歴史ある島だからこそ泊まりたい!美しきヒストリカルホテル【大人の食欲と好奇心を満たす、カナダ/プリンス・エドワード島②】

【Web限定連載②】まるで小説の一幕のような「ザ・グレート・ジョージ」、夏季だけの湖畔のリゾート「ダルベイ・バイ・ザ・シー」。あまりに魅惑的な2軒の歴史あるホテルへ。

アラームも電話もない、のんびりするための夏のリゾート Dalvay by the Sea

歴史ある島だからこそ泊まりたい!美しきヒストリカルホテル【大人の食欲と好奇心を満たす、カナダ/プリンス・エドワード島②】 _2_1
「ダルベイ・バイ・ザ・シー」は、カナダの要人にも人気の夏のホテル。
プリンス・エドワード島で最も美しいといわれるダルベイビーチに、夏期(5月~10月中旬)だけオープンするのが、「ダルベイ・バイ・ザ・シー」。25室のゲストルームと8棟のコテージを擁する小さなホテルだ。

その歴史は、約150年前に建てられた石油王の豪邸に遡る。建物は、1930年代の禁酒法時代にラム・ランナー(酒類密輸業者)へ売却。このときにホテルとなったが、酒類密輸で儲けたお金の資金洗浄に利用していたとも言われている。時を経て、現在は、歴史を思わせるスモールラグジュアリーホテルに。

国立公園内に位置するここは、日常を忘れてのんびりとする場所。そのため、部屋にはテレビやラジオはもちろん、電話やアラームさえも置いていない。モーニングコールの代わりにドアのノックで目覚めるという、なんとも優雅な時間が約束されている。

建物を出れば、目の前にはダルベイ湖が。カナダグースの親子がくつろぐ芝生でチェアに座り、ゆったりと読書や午睡をするのは至福の時間。海沿いをツーリングするためのレンタサイクルや、ボートで湖へ出るアトラクションも用意されている。

2011年に英国王室が訪れたこのホテルは、夏の隠れ家的存在。歴史ある建物と美しい島の自然をたっぷりと満喫する夏は、旅を思い出深いものにしてくれる。
歴史ある島だからこそ泊まりたい!美しきヒストリカルホテル【大人の食欲と好奇心を満たす、カナダ/プリンス・エドワード島②】 _2_2-1

1/5

歴史ある島だからこそ泊まりたい!美しきヒストリカルホテル【大人の食欲と好奇心を満たす、カナダ/プリンス・エドワード島②】 _2_2-2

2/5

歴史ある島だからこそ泊まりたい!美しきヒストリカルホテル【大人の食欲と好奇心を満たす、カナダ/プリンス・エドワード島②】 _2_2-3

3/5

歴史ある島だからこそ泊まりたい!美しきヒストリカルホテル【大人の食欲と好奇心を満たす、カナダ/プリンス・エドワード島②】 _2_2-4

4/5

歴史ある島だからこそ泊まりたい!美しきヒストリカルホテル【大人の食欲と好奇心を満たす、カナダ/プリンス・エドワード島②】 _2_2-5

5/5

パブリックスペースにしつらわれた小さな読書スペース。窓の向こうに広がるのはダルベイ湖。
シャーロットタウンから車で約30分。国立公園内に位置する「ダルベイ・バイ・ザ・シー」。
クラシカルだけど明るい雰囲気が居心地いい「コーナースイート」。
ダイニングルームからも湖を一望。
レンタサイクルを借りて、約5キロ先の灯台までサイクリング。このホテルに泊まるのなら、ぜひ自然を謳歌して。
【ホテル情報】
ダルベイ・バイ・ザ・シー
Dalvay by the Sea

16 Cottage Crescent Dalvay, PE
902-672-2048

What's New

Feature
Ranking
Instagram