秋野菜でささっとできる!朝も夜も楽しめる「おすすめ小皿」3選【ウー・ウェンさんのからだ想いの家中華】

秋においしくなる食材は体に水分や栄養を与えてくれる。作りおきできて、どんな場面でも重宝する「長いものすりおろしスープ」、「さつまいものサラダ」、「蒸しなす」のレシピをウー・ウェンさんに教えてもらった。
教えてくれた人
ウー・ウェン

ウー・ウェン

うー・うぇん●料理研究家。中国・北京に生まれ育つ。中国の家庭に伝わる医食同源の知恵がつまった料理は、シンプルで作りやすく、体に優しいとファンが多い。『北京小麦粉料理』(高橋書店)など著書多数。

1.長いものすりおろしスープ

“滋養豊かな優しい味わいは朝食に、夜食に。風邪予防にも”

「豆乳は無調整でも調整豆乳でも好みで使ってください。長いもの量はあくまでも目安です。たっぷり入れても。黒糖ときなこのかわりに、塩、こしょう味にしても」

長いものすりおろしスープ

材料(2人分)

豆乳……500ml

長いものすりおろし……150g

黒糖、きなこ……各適量

作り方

1.豆乳を弱めの中火でゆっくり温め、沸騰してからは弱火にし、7 〜8分、混ぜながら煮る。


2.すりおろした長いもを加え、とろみがついたら火を止める。

3.器に盛り、黒糖ときなこをのせる。

豆乳はいったん沸騰させてか ら弱火でかき混ぜながら煮る

豆乳はいったん沸騰させてから弱火でかき混ぜながら煮る。

2.さつまいものサラダ

“香り高いねぎ油がさつまいもの甘味を引き立てる大人のサラダ"

「りんごの柔らかな酸味とねぎ油が味を引き締める。さつまいもはたくさん蒸して、サラダにしたり、オリーブ油でカリッと焼いて塩をふり、朝ごはんに」

さつまいものサラダ

材料(2人分)

さつまいも(中)……1本

りんご……1/4個

ねぎ油※……大さじ1

粗塩…… 小さじ1/3

ねぎ油の材料と作り方

長ねぎの斜め薄切り1/2本分と油100mlをフライパンに入れて、長ねぎがキツネ色になるまで、ゆっくりじっくり揚げる。

作り方

1.さつまいもは蒸気の上がった蒸し器で強火で3分、弱火で30分蒸す。そのまま30分おく。


2.1のさつまいもとりんごは皮ごと1.5cm 角に切る。


3.2とねぎ油、粗塩を合わせる。

3.蒸しなす

“蒸しなすは皮をむいて。軟らかな口当たりを楽しみます”

「野菜で水分を補給しましょう。私にとって、蒸しなすは飲み物。大きなセイロにたくさん蒸して保存し、タレと香味野菜を変えては楽しみます」

蒸しなす

材料(2人分)

なす……5本


作り方

1.なすの皮をむき、蒸気の上がった蒸し器で強火で2分、弱火で7分蒸す。火を止めてそのまま20分おく。

2.食べやすく切って器に盛り、好みのタレ(材料1:1の割合)と香味野菜で。

※上の写真は「しょうゆ・黒酢・白練りごま・香菜」

<おすすめのタレと香味野菜の組み合わせ>

おすすめのタレと香味野菜の組み合わせ

(左から)
●しょうゆ・黒酢・白練りごま+香菜
●柚子こしょう・ごま油+大葉
●豆板醤・ごま油+みょうが

●粗塩・こしょう・オリーブ油+ミント

丸ごと蒸すので、中の水分を 逃がさず、おいしさキープ

丸ごと蒸すので、中の水分を逃がさず、おいしさキープ。

What's New

Feature
Ranking
Instagram