【贅沢な大人のワイン】プロが選ぶ「最強ワインリスト」美味しいワインが飲みたい!

美味しいワインでお家ご飯を楽しみたい!週末は贅沢なワインで至福の時間を過ごしたい!お料理もワインも本当に美味しいものを知っているアラフィー女性におすすめする「贅沢な大人のワイン」をワインジャーナリスト安齋喜美子さんが厳選してご紹介。

 

おすすめしてくれた人

安齋喜美子(あんざい きみこ)
●ライフスタイル誌やワイン専門誌で料理やワイン、旅などの記事を執筆。国内外のワイナリーや醸造家取材も多数。著書に『葡萄酒物語』(小学館)。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ。『Web éclat』にて「シネマに乾杯!」連載中。

 
①赤ワイン:フランス地方のおすすめワイン

進化したボジョレー・ヌーヴォーに注目

ワイン好きになればなるほど、「ここ何年かボジョレー・ヌーヴォーを飲んでいない」という人は多いのではないだろうか。「味わいが水っぽくて……」と敬遠されることもしばしば。だが、今やそれは昔の話。実はここ10年ほどで、ボジョレー・ヌーヴォーは大きく進化しているのだ。

フランス地方のおすすめ赤ワイン①

アルベール・ビショー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020

ジョルジュ・デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020 オーガニック

1964年ボジョレーに設立。創設者のジョルジュ・デュブッフ氏はボジョレー・ヌーヴォーを世界に広めた立役者。有機ブドウで造られ、繊細な香りとまろやかで凝縮感のある果実味が魅力。

750ml¥2,780(参考価格)/サントリーワインインターナショナル

(フリーダイアル)0120-139-380(お客様センター)

フランス地方のおすすめ赤ワイン②

アルベール・ビショー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020

アルベール・ビショー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020

1831年創立、6代に渡る家族経営で、自然環境を大切にし、テロワールに忠実なワイン造りを実践。ボジョレー地区北部の優良な畑のブドウで造られる。ラズベリーやブラックチェリーの香り。芳醇で軽やかな果実香が心地よく、やわらかなタンニンが印象的750ml¥3,000(参考価格)/メルシャン

(フリーダイアル)0120-676-757(お客様相談室)

フランス地方のおすすめ赤ワイン③

ルイ・ジャド ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール ノンフィルター 2020

ルイ・ジャド ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール ノンフィルター 2020

由緒あるブドウ農家としての歴史を有するジャド家が1859年にボーヌに設立。ブルゴーニュ有数の大ドメーヌで、テロワールを大切にしたワイン造りを行う。ノン・フィルター(無濾過)で瓶詰め、ブドウ本来のうまみが感じられる。ブラックベリーやほのかな樽香。凝縮感のある果実味。

750ml¥3,600/日本リカー

TEL03-5643-9770

フランス地方のおすすめ赤ワイン④

メゾン・ジョゼフ・ドルーアン ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィ―ニュ2020

メゾン・ジョセフ・ドルーアン ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィ―ニュ2020

1880年設立、140年に渡り家族経営を貫く生産者。ブルゴーニュでも広大なブドウ畑を所有するメゾンのひとつで、自社畑はすべてビオディナミ。バラやラズベリー、リキュールなど華やかな香りをもち、酸味と果実味のバランスも秀逸。

750ml¥4,000/三国ワイン

TEL03-5542-3939

フランス地方のおすすめ赤ワイン⑤

ドメーヌ・ドミニク・ピロン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020

ドメーヌ・ドミニク・ピロン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020

ボジョレーのモルゴン村で16世紀から続く老舗。現当主のドミニク・ピロン氏はボジョレーワイン委員会の会長を務めるなど、地元で信頼厚い人物。自社畑の樹齢50年以上の畑やレニエ村の花崗岩と砂の土壌の畑など、多彩なブドウで造られる。複雑味があり、ミネラルも豊か。

750ml¥2,800/アルカン

TEL03-3664-6591

 

フランス地方のおすすめ赤ワイン⑥

自分らしさに立ち戻らせてくれるワイン

女性は、さまざまな“顔”を抱えて生きている。母、妻、娘、社会人…。ひとりの時間に素(す)の自分に戻って楽しみたい、これはそんなワインだ。華やかなアロマとピュアな果実味、そして独特のちょっと枯れたニュアンスのあるイケてる一本。

Caroline MOREY シャサーニュ・モンラッシェ・ルージュ

Caroline MOREY シャサーニュ・モンラッシェ・ルージュ
フランス・ブルゴーニュ。ピノ・ノワール100%。美しい酸と果実の深いうま味。チーズや生ハム、肉料理全般と。瓶詰め後、酸化を抑えるため、コルクを蝋封している。開栓時は瓶口の蝋を水平に切り取ると開けやすい。750㎖ ¥6,000/ラック・コーポレーション
 

フランス地方のおすすめ赤ワイン⑦

どんな料理も盛り上げる、美しい大人のワイン

サスティナブル農法のブドウで造られる、知る人ぞ知るワインがこの「カスティヨン・コート・ド・ボルドー」だ。正統派ながら軽やかさを感じさせる飲み口は、気品がありつつも自由な精神をもつフランスのブルジョワ・マダムのよう。どんな料理もスタイリッシュに楽しませてくれるイケてる一本。

Château Cap de Faugères カスティヨン・コート・ド・ボルドー

Château Cap de Faugères カスティヨン・コート・ド・ボルドー
フランス・ボルドー。AOC(原産地統制呼称)はカスティヨン・コート・ド・ボルドー。メルロ100%。畑は「ISO14001(環境マネジメント規格)」取得。凝縮感がある果実味とピュアな酸味。チョコレートとも好相性。750㎖¥5,000/ラリック ジャパン
 

 
②赤ワイン:イタリア地方のおすすめワイン

イタリア地方のおすすめ赤ワイン①

大切な人々と過ごす時間に飲みたい “スーパータスカン”「オルネッライア」

大切な人々と過ごす時間には、なにか特別なワインが開けたくなる。「オルネッライア 2017」はそんな時のためのワインだ。料理なら、ローストビーフやすき焼きなどと楽しんでみたい。赤身のしっかりしたうまみ、脂身の甘さなど、さらにおいしくしてくれる。最高のワインで幸福な時間を過ごしてみたい。

オルネッライア 2017

「オルネッライア 2017」
イタリア・トスカーナ地方ボルゲリ。カベルネ・ソーヴィニヨン主体にメルロをブレンド。カシスやブラックベリー、黒胡椒の香り。芳醇な果実味とエレガントな酸味。すき焼きやローストビーフと抜群の相性。750ml ¥29,000(税込)
問い合わせ:日本リカーTEL03-5643-9770
 

イタリア地方のおすすめ赤ワイン②

“芸術”を表現するワイナリー 「カステッロ・ディ・アマ」 その美しい味の秘密とは?

“キャンティ・クラシコ”が進化している。数あるワイナリーの中でも”頂点”と評されるのが「カステッロ・ディ・アマ」だ。オーナーがワインに対するその思いを、美しい景観をバックにオンラインで届けてくれた。

カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ2015

カステッロ・ディ・アマ サン・ロレンツォ キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ2015
サンジョベーゼ80%、メルロ13%、マルヴァジア・ネラ7%。チェリーやストロベリーの香り。チャーミングな果実味となめらかなタンニン。さっと焼いたステーキやケバブ、生ハムなどに。パランティ氏は日本の焼き鳥と合わせるのがお気に入り。750ml \6,500。
問い合わせ:エノテカ 0120-81-3634(フリーダイヤル)
 

イタリア地方のおすすめ赤ワイン③

シルキーな飲み口がさりげなく優美さを物語る「グイダルベルト」

「伝統の中で軽やかに生きる、“侯爵家のかわいい次女”」。歴史あるインチーザ・ロケッタ侯爵家が造る“イタリア最高峰”と称されるワイン「サッシカイア」のセカンドラベルに当たる「グイダルベルト」は、まさにそんなイメージ。あえてカジュアルに楽しみたいシルキーな飲み口が特徴の“イケてるワイン”をご紹介。

TENUTA SAN GUIDO(グイダルベルト)テヌータ・サン・グイド グイダルベルト2017

テヌータ・サン・グイド グイダルベルト2017
カベルネ・ソーヴィニヨン60%。メルロ40%。ふくよかな果実味とピュアな酸味。「早くから飲めるサッシカイア」と評される。名前は、ボルゲリを象徴する糸杉並木の植樹に携わった農学者に由来。肉料理全般と相性抜群!750㎖ ¥6,500/エノテカ

 
③赤ワイン:ドイツ地方のおすすめワイン

和食とのマリアージュを楽しみたい「ラーヒャーベルク ピノ・ノワール」

ドイツ西部における最北のワイン産地、アール地方で、有機栽培でていねいに造られたピノ・ノワール。華やかなブルゴーニュ産に比べ、いかにもドイツらしい凝縮感のある果実味と清らかな酸味。和食とも好相性なイケてる一本。

JOSTEN & KLEIN ラーヒャーベルク ピノ・ノワール

JOSTEN & KLEIN ラーヒャーベルク ピノ・ノワール
ドイツ・アール地方。ピノ・ノワール(シュペートブルグンダー)100%。果実のうま味を感じるエレガントな味。ビオロジック農法でノン・フィルター(無ろ過)。22カ月樽熟成。鴨の治部煮など和食と好相性。750㎖ ¥6,182 問ヴァインベルク

 
④赤ワイン:アメリカ地方のおすすめワイン

まろやかな果実味の奥にクールな酸味を隠し持つ「レゾナンス ヴィンヤード ピノ・ノワール」

「天と地の間に生まれる美しい飲み物、それがワインなんだ」。そう語るのは「レゾナンズ」醸造責任者のジャック・ラルディエール氏。彼がつくる「レゾナンス ヴィンヤード ピノ・ノワール2014」は、まろやかな果実味の奥にクールな酸味を隠しもち、どこか知性を感じさせる、タダモノではないワイン。日々の生活の中で迷ってしまった時にこそ飲みたくなる、まさにどんな質問にも優しく答えてくれる哲学者のような一本。

RÉSONANCE(レゾナンス ヴィンヤード ピノ・ノワール) レゾナンス ヴィンヤード ピノ・ノワール 2014

RÉSONANCE(レゾナンス ヴィンヤード ピノ・ノワール) レゾナンス ヴィンヤード ピノ・ノワール 2014
ピノ・ノワール100%。チェリーやクローヴの香り。ふくよかな果実味とピュアで柔らかな酸味。タンニンもなめらか。ステーキやシシカバブなどがエレガントに楽しめる。ブドウはウィラメット・バレーの畑でオーガニック栽培を実践。750㎖ ¥8,800/日本リカー

 
⑤赤ワイン:スイス地方のおすすめワイン

桜を見ながら味わう「シャトー・ド・マルセール プルミエ・グラン・クリュ」

スイス・ヴォー州レマン湖畔のラ・コート地方で生まれた、シャトー・ド・マルセール プルミエ・グラン・クリュ 2017は、深い味わいで清らかさに満ちている。満開の桜を眺めながら、親しい友だちと飲みたいイケてる一本。
CHÂTEAU DE MALESSERT  シャトー・ド・マルセール プルミエ・グラン・クリュ
スイス・ヴォー州。シャスラ・ル・ド・フォンテーヌブロー100%。ブドウは区画ごとに手摘み、収穫量も抑え、最良のブドウのみを使用。かぼすなど和の柑橘や白い花の香り。ミネラルも豊か。お造りやサラダ、煮物などの和食に。750㎖ ¥4,400 /杉山商事

 
①白ワイン:イタリア地方のおすすめワイン

春の兆しを感じるワイン「ゲヴュルツトラミネール・ヴィーニャ “カステラーツ”」

バラやライチの香りが華やかなゲヴュルツトラミネールを使用。ワインの繊細な酸味にはジューシーなパート・ド・フリュイを合わせて。春遠からぬ時期、親しい女友だちと開けたいイケてる一本。

ELENA WALCH ゲヴュルツトラミネール・ヴィーニャ “カステラーツ”

ELENA WALCH ゲヴュルツトラミネール・ヴィーニャ “カステラーツ”
イタリア、アルト・アディジェ地方。ゲヴュルツトラミネール100%。サステイナブル農法でブドウを栽培する家族経営のワイナリー。バラやライチ、アカシアのハチミツの香り。エビのチリソースなどの中華料理やエスニック、串揚げなどと好相性。750ml ¥6,500/日欧商事

 
②白ワイン:スペイン地方のおすすめワイン

進化するワインは、自分の中の新しいパワーに気づかせてくれる「フェルナンド・ゴンサレス・ゴデージョ」

ここ10年ほど、栽培には過酷な土地の樹齢の高いブドウを使って「ブルゴーニュに比肩する」と評されるスペインワインが続々登場。この「フェルナンド・ゴンサレス・ゴデージョ」もそんな新しいムーブメントから生まれた“ニューフェイス”で、さわやかなハーブの香りが心に残る。伝統文化とともに軽やかに、新しい風を感じさせるイケてる一本。

Bodegas PALACIO フェルナンド・ゴンサレス・ゴデージョ

Bodegas PALACIO フェルナンド・ゴンサレス・ゴデージョ
スペイン・ガリシア州。ゴデージョ100%。古樹(樹齢40年)のブドウの特徴が感じられ、繊細な味わい。酸味がピュアでミネラル豊か。ハーブの香りも。貝類や白身魚、フルーツと好相性。ぜひ、大きめのブルゴーニュグラスで。750㎖ ¥5,000/ワイナリー和泉屋

 
③白ワイン:アメリカ地方のおすすめワイン

初夏に楽しみたいニューヨーク出身の一本「ドライ・リースリング」

初夏のさわやかな風に吹かれると、フルーティで透明感のあるリースリングが恋しくなる。そんな時期にこそおすすめしたいのが、ニューヨーク州の「ハーマン・J・ウィーマー ドライ・リースリング 2018」。ニューヨークワインはまだ新顔ながら、その品質の高さで世界から注目を集めている。なかでも“全米トップ”として名高い、イケてる一本。

Hermann J. Wiemer(ドライ・リースリング) ハーマン・J・ウィーマー ドライ・リースリング 2018

Hermann J. Wiemer(ドライ・リースリング) ハーマン・J・ウィーマー ドライ・リースリング 2018
※写真は2017年ヴィンテージです。
アメリカ・ニューヨーク州。リースリング100%。ブドウは無農薬栽培で無ろ過・無清澄。フローラルでみずみずしい味。ワイナリーは、1979年ニューヨーク州北西にあるセネカ湖畔に設立。和食や中華とも好相性。750ml ¥4,200/ゴートゥーワイン

 
④白ワイン:ニュージーランド地方のおすすめワイン

ニュージーランドの自然を感じさせるワイン 「クラウディー ベイ ソーヴィニヨン ブラン 2020」が誕生!

ニュージーランドのトップワイナリーのひとつ、「クラウディー ベイ」からソーヴィニヨン・ブランの新ヴィンテージが到着。「過去最高の出来!」というテクニカル ディレクターのジム・ホワイト氏にオンラインで話を聞いた。

クラウディー ベイ ソーヴィニヨン ブラン 2020

クラウディー ベイ ソーヴィニヨン ブラン 2020
グレープフルーツやコブミカン、パッションフルーツの香りが魅惑的。酸味もピュアですっきりした味わい。魚介のカルパッチョなどの前菜から焼き鳥(塩)など、幅広いマリアージュが楽しめる。750ml ¥3,750
問い合わせ先: MHD モエ ヘネシー ディアジオ TEL03-5217-9733

 
⑤白ワイン:ポルトガル地方のおすすめワイン

後味にある甘苦いニュアンスも心に残る「ニーポート レドマ ホワイト」

アプリコットやオレンジ、アーモンドの香りがつぎつぎと顔をのぞかせる「ニーポート レドマ ホワイト 2018」は、まるで“香りのタペストリー”のよう。後味にある甘苦いニュアンスも心に残り、「ポルトガルワインがこんなに魅力的だなんて!」と驚かされる。昔ながらの造り方で醸造される、ナチュラルな味と香りが魅力の一本。

Niepoort(ニーポート レドマ ホワイト) ニーポート レドマ ホワイト2018

ニーポート レドマ ホワイト 2018
樹齢40~100年のラビガト、コデガ、ドンゼリーニョなどの在来品種をブレンド。アロマティックでまろやかな酸味。ドライフルーツやナッツと好相性。「レドマ」とは大切なものを入れるガラスケースのこと。750㎖ ¥3,200/木下インターナショナル

 
⑥白ワイン:おすすめ日本ワイン

“津軽&会津”のワインは東北らしさが素敵。しみじみ、優しい気持ちで味わいたい!

今まで、ワイン産地としてマイナーだった土地から、続々と魅力的なワインが誕生している。手がけているのは、日本ワインを牽引してきた“リーダー”のサントリーとメルシャン。“地方再生”もフォーカスされる昨今、いち早く地元生産者をサポートしてきた。その絆から生まれた“心に染みるワイン”をご紹介。

日本ワインのおすすめ白ワイン①

サントリージャパンプレミアム 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン 2017

サントリージャパンプレミアム 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン 2017
青森県津軽地方。ソーヴィニヨン・ブラン100%。グレープフルーツレモン、白い花、和ハーブの香り。生き生きとしてフレッシュな酸味。「日本ワインコンクール」において2016年より3年連続で金賞受賞。寄せ鍋やおでん、イカの煮つけなどをランクアップしてくれる。青森の郷土料理「せんべい汁」にも。750ml ¥3,300(参考価格)

問い合わせ先:サントリーワインインナショナルお客様センター 0120-139-380

 現在は新型コロナウィルスの影響で通常の受付を休止し、メールで受付しています。

▶メールの受付はこちら

サントリーお客様センター(Q&A・お問い合わせ) (suntory.co.jp)

 

日本ワインのおすすめ白ワイン②

「シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ 2018」

「シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ 2018」
福島県会津美里町新鶴地区。シャルドネ100%。柑橘類や菩提樹の花の香り。ハチミツやヘーゼルナッツのニュアンスも。心地よい酸味としなやかなミネラル。刺身やカニ鍋、根菜類の煮物など。会津の郷土料理「こづゆ」にもよく合う。750ml ¥3,260(参考価格)
問い合わせ先:メルシャン 0120-676-757

 
①ロゼワイン:フランス地方のおすすめワイン

フランス地方のおすすめロゼワイン①

冬のロゼCLOS CULOMBU(コルス・カルヴィ・ロゼ)

果実味豊かでクールな酸味をもつロゼ「クロ・クロンヴュ コルス・カルヴィ・ロゼ 2018」。華やかな時間の余韻を残しつつ、ひとりのリラックスタイムに彩りを添えてくれる“イケてるワイン”をご紹介。

CLOS CULOMBU(コルス・カルヴィ・ロゼ) クロ・クロンヴュ コルス・カルヴィ・ロゼ 2018

CLOS CULOMBU(コルス・カルヴィ・ロゼ) クロ・クロンヴュ コルス・カルヴィ・ロゼ 2018
ニエルッチョ、シャカレッロ、サンソーをブレンド。コルシカ島の在来品種で造られたフローラルでミネラル感豊かな辛口ロゼ。フレッシュな酸味が魅力。肉料理からフルーツタルトなどのスイーツまで、幅広くカバー。750㎖ ¥2,800/ラック・コーポレーション
 

フランス地方のおすすめロゼワイン②

夏の夕方に飲みたい、ほっとする一本。プロヴァンスの「カシー ロゼ」

夏の夕方、それもちょっと疲れたときにこそ楽しみたいワインがある。「クロ・サント・マグドレーヌ カシー ロゼ 2018」がそれだ。凛としたたたずまいで、穏やかな笑顔が素敵な女性がいるが、このロゼはまさしくそんな感じ。造り手は、フランス・プロヴァンス地方で4代続くワイナリー。合う料理も実に多彩なイケてる一本。

CLOS SAINTE−MAGDELEINE(カシー ロゼ) クロ・サント・マグドレーヌ カシー ロゼ 2018

CLOS SAINTE−MAGDELEINE(カシー ロゼ) クロ・サント・マグドレーヌ カシー ロゼ 2018
フランス・プロヴァンス地方。グルナッシュ、サンソー、ムールヴェードルなど在来品種をブレンド。スパイスの香りもあり、エスニックとも好相性。オーガニック認証「AB」取得。750㎖ ¥3,800 /ラック・コーポレーション

 
②ロゼワイン:おすすめ日本ワイン

新酒を寿ぐ季節がやってきた! 進化する“日本のヌーヴォー”にも注目

ボジョレ―・ヌーヴォーの解禁日は毎年11月の第3木曜日。現地からは「今年の出来は最高!」という声が届き、時勢柄、例年のような盛り上がりは見られないものの、自宅でゆっくりと楽しむ人は多いようだ。実は、日本ワインにも“ヌーヴォー(新酒)”の解禁日があるのをご存知だろうか。

日本ワインのおすすめロゼワイン①

ジャパンプレミアム 甲州 新酒 2020

ジャパンプレミアム 甲州 新酒 2020
甲州種100%。レモンや桃などのフルーティーな香りとすっきりした酸味。お造りや天ぷらなど、日本料理との相性は抜群! 750ml 1,800円(参考価格)

日本ワインのおすすめロゼワイン②

ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA ロゼ 新酒 2020

ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA ロゼ 新酒 2020
ラズベリーやチェリーなど華やかなベリーの香り。果実味豊かでやさしい甘さ。煮物や肉じゃがなど醤油味とよく合う。お好み焼きなどにも。750ml 1,800円(参考価格)
お問い合わせ先:サントリーワインインターナショナル■0120-139-380(お客様センター)
 

マスカット・ベーリーAの魅力を再発見! 和食に合わせたい“なごみ系日本品種”

「マスカット・ベーリーAって、こんな魅力的な品種だったの?」と気づかされたのが「岩の原葡萄園創業130周年記念トークライブ」。和食にぴったりのおいしさの秘密を、日本固有品種が育まれた秘話とともにご紹介。

日本ワインのおすすめロゼワイン③

「岩の原葡萄園 有機栽培ブドウ マスカット・ベーリーA 2017」

「岩の原葡萄園 有機栽培ブドウ マスカット・ベーリーA 2017」
マスカット・ベーリーA100パーセント。有機栽培のマスカット・ベーリーAの果実に付着した自生酵母のみで発酵。チェリーの香りと樽熟成由来の穏やかなタンニン。750ml(参考価格) ¥4,500

日本ワインのおすすめロゼワイン④

塩尻ワイナリー 塩尻マスカット・ベーリーA 2017

「塩尻ワイナリー 塩尻マスカット・ベーリーA 2017」
マスカット・ベーリーA100パーセント。標高700メートルの畑で育てられ、ピュアな酸味。イチゴの香りの奥にスパイスやハーブのニュアンス。ミネラル由来の塩味も特徴。750ml(参考価格) ¥2,760

日本ワインのおすすめロゼワイン⑤

登美の丘ワイナリー ブラック・クイーン&マスカット・ベーリーA 2018

「登美の丘ワイナリー ブラック・クイーン&マスカット・ベーリーA 2018」
ブラック・クイーン57パーセント、マスカット・ベーリーA43パーセント。ブラムやアメリカンチェリーの香り。果実味がやわらかく、余韻も心地よい。750ml (参考価格)¥4,000

お問い合わせ先:

サントリーワインインターナショナル■0120-139-380(お客様センター)

現在は、新型コロナウイルスの影響で通常の受付を休止し、メールで受付しています。

▶︎メールの受付はこちら

 
①スパークリングワイン:シャンパーニュ地方のおすすめワイン

母の愛から生まれたシャンパーニュ「ディ “ヴァン・スクレ”」

造り手はビオディナミ ワインの第一人者として活躍するフランソワーズ・ベデルさん。脇役として使われることが多いムニエを主役に、ふくよかな果実味で肉料理とも好相性のシャンパーニュだ。イメージするのは“頼れる美しき母”で、家族がそろう食卓にふさわしいイケてる一本。

シャンパーニュ地方のおすすめスパークリングワイン①

Françoise Bedel ディ “ヴァン・スクレ”

Françoise Bedel ディ “ヴァン・スクレ”
フランス・シャンパーニュ。ムニエ90%、ピノ・ノワール、シャルドネ各5%。ハチミツやスパイスのニュアンス。前菜や魚料理はもちろん、ローストビーフとの相性も抜群。2001年「エコセール」認証取得。750㎖ ¥8,500/ヌーヴェル・セレクション

おすすめシャンパーニュ

“ブラピのロゼ・シャンパーニュ” 「フルール・ド・ミラヴァル」

2020年8月下旬、ワインの世界にニュースが流れた。それは「ブラピが手がけるロゼ・シャンパーニュが日本に登場する!」というもの。それは、どのようなシャンパーニュなのだろうか?

フルール・ド・ミラヴァル

フルール・ド・ミラヴァル
「フルール・ド・ミラヴァル」 シャルドネ75%、ピノ・ノワール25%。ラズベリーなど赤い果実の風味とキリリとした酸、繊細なミネラルが特徴。10月15日より順次発売。750㎖ \60,000(ギフトボックス入り)
問い合わせ先:ジェロボーム TEL:03-5786-3280
 

今、知っておきたいシャンパーニュは “老舗なのに新しい”「ルイナール」

女性に人気が高いシャンパーニュ「ルイナール」。いつも変わらないエレガントな味わいの裏にはつねに進化し続ける努力が隠されていた。最高醸造責任者のフレデリック・パナイオティス氏に話を聞いた。

おすすめシャンパーニュ③

ルイナール ブラン・ド・ブラン

「ルイナール ブラン・ド・ブラン」
シャルドネ100%。さまざまな年のワインをブレンド。主にプルミエ・クリュのブドウを使用し、繊細で飲みやすい味わい。白桃やシトラスの香りが際立つ。750ml ¥10,900

おすすめシャンパーニュ④

ドン・ルイナール 2007

「ドン・ルイナール 2007」
シャルドネ100%。グラン・クリュのブドウのみ使用し、白亜質の蠣の殻のような香りがスモーキーなアロマと溶け合う。パナイオティス氏が最初に手掛けた2007年は上品な苦みもまた魅力的。750ml ¥27,000
問い合わせ先:MHD モエ ヘネシー ディアジオ☏03・5217・9736
 

おすすめシャンパーニュ⑤

幸運を呼び込むシャンパーニュ「アヤラ“No.7”」は大切な人と一緒に

2020年7月、知る人ぞ知るシャンパーニュ・メゾン「アヤラ」から、”飲む香水”と呼びたくなる香り豊かで華やかな「アヤラ“No.7”」が登場。シャンパーニュファンなら見逃せない逸品をご紹介。

シャンパーニュ・アヤラ コレクション・アヤラNO.7

シャンパーニュ・アヤラ コレクション・アヤラNO.7
シャルドネ2/3、ピノ・ノワール1/3をブレンド。ドザージュ(加糖)は1リットルあたり6gと低めで、果実の自然な甘みが生きている。熟した果実のコンポートやアプリコット、ハチミツ、ユーカリの香り。繊細ながらもパワフルで、フレッシュな印象。コンテチーズやロブスターのグリル、寿司や和食ともよく合う。7月7日発売 750ml ¥14,000
問い合わせ先:アルカン☏03・3664・6591

 
②スパークリングワイン:イタリア地方のおすすめワイン

キリリとした極辛口で夏バテにも負けない「フランチャコルタ エクストラ ブリュット」

フランチャコルタはイタリアのスパークリングワインで、繊細な泡とまろやかな果実味が特徴。だが、このワインはちょっと違う。“加糖ゼロ”で仕上げたエクストラ ブリュット(極辛口)で、ナチュラルな果実味が優しく、それでいて酸味はキリリ。暑さに負けそうな日、「私を飲めば大丈夫!」と背中をたたいてくれるようなイケてる一本。

MONTE ALTO フランチャコルタ エクストラ ブリュット

MONTE ALTO フランチャコルタ エクストラ ブリュット
イタリア・ロンバルディア州フランチャコルタ地方。ピノ・ネロ(ピノ・ノワール)90%、シャルドネ10%。フローラルな香りとしなやかな酸味。深みがあり、スタイリッシュな味わいで、抜栓後、多彩な表情が楽しめる。和食との相性も抜群。750㎖ ¥7,670/メローネ

 
③スパークリングワイン:スペイン地方のおすすめワイン

スペインの最高級スパークリングワイン “コルピナット”の「ナダル」

ワインの世界で熱い注目を浴びている国がスペイン。2017年に誕生した新たなカテゴリー「コルピナット」もその原動力のひとつだ。よりエレガントに進化する“スペインの泡”にぜひ注目を!

スペイン地方のおすすめスパークリングワイン①

ナダル ブリュット レゼルヴァ オリジナル

ナダル ブリュット レゼルヴァ オリジナル
バレリャーダ、マカベオともに39%、チャレッロ22%。シトラスやライム、青リンゴを思わせるフレッシュな味と香り。レモンバームなどハーブのニュアンスも。バランスがよく、生ハムやサラダ、カルパッチョにぴったり。750ml 3,000円。

スペイン地方のおすすめスパークリングワイン②

サルバージェ ロゼ ブリュット

サルバージェ ロゼ ブリュット

ピノ・ノワール100%。美しいサーモンピンクが印象的。アンズやチェリーの香りと心地よい酸味。前菜から肉料理までカバー。チョコレートとも相性がよく、「カカオ サンバカ」の「ロサス イ フレサス(バラとイチゴ)」との相性は抜群! 750ml 8,000円。

 
④スパークリングワイン:イギリス地方のおすすめワイン

フランス風が漂う、実はイギリス出身の「ルイ・ポメリー イングランド」

洋梨や白桃、白い花の香りがふわっと舞い、厚みのあるミネラルとピュアな酸が、心に長い余韻を残す「ルイ・ポメリー イングランド」。なんともエレガンスで風格のあるこのワインに生まれは、実はイギリス南部のハンプシャー州。シャンパーニュの名門「ポメリー」監修によるもので、イギリスの上質なブドウを使用することで美しい味わいに仕上げた一本。まるでフランス映画で輝きを見せる女優が、実はイギリス生まれと知ったときの驚きに似た感覚を体感できる「イケてる」ワイン。

LOUIS POMMERY(ルイ・ポメリー イングランド)

LOUIS POMMERY(ルイ・ポメリー イングランド)
イギリス・ハンプシャー州。シャルドネ55%、ピノ・ノワール37%、ムニエ8%ブレンド。バランスがよく、キリリとした辛口で和食と好相性。レモンやオレンジのケーキにも。今年3月、日本初登場。750ml ¥6,300/ヴランケン ポメリー ジャバン
  • 大人が夢中になる『上質なチョコレート』で至福のひとときを

    上質のチョコレートが与えてくれるのは、心からリラックスできる至福のひととき。〝ちょっと一段落〞のティータイムは紅茶やコーヒーと一緒に、一日の締めくくりにはワインとともに。ときめくように甘くてビターなひと粒を選んで、今日は自分を思いきり甘やかしたい!

What's New

Feature
Ranking