ごく普通の日常を詩的に描いた韓国ドラマの真骨頂!

『私の解放日誌』
田舎町からソウルに通勤する三きょうだいの変わり映えしない日常をユーモラスに詩的につづりながら心が解放されるまでを描く。ミステリアスな男として登場するソン・ソックがこのドラマで大ブレイク。Netflixシリーズ「私の解放日誌」独占配信中。

2.『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』

超話題! ウ・ヨンウ大旋風に世界中が熱狂

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』
自閉スペクトラム症の弁護士ウ・ヨンウが主人公の法廷ドラマ。身近に起こる小さいが切実な難問を彼女ならではのひらめきで解決する様に心温まる。同僚や上司など脇役陣も魅力的。Netflixシリーズ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」独占配信中。

3.『二十五、二十一』

青春ブーム到来? 大人世代に響く愛しさとせつなさ

『二十五、二十一』
IMF経済危機により苦境にさらされる5人の若者の初恋と友情を描く。金メダルを目ざすフェンシング選手ヒドをキム・テリが好演。1998年という時代のキラッキラな青春がまぶしいほど心に響く。Netflixシリーズ「二十五、二十一」独占配信中。

4.『私たちのブルース』

豪華キャスト! 名優たちの貴重な演技に要注目!

『私たちのブルース』
のどかでエネルギッシュな済州島の港町を舞台に、そこで暮らすさまざまな人々の悲喜こもごもを美しい映像とともにオムニバスでつづる感動作。イ・ビョンホンなど韓国を代表する名優の共演が豪華。Netflixシリーズ「私たちのブルース」独占配信中。

5.『未成年裁判』

実在の事件がヒントになった本格派ミステリー

『未成年裁判』
ずっしり重めドラマ好きならコレ。未成年犯罪を嫌悪する女性判事が、彼らの真実に向き合いながら裁判の厳しい現実に立ち向かう様を描く。主演のキム・ヘスのこまやかかつ力強い圧巻の演技にもぜひ注目を。Netflixシリーズ「未成年裁判」独占配信中。

韓国ドラマのプロが解説!ドラマの見どころ

熱く語ってくれたのはこの3人!

編集・ライター 小田 香

編集・ライター 小田 香

『韓流ぴあ』に創刊時からブレーンとして携わる。韓国の俳優取材も数知れず。プライベートもほぼ韓国エンタメ鑑賞ざんまいの日々。
コーディネーター ソン・シネ

コーディネーター ソン・シネ

ソウル在住。コーディネーター歴20年。エンタメから旅まで幅広い分野で韓国の魅力を発信。韓国現地で数々の俳優取材も手がける。
ライター 山崎敦子

ライター 山崎敦子

仕事以外は寝食削って韓流漬け。Web éclat(eclat.hpplus.jp)やSPUR.JP(spur.hpplus.jp)などで韓流ドラマコラムも連載中。

派手な大作よりもじんわり響く傑作が続々

山崎 ’22年も韓流ドラマの人気は衰えず、充実のラインナップでした!

小田 しかも予定調和な話に終わらないクオリティが高い作品が、次から次へといっぱい出てきましたね。

ソン イチ押しは、はっきりいっちゃいます、『私の解放日誌』です!

小田・山崎 やっぱりソン・ソック。大人の女性はみんなメロメロ。

ソン 韓国でもスゴい人気ですよ。私的には彼の力を抜いた歩き方がたまらない。

小田 あのあきらめを含んだようなまなざしとか。

山崎 ドラマ的には、普通の人々の普通の日常を小説のように描いていくので、一見すると地味に見えがちだけど、2話のラストの「私を崇めて!」など、心に強く引っかかるような独特なセリフも多く、それで一気に引き込まれました。

ソン 崇めるは韓国語で「チュアン」。韓国でも日常ではめったに使われない単語だけど、このドラマですごく広がった。主人公たちの描写もリアルで、これって私? なんで私のこと知ってるの?って。

小田 人が普通に暮らしているだけでドラマになるなんて、よくこんな世界観が描けるなあと感心させられました。

山崎 回想シーンなどの説明的な描写はほとんどなくて、見ている人にシーンの余韻の中で想像させるうまさ。

ソン 同僚、きょうだい、友人、家族、そうした人のつながりも興味深かった!

小田 見終わってみれば、みんなが解放されている話で、すごく後味がいい。

ソン 希望のある余韻が後を引きました。

「予定調和な話に終わらない、人間ドラマが多かったですね」(小田

「俳優ソン・ソックの人気が急上昇。韓国では大フィーバーでした」(ソン)

身近な日常や問題でも心に響くドラマになるんだと納得!

山崎 日本で一番盛り上がったドラマといえば、『ウ・ヨンウ〜』でしたね。

ソン ウ・ヨンウと親友グラミのラップ調あいさつとか、「上から読んでも下から読んでもウ・ヨンウ」とかみんなまねしたりしていて大人気!

小田 エピソードのひとつひとつがよく練られていて、2年かけて脚本を書いたっていうけれど、それだけのことはある。

山崎 ドロドロの殺人事件や権力闘争とは無縁の身近な訴訟が題材というのも好感もてるし、描かれるエピソード自体が実際の裁判で取り扱われた案件をベースに書かれているから、切実さもあって。

ソン 韓国ではENAという無名のチャンネルでの放送だったので、最初は全然注目されていなかったけど、終わってみれば視聴率17.5%。快挙ですよね。

小田 ヨンウを演じたパク・ウンビンは、無敵か!と感服しました。男装の王を演じた『恋慕』に続き、一筋縄ではいかない役を演じきって。『二十五、二十一』のキム・テリや『その年、私たちは』のキム・ダミなど、今年は男優より女優のうまさが目立った気がしますね。

「『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』は韓ドラ好きのみならず、誰もが見ていたという印象」(山

山崎 『二十五〜』は青春振り返りもので、大人が胸キュンできる傑作でした。

ソン ’80〜’90年代の学生時代を振り返るスタイルは『応答せよ』シリーズ以来、韓国の人々にも響いていて、時代を映したレトロな雰囲気も話題でした。

小田 『二十五〜』のキム・テリの実年齢は30歳を過ぎているのに、高校生を演じてもまったく違和感を感じさせないところもスゴかったですよね。

山崎 私的には『二十五〜』を見ていてなんにでも夢中になれたキラッキラなあの時代がまぶしくて、そんな時代を経て大人になっていく感じに、ぎゅーっと胸が締めつけられました。

ソン 大物俳優がズラリと出演する、主人公が総勢14人という『私たちのブルース』もよかったです。

山崎 オムニバス形式で、主役でない回は、イ・ビョンホンさえ単なる雑貨売りのおっちゃんとして登場しちゃうという。

小田 チャ・スンウォン、キム・ウビン、ハン・ジミン、シン・ミナなど豪華! キム・ヘジャとイ・ビョンホンの母と息子のエピソードを最後にもってきたのもさすがでした。

ソン もう、泣くしかない!

山崎 視聴覚障害やダウン症を抱える俳優さんたちの演技もよかった。『ウ・ヨンウ〜』もそうだけど、障害をもつ人の現実を踏まえながら、ひとつの個性としてこれ見よがしではなく愛らしく描き出すところに韓国ドラマの成熟さを感じます。


小田
 あと、今年は裁判ものも多かったですね。


山崎
 キム・ヘス主演の『未成年裁判』が私のまわりでは評判高かったです。


ソン
 すばらしいでき。でも、見ていると心が痛くなってくる。


山崎
 実際にあった少年犯罪をベースに描かれているだけに、確かに重いけれど、他人(ひと)事でなく考えさせられる。やっぱり韓国はこういう社会派ヒューマンは得意ですね。余裕のあるときに、ぜひ、見てほしいです。

韓ドラ界の話題集結TOPICS5

ますます盛り上がる韓ドラ界。プロが注目する最旬のトピックから話題のドラマにフォーカス。何を見るべきかが見えてくる!

1.“ウーマンス”の波到来!? 女友だち&女きょうだいがアツい

ドラマが現実になったような、ヒョンビンとの結婚式も記憶に新しいソン・イェジン。『賢い医師生活』のチョン・ミドとの共演も話題だった彼女の独身最後のドラマ『39歳』は、女3人の友情を描いたものだ。不治の病と診断された仲間のひとり(チョン・ミド)をめぐる絆に号泣する人も多々。

「今年は女の友情を描いたドラマも多かったですね。個人的には『39歳』より意外におもしろかったのが『酒飲みな都会の女たち』。よりリアルで笑いながら共感できる」

最近ではキム・ゴウン主演の三姉妹をめぐるサスペンス『シスターズ』も大ヒット。女同士だからこそのつながりがディープに描かれて新鮮かつおもしろい。

『39歳』

39歳という微妙な年齢を迎えた女3人。それぞれに複雑な事情を抱える彼女たちの友情と愛を描く。Netflixシリーズ「39歳」
39歳という微妙な年齢を迎えた女3人。それぞれに複雑な事情を抱える彼女たちの友情と愛を描く。友人の余命がわずかと知った女友だちの絆がアツい。Netflixシリーズ「39歳」独占配信中。

『酒飲みな都会の女たち』

一日の終わりに酒を飲むのが生きがいの女3人の日常を描く。
Ⓒ TVING Co., Ltd, All Rights Reserved.
一日の終わりに酒を飲むのが生きがいの女3人の日常を描く。上司や親子、恋愛、孤独などにまつわる話の数々に共感多数でシーズン2も決定。11月以降、日本での放映・配信は未定。

『シスターズ』

新感覚のサスペンス。Netflixシリーズ「シスターズ」独占配信中。
キム・ゴウン、ナム・ジヒョン、パク・ジフが貧しい家庭で育った三姉妹に扮してわけあり富裕一族に対抗していく新感覚のサスペンス。Netflixシリーズ「シスターズ」独占配信中。

2.弁護士、検事が大活躍! 舞台は“病院”から“法廷”へ

「数年前までは医師ものが多かったんですが、ここへきて弁護士や検事が主人公のドラマが急増しています」。

大ヒット作『ウ・ヨンウ〜』や問題作『未成年裁判』だけでなく、イ・ジョンソクの除隊後の復帰作として話題の『ビッグマウス』や韓国初の軍法廷を描いた『軍検事ドーベルマン』など異色の法廷サスペンスも充実。

今秋から始まった新作ドラマも、ド・ギョンス(D.O./EXO)の『真剣勝負』やナムグン・ミンの『わずか1000ウォンの弁護士』、イ・スンギの『法に則って愛せ』、キム・ソナの『The Empire:法の帝国』など続々だ。

『軍検事ドーベルマン』

最も旬な俳優のひとりアン・ボヒョン初の主演作『軍検事ドーベルマン』
Ⓒ STUDIO DRAGON CORPORATION 
今、最も旬な俳優のひとりアン・ボヒョン初の主演作。韓国初の軍法廷を舞台としたサスペンスで、腐敗した軍組織と軍検事役ボヒョンの対決が見もの。CS放送・衛星劇場で放映中。

『ビッグマウス』

イ・ジョンソク除隊後初のドラマは得意のサスペンス。
Ⓒ 2022 Disney and related entities
イ・ジョンソク除隊後初のドラマは得意のサスペンス。天才詐欺師ビッグマウスに仕立てられた三流弁護士を熱演。妻役ユナとの相性も◎。ディズニープラス スター独占配信中。

3.女優の当たり年! 個性的な魅力が全3.

韓国ドラマといえばイケメン男優……、と思いきや「今年は女優が強い」。

『ウ・ヨンウ〜』のパク・ウンビンしかり、高校生を演じたキム・テリやキム・ダミしかり、今年の名作は彼女たちの名演なくしては語れない。『ユミの細胞たち』や『シスターズ』とジャンルを超えて活躍のキム・ゴウンや、『私たちのブルース』のイ・ジョンウン、キム・ヘジャなどの超ベテラン陣も圧巻の存在感。

「『明日』や『再婚ゲーム』など、キム・ヒソンも変わらずがんばっていますね」。経験を重ねたからこその女優の表現力に酔いしれるのも一興。

キム・ゴウン

キム・ゴウン
写真/Mydaily /アフロ

パク・ウンビン

パク・ウンビン
写真/アフロ

キム・テリ

キム・テリ
写真/アフロ

『ユミの細胞たち - シーズン 2』

『ユミの細胞たち - シーズン 2』
ⒸSTUDIO DRAGON CORPORATION
キム・ゴウン演じる会社員ユミの恋愛を頭の中の細胞たちの世界とリンクさせながら描く。シーズン2のお相手はGOT7のジニョン。Prime Videoで独占配信中。

4.大人女性がメロメロ! ブレイクNo.1はソン・ソック

エクラ的今年のベスト1ドラマ『私の解放日誌』。出演陣のリアルな演技力も評判で、なかでも一番の話題がソン・ソック。彼が演じたミステリアスな男“ク氏”に魅せられる女性が続出だ。
大人女性がメロメロ! 韓国ドラマの2022年ブレイクNo.1はソン・ソック
写真/Mydaily /アフロ
「韓国ではこのドラマで彼が一気に大ブレイク。CMもバンバン決まるし、出演映画も韓国国内で『パラサイト』以来3年ぶりの観客動員数1000万人超え。無邪気さや優しさがかいま見えるちょっと“ワル”なムードも人気の秘密ですね」(ソン)。

「主人公を駅で待つ仕草とか、月を見上げるまなざしとか、彼の何げない行動にグッときました。キラキラ系男子にいまいち乗りきれなかった大人の女性もク氏にはみんなハマってる」(山崎)。

沼落ち必至の彼のセクシャルな魅力は大人こそ堪能すべし。
ブレイクNo.1はソン・ソック「私の解放日誌」
Netflixシリーズ「私の解放日誌」独占配信中

ここがスゴい!1.化粧品、家電、食品まで 企業CMの契約が続々と!

CM起用は俳優の人気のバロメーター。正官庄という高麗人参製品の老舗のCMをはじめ、有名企業がこぞって彼をオファー。ハイブランドもアンバサダー起用に熱をあげているとか。

 

ここがスゴい!2.映画『犯罪都市2(原題)』が観客1200万人を突破!

マ・ドンソク主演の映画『犯罪都市2(原題)』(11/3日本公開、邦題は『犯罪都市 THE ROUNDUP』)にカギとなる悪役で出演。韓国で観客動員数1200万人を超える快挙となったが、彼の人気によるところが大きいといわれている。

 

ここがスゴい!3.あの人との共演も。ドラマ待機作が何本も!

チェ・ミンシクとの共演が話題の『カジノ』、待望のシリーズ2作目『D.P. ―脱走兵追跡官―2』、チェ・ウシクとタッグを組む『殺人おもちゃ』など今後の出演作も続々待機中だ。

過去の代表作はこちら!

最高の離婚~Sweet Love~
Licensed by KBS Media Ltd. Ⓒ 2018 The I Entertainment, Monster Union & KBS. All rights reserved 

『最高の離婚~Sweet Love~』

瑛太、尾野真千子主演の日本の同名ドラマのリメイク版。ソン・ソックが演じるのは綾野剛が演じた浮気な夫。何を考えているかわからない魔性とどこか憎めない母性本能に訴える独特のムードは必見。U-NEXTにて配信中。

『D.P. ―脱走兵追跡官―』

『D.P. ―脱走兵追跡官―』

チョン・ヘイン主演の実話ベースの脱走兵追跡官を描くヒューマンサスペンス。ソン・ソックは新任の大尉役。上官に迎合するセコいキャラクターを軽妙に演じているのが印象的。Netflixシリーズ「D.P. ―脱走兵追跡官―」独占配信中。

5.映画スターたちが続々、ドラマに出演決定!

Netflixで配信中の『ナルコの神』は、主演のハ・ジョンウとファン・ジョンミンが念願の初共演を果たしたことでも話題となったが、このふたり、実は活躍の舞台はドラマよりもほぼほぼ映画が中心。また、アカデミー賞俳優ソン・ガンホも新ドラマ『サムシクおじさん』でなんとドラマに初進出。

「エミー賞で6冠に輝いた『イカゲーム』の世界的影響力を見ているから、これまでは映画中心だった大物俳優もドラマ出演に興味津々なはず」。

韓国を代表する映画界の演技派たちが続々ドラマ界へ。今後の韓国ドラマもますます目が離せない。

ファン・ジョンミン

ファン・ジョンミン
写真/アフロ

ソン・ガンホ

ソン・ガンホ
写真/Mydaily /アフロ

『ナルコの神』

『ナルコの神』
南米で麻薬王となった韓国人の実話がベースのサスペンス。韓国人麻薬王にファン・ジョンミン、彼を追う民間事業家にハ・ジョンウが扮する。Netflixシリーズ「ナルコの神」独占配信中。
▼こちらの記事もチェック
  • 【韓流ドラマ】見始めたら止まらない!絶対ハマる「人気ドラマ8選」

    【韓流ドラマ】見始めたら止まらない!絶対ハマる「人気ドラマ8選」

    エクラの美容記事でもおなじみのライター・山崎敦子がお届けする韓流ドラマナビ。韓流ドラマブームを牽引している「愛の不時着」や「梨泰院クラス」のほかにも、緊迫感溢れるサスペンスや社会現象まで巻き起こした話題作など幅広く人気作品をご紹介。各ドラマの見どころや人気の秘密に迫ります!

What's New

Feature
Ranking