桐島かれんさんから学ぶ「観葉植物の飾り方のコツ」【グリーンを育てる幸せ、飾る楽しみ】

今、植物に注目が集まっている。ステイホームをきっかけに、目が向くようになった人も多いのではないだろうか。モデルの桐島かれんさんに、観葉植物を育てる楽しみ、センスよく飾るためのコツを教えてもらった。
リビングの窓辺は日当たりがよく、植物が快適に育つ

「リビングの窓辺は日当たりがよく、植物が快適に育つので、ついたくさん置いてしまいます」。背の高いウンベラータ、フィカス・アムステルダムキングの下にモンステラやシダ系の鉢を置き、窓辺にはホヤ系のハンギンググリーンをリズミカルに吊り下げ、葉の濃淡、葉形や高さを考えて美しく配置。名作家具や照明が並ぶリビングに、生命力あふれる植物たちがいきいきと枝葉を伸ばし、みずみずしさを添えている。

お世話をする楽しみも愛(め)でる楽しみも味わえる

「今、観葉植物が110鉢近くあるかな? だんだんジャングルのようになってきて、私はうれしいのですが、家族は半ばあきれ顔です」と笑うかれんさん。

もともと、花や観葉植物好きで“緑の親指”の持ち主。なんと結婚当初から30年近く育てている植物もあるという。

「昔はインテリアのアクセントくらいの感覚でした。でも50歳ごろからかな、急に植物を育てることが『楽しい』と思えるようになって。子育ても一段落し、お世話をしなければいけないという存在と、育てる楽しみを、新たに見つけた感じでしょうか。それがコロナ禍に一気に加速しました。出張や旅行に行けなくなり、家にいる時間が長くなって、お手入れをする時間もたっぷり。ネットで調べた新しい品種を手に入れたり、挿木をしてみたり。枯れかけた植物を引き取って再生させてみたり。楽しくてしかたありません」

昨年引っ越してきたという、天井の高い住まいには、イタリアモダンの家具と北欧のヴィンテージ家具がセンスよく配されている。目をひくのは、家の至るところに置かれた涼やかな観葉植物たち。流れる空気までもがすがすがしく感じられ、深呼吸したくなる。これだけたくさんあるのに雑然とせず、美しく見えるのはさすが。かれんさんに観葉植物の飾り方のコツをうかがうと、

「あくまで生き物なので、それぞれの植物の特性を観察しながら、適材適所に置くことがまずは大切です。わが家はリビングに日当たりのいい3つの大きな窓があるのですが、どうしてもそこに集中しますね。日陰でも耐えられる植物は、あまり日の当たらない本棚やダイニングの家具の上、バスルームなどに置いています。並べて置くときは、お互いに引き立て合うように。葉の大きさ、色、形、模様などが違うものを、高低差をつけて並べるようにしています。そうすると奥行きや抑揚が生まれ、全体としてバランスよく美しく見えます。さらに鉢の素材感や色をそろえると雑然とせずに、スッキリと見えますよ。アンティークの置き物や家具などと一緒に飾るのもおすすめです」

本棚には垂れ下がる植物を本や旅の思い出の品と一緒にあしらう

本棚には垂れ下がる植物を本や旅の思い出の品と一緒にあしらう
北向きの窓の横にある本棚には耐陰性のある植物を。美しい装丁の本と一緒に、垂れ下がる姿を楽しめる蔓性のホヤやペペロミアの小さな鉢を、世界各国からやってきたプリミティブなオブジェとともに飾っている。

大きな植物の下には中・小の植物を高低差をつけて

大きな植物の下には中・小の植物を高低差をつけて
リビングのもうひとつの窓辺には、大きなカシワバゴムを置き、その下を埋めるように高低差をつけて並べた。鉢はセラドン焼きで統一。

ダイニングでは世界各地のブルー&ホワイトの壺や花器に

ダイニングでは世界各地のブルー&ホワイトの壺や花器に
日当たりのあまりよくないサイドボード上には、ブルー&ホワイトの器にモンステラやカラテアを。花器には挿木として生育中のドラセナの葉が。

部屋の家具に合わせ鉢も白で統一

部屋の家具に合わせ鉢も白で統一

「娘の部屋は日当たりがいいので勝手に植物を置いています(笑)」

趣のあるアンティークの置き物と観葉植物を一緒に飾るのもおすすめ

趣のあるアンティークの置き物と観葉植物を一緒に飾るのもおすすめ
階段の踊り場のバリで購入したチェスト上には、鹿の置き物とモンステラなどの植物を。

バスルームにはカラテア・オルビフォリアとミャンマーの仏像

バスルームにはカラテア・オルビフォリアとミャンマーの仏像が。

モデル 桐島かれん 
きしりま かれん●ライフクラフトブランド「ハウス オブ ロータス」クリエイティブディレクターとして活躍中。4児の母。観葉植物の育て方をはじめ、かれんさんのていねいで美しい暮らしぶりがかいま見られる「桐島かれん at Home-YouTube」やブログ(https://loveoflife.jp)も人気。

  • 「インテリアグリーン」をセンスよく飾る7つのアイデア

    部屋の観葉植物や花に癒され、ベランダや庭で野菜を育てるようになった人も多いのではないでしょうか。グリーンをセンスよく取り入れ、心地よく過ごしませんか。インテリアに精通するプロに、手持ちのグリーンを素敵に飾る方法を教えてもらいました。

  • 【憧れの住まい】おしゃれで心地いい「クリエイターの家」

    家で過ごす時間が多くなった今、住環境への関心が高まっている。アラフィー世代の女性たちは一体どんな暮らしをしているのか。人気ファッションディレクター&デザイナーの素敵なセンスは暮らしの空間にも。おしゃれな4人のクリエイターたちの自宅拝見。大人だからこそ実現できる、こだわりがたくさんつまった憧れのインテリアがここに。毎日をごきげんに過ごすためのアイデアを参考にして。

  • 【おしゃれな家】人気クリエイターの”センスのいい”インテリア

    長くなった家時間を快適にするために、住まいへの関心が高まっている。活躍するクリエイターたちは、忙しいからこそ家を整え、家時間を大切にしている。そんな彼女たちにインテリアづくりや心地よさのためのルール、ヒントを教えてもらい、この春こそ好きなものに囲まれた、自分らしい心豊かな暮らしを実現しては?

What's New

Feature
Ranking
Instagram