パリの三ツ星シェフと『とらや』の刺激的な出会いを楽しむ『Maison KEI』

フランス版ミシュランガイドで、アジア人初の三ツ星を獲得した小林圭シェフが、和菓子の老舗『とらや』と組み、静岡・御殿場にレストランをオープン。

『Maison KEI』

ほとんどのテーブルから富士山が眺められるという好立地。「料理は素材がすべて」という小林シェフの信条どおり、地元・静岡の食材とじっくり向き合う。

「御殿場はパリより生産地に近い。だからこそ、食材の地産地消を目ざし、ひいては地域の活性化にもつなげたい」。
例えば、パリでも人気の「庭園風サラダ」は静岡野菜で。硬水で育ったフランスの野菜と異なり、軟水育ちの静岡野菜の魅力を味わえる。また、デザートには『とらや』のあんこを使う。

「世界で唯一、とらやのあんこを使ったデザートを食べられるレストランです」。
遠出してでも訪れたいレストランとして、覚えておきたい。

御殿場『とらや工房』の目の前

御殿場『とらや工房』の目の前

小林圭シェフ(左)と厨房を任される佐藤充宜シェフ

小林圭シェフ(左)と厨房を任される佐藤充宜シェフ

店舗設計は内藤廣氏

店舗設計は内藤廣氏

「バシュラン」はメレンゲにあんこを使ったアイスクリームやソースを。

「バシュラン」はメレンゲにあんこを使ったアイスクリームやソースを。

「庭園風サラダ」。30種以上の野菜を使い、さまざまな味わい、テクスチャーと香りを存分に楽しめる
「庭園風サラダ」。30種以上の野菜を使い、さまざまな味わい、テクスチャーと香りを存分に楽しめる
金目鯛のウロコ焼き
金目鯛のウロコ焼き

静岡県御殿場市東山527の1
☎0550・81・2231

11:30 〜、17:30 〜 ㊡火・水曜
ランチ¥3,500 〜、ディナー¥4,800 〜(税・サ別)

  • 和食の名店が手がける新スタイルの甘味割烹『廚 菓子くろぎ』

    献立は、好みの菓子2種類と飲み物を選べる「廚菓子セット」と、先付けの焼き胡麻豆腐から始まりお凌ぎ、菓子2品と続く「甘味割烹」コースの2種類。目の前で作られるできたてを、コース仕立てで少しずつ。ありそうでなかった甘味割烹が話題を呼んでいる。

  • 世界の食通に愛される上海蟹の名店『蟹王府』が東京進出

    自由な旅がままならない昨今だが、極上の味を楽しみながら旅気分に浸れる絶好の店がお目見え。上海に5店舗を展開、世界中の食通を彼(か)の地へと向かわせる上海蟹料理『成隆行(セイリュウコウ)蟹王府』が、東京に初上陸したのだ。

  • 新感覚の串料理を楽しめる注目のレストラン『デンクシフロリ』

    東京・青山の『デンクシフロリ』は、『傳』長谷川在佑シェフと『フロリレージュ』川手寛康シェフが手がけた新店だ。焼鳥に屋台のホットドッグと、誰もが懐かしさや親しみを覚える“串"”に着目。小むずかしい解釈も堅苦しいマナーも必要としないコンフォートフードは、世界のガストロノミーシーンでも注目されている。

What's New

Feature
Ranking